相撲古美術

相撲に関する資料の紹介や相撲史の研究の成果を発表していきたいと思います。

相撲の土鈴(その16)

2016年12月28日 | 日記

この相撲の土鈴は土鈴とは言えないかもしれない。

というのは張子で出来ているのである。産地は柏市

の根戸工房の下総玩具である。高さは11センチであ

る。

ところで前回の「安芸津」の土鈴人形は、東広島市

安芸津出身の安芸乃島であった。安芸乃島といえば

地元の榊山八幡神社に、力士としては第一級の記念

碑が建っている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相撲の土鈴(その15) | トップ | 相撲の土鈴(その17) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事