白馬に乗った玉子(リネージュ2プレイ日記 in リオナ)

リネージュⅡリオナサーバで、馬主を中心に活動していました。2012年1月育成中止。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

地下の住人

2006-11-30 23:02:58 | 玉子の弟や妹たち
黄昏封印期間を満喫していますよー。かなりの額となったコデナはまだ使っていません。Aグレードのアクセサリの封印解除では、フェニックス系、マジェスティック系、どちらも手数料のコデナは同じと聞いていますので、マジェセットになるまでもう少し貯金です。

シリエンエルダーの忍にて魔導のカタコムへ行きました。
らぶでぃぷすのお三方と、安心な狩りです。ライさんはパラディン、Xくんはトレジャーハンターなのですが、お二人とも頑丈です(笑)。そういえばこちらのクランの面々からはOEだとかギャンブル製作の話を聞いたことがないなぁ……。皆さん、こつこつとアデナを貯めて完成品を買っていらっしゃいます。カルチャーでしょうかねぇ。

シリエンエルダー 58レベル 50.02% 狩り場:魔導のカタコム、烈士のネクロポリス

53レベルに上げてしまいたかったプロフィットのエココ女史は烈士のネクロポリスへ。
野良です。槍パーティーのバフ、ヒール担当。
「ヒーラーは叩いちゃ駄目w」
知らなかったことを教えていただきました(笑)。範囲攻撃がありますので、少し離れているのがよさそうです。
なかなか黄昏人口も少なく、交通の便の悪い(?)烈士に集まる人がいません。急遽、シリエンエルダーも出動。脳を鍛えるトレーニングをしているようでした(笑)。
しかし槍パーティーってすごいですねぇ。パヴェルの遺跡では鉄鉱石がよく出ましたが(鉄製の機械ゆえ?)、烈士の素材ドロップもなかなかよかったです。

プロフィット 53レベル 35.81% 狩り場:パヴェルの遺跡、烈士のネクロポリス

TravelersCheckは殉教者のネクロポリスを貸切状態で使わせていただいています。業者がいない世界はすばらしい。これが正常な環境なのだと思いますけれどね……。
二日に渡って収穫した実を、一度で清算することができてラッキーでした。
早速、報酬の素材を使い、ドゥームシールドを作りました。シリエンエルダーが青ローブを着るときに、くすんだ色に似合う盾はアバ盾よりもドム盾かなぁと思ったのです。
装備してみると、思った以上に似合います。
しかし、盾ばかり手持ちに増えてきましたね……(笑)。Dグレード以上ですと、アスピス、ブリガンダインシールド、チェーンシールド、フルプレートシールド、アバドンシールド、ドゥームシールド、ナイトメアシールド。以上七点。
武器は、という突っ込みは不可。

------------------------------
昨日予告した内容は、発言者からの公開差し止めがありましたので、詳細は私の心とマシンの中(笑)にとどめます。感謝の気持ちだけ記しておきますね。
「TravelersCheckの人生、二年間の全てが報われました。
こんな幸せを味わうことのできる幸福なプレイヤーは、サーバ全体を探してもなかなかいないでしょう。っていうか盟主ゴメン、みたいな。
明日、明後日、その先の時間を歩いてゆく力を、ありがとうございました。」

晴れた惚れたの話じゃないよ?(笑) 念のため。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

農耕馬危機一髪

2006-11-29 23:29:17 | 白馬に乗った玉子
アクセス数は減っていない、むしろ増えているのにコメントをいただけないのはなぜなんでしょう(笑)。急におもしろく刷新はできないと思うのですが、愛ある限り戦いますよー。

亡者の森にて、PonDePonさんと短時間ペアをしました。馬一頭分です。どのモンスターがアクティブなのか、少しずつ覚えてゆこうと思っています。
その後、聖者の渓谷のクエストを終わらせてきました。帰り道、中層でカイ猫と共にがんばっていらっしゃる辻倉さんをお見かけし、推薦を打とうとしたのですが、真っ青なMAX値。実はゲーム内ではあまりお話ししたことがないんですよね。お目にかかれて嬉しかったです。
渓谷入り口のダークネクロマンサーからエンリアを報酬に受け取り、ルウン村に戻ろうとしたのですが、道を間違えて亡者の森へ迷い込んでしまいました(爆)。川があるなぁと思い、渡ったら森だったんですよ。
せっかくですので、新しくキャンディレディーを呼んで狩りを始めます。噂のボーンスレイヤーは出現地域が以前と変わったようですね。
夜になり、断頭台の亡霊あたりを相手にしている分にはよかったのですが、少々欲を出しました。道を隔てた大群に突っ込んでしまい(笑)、馬は出血に次ぐ出血、UDも使い果たし、私は通常帰還をキャンセルされて祝福帰還……。
今はすっかり親しんだ聖者の渓谷でも、狩り場を奥に進めるごとに何度か死にましたからね……。きっと慣れれば、夜の亡者の森でも狩りができるでしょう。クエスト報酬の素材を目標にします。

荘園管理人の前で清算バトル中、ソロに飽きた、とまささまからペアのお誘いをいただきました。ビショップさんでのペアかと思いきや、サブクラスのハウラーさんとのこと。確かに70台でビショップソロは飽きるほどしませんよね……(笑)。
お互いゴダードにいることを確認。アルゴスの壁へ向かいます。犬、牛、目玉を業者に負けないよう狩ります。もちろん、キャリアWizさんに敵のターゲットが向いてしまわないよう、私のFAや馬の殴りでヘイトを稼いでから、とどめを刺してもらうのです。
それなりに火力がある、とまささまは判断なさったのでしょうか。
「天使も狩れそうじゃね?w」
「行ってみましょう」

道案内はまささまに頼み、フルパーティーでしか訪れたことのない、使途地帯へ到着しました。まささまによると、痩せた天使(戒めの使途)よりも太った天使(権能の使途)の方が攻撃は痛くないそうです。確かに一度、痩せた天使から本体が大打撃を受けました。以降はトランスファーペインも常用しました。
天使、ホムンクルス系は遠距離魔法を打ってきますから、まささまのサイレンスで封じてもらいます。ただ、サイレンスは敵のヘイトを上げてしまうんですよね。ただでさえデスリンクでHPを減らしているまささまを、天使が殴りにやってきます。そこは私のバトルヒールでしのぎ、リンクしない限りはたっぷり経験値とちょっぴりスリルを味わっていました。
それでも事件は起きるわけでして(笑)。
既に数分前のリンクでサーヴィターUDを使ってしまっていたときに、痩せと太し、天使二体を相手にするはめになりました。
「しばらく放置で」
馬にヘイトを集めてから、
「眠らせることできる?」
一体にスリープをかけてもらいました。体勢を立て直し、さぁ料理……というところで、その痩せた天使にはサイレンスがかかっていなかったのです。遠距離魔法により、まささま死亡。
そうなると、私と馬で倒さなければならないのですが……名前が黄色の五倍モンスターなんて無理(笑)。ヒールが間に合いません。
馬が三途の川を渡るところでした……。こんなぎりぎりで生き延びたのは初めてだ、と農耕馬も申しておりました。
ノーマル復活スクロールでまささまを起こした後(祝福復活でなくていい、とおっしゃるんですよ)、馬のHP、私のMPを戻し、またもスリル狩りを続けました(笑)。
そういえば、まささまと知り合うきっかけは、とあるハウラー氏の存在でしたねぇ。既に引退なさってしまいましたが……。
召喚職とキャリアWizは珍しい組み合わせですけれど、いつもとは異なる狩りを楽しめます。

夜、募集枠がいっぱいならば辞退しようと思いつつ、将樹さん主催のアナキムたん討伐に参加できてしまいました。アクアキュービックもしっかり働いていました。
昨日を思い出した闇華さんは、私から離れて座っていらっしゃいました……。
クロニクル5でレイド討伐と縁が薄くなってしまった馬主としては、非常に嬉しい機会なのですが……そろそろ遠慮した方がいいんでしょうか。ずっと祭典に貢献なさっている方がご都合つかなかったり、たまたま今期だけ黄昏軍所属でなかったりして、討伐に参加できていないようなのですよ。うーん、うーん。……私も日本人だなぁ…と思う……。

プロフィットのエココは、詠唱速度を上げるため、染料を入れました。MP回復ペースが落ちた分、少し心配ですね。九人分のエンチャント魔法の練習をしていたら、闇華さんに笑われました。
実地訓練(?)で53レベルにもしなければなりませんね。

また、ナリミで少しずつ釣りをした結果、漁獲の証4000枚に達しましたので、TravelersCheckのインベントリを80から86に拡張しました。
「これでPTのときもアイテムが入ってくる!」
「広げなくてもPTでアイテム入るけれど?」

しっかり突っ込みをいただきました。ありがとうございますっ。
闇華さんからは、さらに嬉しい言葉も聞かせていただいたのですが、明日のネタに回します(笑)。

エレメンタルサマナー 72レベル 15.75% 狩り場:亡者の森、聖者の渓谷、アルゴスの壁、アナキム討伐
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

伏字クイズ

2006-11-28 23:27:30 | 白馬に乗った玉子
本日のアナキムたん討伐には、闇華さんもご一緒しました。
編成前の一コマ。ちょっと絵になりますよね?(笑) ペアルックではないですし、私には、結婚を約束したエルフ女性もいるんですけれどね!(笑)
背中合わせで並ぶ姿を撮影したと伝えると、

「と……-_-……!?」

ごめん、何て言おうとしたのかわからない(笑)。
まぁ、私が-_-な-_-で多少-_-の気があることは認めますが、-_-と言われるほどの行為はしていないはず……。親切な闇華さんがそんな汚い言葉を吐くわけもありません。
すぐに答えを教えていただきましたが、おもしろかったのでクイズにしてしまいます。
ゲーム内で闇華さんがおっしゃった、伏字になる言葉とは?
コメント欄に回答をお寄せくださいませ。
ちなみに、闇華さん(の猫)が最初にこのブログに登場なさったのは、一年半近くも前のことです。記事「職業選択の自由」にて、本体はご出演を拒否されました(笑)。

昨日とは異なり、アタッカパーティーに配属されました。皆さんのMPが尽きることはなさそうです。ウォークライヤーの三次職の方、シリエンエルダーさん、ダンサーさんのバフで、充分に馬の火力を出せるでしょう。キャンディレディを呼びました。

レイド討伐から帰った後は、「どこかに連れてけ」と要求するはぶらし氏に応え、使途のネクロポリスへ。
えええええ?
最高レベルのセブンサインダンジョンですよ。トリオでも苦しかったですよ。ペアなんて無理じゃ……。
でもアデン村から近いし、傲慢の塔を登るのがかったるかったんです。五階まで上がって、別のどなたかが狩り場使用中だったら悲しいですしね……。
小部屋の外に一匹ずつ釣って倒すことにしました。物理耐性のあるネフィリムプレトリアン(Lv72)、硬い! 尋常じゃないです。しかも範囲スタン、痛すぎます……。Bspsを込めたサーヴィターヒールを詠唱キャンセルされることも多く、はぶらし氏のリストアライフとグレーターヒールに助けられました。殴っても10台のダメージしか与えられないため、途中からソーラースパークを打つ戦法に変えました(笑)。封印石欲しさに、がんばりましたよ。
50個のみ買っていったシーコバも無事に植え終わり、出入口へ向かいます。
ちょうどこの日からハーブの効果が召喚獣にも適用されるようになったとのこと。お試しで火炎の沼でミラージュ狩りをしました。
いいですねー。これにてようやく召喚職もハーブの恩恵をしっかりと受けられます。明日あたり、聖者の渓谷に行ってきましょう。何十回と繰り返したクエストの最後の一回を終わらせるために。
(亡者の森は混んでいるんでしょうかねぇ……。迷子必至なので、気が重い……。)

エレメンタルサマナー 72レベル 8.89% 狩り場:アナキム討伐、使途のネクロポリス、火炎の沼
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五分前の奇跡

2006-11-27 23:53:12 | 白馬に乗った玉子
こんなにもアナキムたんは小さく、可憐で清楚な少女だったなんて(笑)。

「その瞬間」を迎えたのは、ウォースミスのナリミでフィッシュオイルを加工していたときでした。
クロニクル3でセブンサインが始まって以来、黄昏軍に所属してきました。お城を持っていないのに黎明の承認証に手を出すのは格好悪い、と単純に思うためです。巻かれたくないんですよ。ここ数ヶ月の連続敗北にもめげずにいたのは私だけではなく、友人ミエさんも同じでしたね。お城を持っているクランに友人はいますし、敵視しているわけではありません。
競争期間に少しずつ封印石を捧げる以外の方法で、関わってみようとした今期。
クランでは「盟主のXX(規制)と、副盟主の天然に注意!」と言われ、私にリーダーシップ(発言力や引率力?)はありません(泣)。外を歩けば明後日の方向へ進み、村の中でもぐるぐると迷います。
そんな私に、「さぁみんな黄昏ようぜ!」と旗を振る勇気は出ませんでした。プロフィットのエココを急いで育成する意味は、ぎりぎりになるまで皆に話せずじまいだったのです。
ただ腰が引けてしまうのはチャットにおいてのみで、オフ会では堂々と言えてしまうんですけれどね(笑)。

エココではがんばったけれど、結果にはささやかな痕跡すら残せませんでした。
そしてまた呪われる日々がやってくるのか、とあきらめていた月曜夕刻。目を疑いました。
黄昏軍に大量の封印石投入が……。勝てる! これなら勝てる!
音楽が鳴り響き、誰もいないDepthFantasiaの同盟チャットに、
「やったー!」と叫びました。
総合得点は黎明:479点に対し、黄昏:520点。
締め切り五分前に増えた、圧倒的な石の数。いったい誰が?

「黄昏に尽力、協力した面々」(表現は違いましたが)を募集する英雄チャットを聞き、とにもかくにもメインのTravelersCheckにキャラチェンジ。ちょうどアデンにおりましたから、集合場所のアデン神殿にはすぐ向かうことができました。けれど何が始まるのか、私は状況を読めずにいたんですね。
レイド討伐のような職毎の列編成がなされていきます(「ような」じゃない、笑)
やがて、祭典を取りまとめてきた将樹さんの姿が……。
祝福、ねぎらい、ようやくコデナを引き出せる、といった喜びの声があたりにこだまします。ここにいていいのか迷いが残っていたのですが、将樹さんに声をかけていただいてほっとしました。
勝利を手にした今、ボスを倒す権利は我々黄昏軍にあるのだ、と深い感慨を覚えました。70台でなくとも、協力した30台キャラクターまで参加可能なアナキム討伐。私はアタッカ列に並びました。
何もかも遠い争いだと思っていたんですよ。
ネクロポリス、カタコムを占拠する業者の噂を聞いてはいらだちながらも、漠然と「いつか」を待っていた数ヶ月。黎明軍のどなたかが、自軍の勝利を確信した時点で掲示板に「リリス討伐日程」を発表する字面を、ただ眺めているだけだった私。自分に何ができるんだろう、と考えることすらしなかったのです。あきらめない人を応援する気持ちが、こんな日を連れてくるなんて。
英雄さんがこの討伐を主催するのは、「マサキさんへのおつかれの意」を込めたものだそうです。けれど、なかなか討伐可能な人数が集まりません。クラン員も誘ってよい、とのお達しが出ました。遠慮するはぶらし氏を説き伏せ(笑)、ヒーラー列に並んでもらいます。また、らぶでぃぷすで協力してくださったXくんとも連絡がつきましたので、お誘いしました。
五分前の奇跡が話題に上っていましたが、誰の仕業か、やはり謎のままでした。大量の封印石を買い取って供出する資金力、意思が、黄昏のどのクランにあるのか? 業者が寝返ったのか?(後で村にあふれる奇妙なキャラクターたちを見て、その説は不採用に。)

使途のネクロポリス内の特別な部屋、アナキムたんの住まいはとても広かったです。
ソウルストーンの権利のオークションを興味深く見学。
討伐では、三次職の方をも多く含むWizパーティーでセラ天を出しての支援、そして殴り攻撃をしていました。ラストアタックを取らないよう注意しました。
皆さんのMPが切れることなく討伐できてよかったです。

その後は、70台次元の狭間での範囲狩りパーティーに参加し、また傲慢の塔での「まったり狩り」も楽しみました。
新スキル「マスサレンダートゥーウォーター」の初使用や、ポン氏との「エルヴンブラザーズ」結成(六つの違いがある双子)など、話題は尽きないのですが、アナキムたんに興奮しすぎたため、今夜はこのへんで(笑)。ごきげんよう。

エレメンタルサマナー 72レベル 7.33% 狩り場:アナキム討伐、次元の狭間、傲慢の塔
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古巣でのひととき

2006-11-26 23:32:32 | 玉子の弟や妹たち
シリエンエルダーにて、古巣クランらぶでぃぷすの方々と魔導のカタコムへ行きました。青ローブを黄昏軍に貸し出しており、アバドンローブははぶらし氏に長期貸与中。さすがにカルミじゃ……と思い、はぶらし氏のブレスドローブを借りました。

ウォースミスを一人、姉妹クランりとすおだんご同盟に残しているとはいえ、もうらぶでぃぷすには私のキャラは所属していません。
事情により、新しく盟主を引き受けたXpressくんによると、最近はらぶでぃぷすもお休みの方が多く、なかなかクランハントを開催できていないとのこと。それでも残ったメンバーは、「こういう時期もある」と淡々と現況を受け入れていらっしゃるようです。
狩り中、ShootingStarのような「みなぎり」はなし(笑)。離れてみてわかる、落ち着いた雰囲気を新鮮に感じました。
いくつものクランを経て、戻ることはないとしても、過去を「なかったこと」にはできないですよね。トラブルで脱退したケースもありましたから、なかなか難しいんですけれどね……。やり過ごすよりは飛び出してしまう性格(苦笑)。
けれど、加入を決めたそのとき、率いる盟主、もしくは誘ってくださったメンバーに心から惹かれていたのは事実です。どのクランについても、断言できます。
皆様が今後も楽しいリネ2ライフを送れますように。
(これじゃ引退の挨拶みたいだ……。)

「久々の多人数」
はぶらし氏と共にゲスト参加した、らぶでぃぷすクランハント。
今期のセブンサインでは、Xくんに、
「らぶでぃぷすでも黄昏をよろしくね」とお願いしたところ、上記のイン状況を説明された上で、
「呪われたらトラさんのせい、ってクラン員に言っておくw」とご協力いただいていました(汗)。
「黎明と黄昏、五分五分じゃないとおもしろくないよね」という意見には、ファントムサマナーのばんぺいさんも同意してくださいました。
夜更かしせず、狩りは終了です。

レベルアップまで残り3%弱でしたので、国立墓地で祝福Sps狩りをして58レベルに上げました。いよいよヴァンパイアリックレイジもLv3ですよ。

シリエンエルダー 58レベル 0.28% 狩り場:魔導のカタコム、国立墓地

封印石を捧げ、さぁどうなる40期セブンサイン――
と、ここで黎明軍の65未満祭典における逆転が起こるのでありました。呆然とする私。結果は明日。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

彼女の長い一日

2006-11-25 23:54:52 | 玉子の弟や妹たち
こちらgooブログに引越してから400記事を突破しました。いつもご愛読ありがとうございます。

午前〇時台。
同盟のネクロマンサー、ひらめのえんがわくんが、スカイシャドウメドウでエココを育ててくれることになりました。雅樹さんにも何度か連れてきていただいていますが、範囲狩りは取得経験値が多いです。

「伝説」の記事はこちら。「それは幸運の鍵」。書いた本人が読み直しても興奮します(笑)。

一時半頃、ログアウトしていたゴンタくんが戻ってきたので、冬の迷宮へ行きました。ひらめくんは初めてのツガルでしょうか。

やがて、いつもエココの育成状況を気にかけてくださる雅樹さんが、別キャラでいらしてくださいました。
かつかつのMP状況で牛分裂は厳しかったです。私も一度、死の傷を負いました。
次の機会があれば、もう少し余裕のある狩りをしたいと思います(笑)。皆様、これからも懲りずに遊んでくださいね。

引き続き、雅樹さんとスカイシャドウメドウへ。もう朝です……。
このとき、エココの経験値がいくつだったか覚えていません。睡眠を取り、最後の追い込みは怨さんが引き受けてくださいました。イケメンまとりくす氏も勧誘。
「まと、52前後いる?」
「SKが53」
「頼む」

言葉少なでも伝わる間柄っていいですね。イケメン氏はSKのヘパーク氏に替えていらしてくださいました。
何度かパーティーでご一緒したバウンティハンターさんがお一人でいらしたので、一時間ほどの約束でお誘いしました。殲滅が速すぎてスポイルがついていけなかったよう……少し悪いことをしたかなぁ。

怨さんとのペアが続きます。
Cssを買い足し、ひたすらパヴェルの遺跡でゴーレムを狩ります。
夕方になり、空腹を訴える怨さん。無理なんじゃないか……あきらめようか、という思いがよぎったのはこのあたりです。ここ数日、リアルも一部犠牲にして(爆)プロフィットを育成してきました。独力では困難なレベル上げを、大勢の方に助けていただき、51レベルまでは来たけれど……あと数時間以内にレベルアップできるんだろうか、本当に……。
怨さんは「エココを52にするまでは突っ走る」雰囲気です。どうしてここまでしてもらえるのか本当にわからないけれど、信じてすがるしかない境地(笑)。
必要な経験値が20%を切り、光が見えた気がしました。

十日前には42レベルだったんですよね。一日一レベル。言葉にすれば簡単ですが、例えば昔の「クルマ住民」(?)でもないし、52未満の野良パーティーって予想以上に少ないんですよ。身内のヘルプがなければ育てるのは難しいです。

ついにレベルアップしました。

怨さん、今度ご飯おごります!(涙)

休憩し、夜は目的の闇の祭典へ――
今期の黄昏軍は当初、54未満クラスのプロフィット職が不在と聞き、急いで育成をしたわけですが、途中で出場可能な方が見つかったんですよね。完全な初参加になる私としては、その方の動きを見学し、また全体の流れを教えていただいてから、出場することになりました。

感想は、「緊張した。何が何だかわからなかった」に尽きます。
手が震えて、指先とか冷たくなってました(苦笑)。実はリアルサポートで十秒カウントしてもらってたり(汗)。
開催中のスクリーンショットなど撮る余裕はなく、ラストの暗黒テレポート画面しか残っていません(笑)。後で、その時点での自分、他メンバーのHP/MPを見て、「もっとできることがあった」と思いました。死人も出してしまったし……。

必要バフについても理解が足りない点がありましたから、二回目の練習参加のときにはがんばってみましたが……。まだまだ改善していかなければ。
これにて、エココ女史の長い一日が終わりました。暇を見て、53レベルにしておきましょう。

プロフィット 52レベル 11.35% 狩り場:FV、鏡の森、スカイシャドウメドウ、冬の迷宮、パヴェルの遺跡、闇の祭典

おまけ。

雅樹さんも闇華さんも眠くないとのことで、明け方、使途のネクロポリスへ封印石を取りに行きました。けれど、私のFAでの狩りは眠くなるようです(涙)。お喋りパーティーならば頭もすっきりするんですけれどねぇ。
四種類モンスターが湧く大部屋で、アクティブが一種、ノンアクティブの通常が一種、そしてリリム系とネフィリム系という構成ですと、リンクの連続。狩りにくいです。久々にフレイムストライク範囲釣りをしましたが、アクアキュービックが馬に発動してあわわわわ(苦笑)。
馬一頭分がんばった後、奥の小部屋が連続するコーナーへ向かいました。
格好いいところを見せるつもりだったのに、目論みは外れたようです……(涙)。やはりソロしかできないのか私は……。っていうか、ここ、多人数クランハントでしか来たことないんですが、三人で狩れる場所?(笑)

エレメンタルサマナー 72レベル 2.47% 狩り場:使途のネクロポリス

これにて、中の人の長い長い一日が終わりました。さすがにしばらくはゆっくりします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前夜

2006-11-24 23:39:52 | 玉子の弟や妹たち
一昨日、初めてのパーティー募集をしたエココ女史。毎日が革命です。
ブログをずっとご覧いただいている方はおわかりと思いますが、私はここまで各キャラを育ててきても、野良パーティー参加の機会が少ないんですよね。パーティールームに入るのにもためらい、数分経ってあきらめたり(笑)。ましてや自ら募集なんてとんでもない、と思っていましたが、とにかく今はエココを急ぎ育てたい一心です。

この日はプロフィット二名、ビショップ一名の三人体制でDVでの狩りをした後、鏡の森で亡霊を狩っていました。
しばらく待っても入れそうなパーティーがないため、自分でFV狩りメンバーを募集してみました。
六人枠に設定し、特に職は指定せずにおいたところ、アタッカーさん三名とバウンティハンターさんが集まりました。
「ヒーラーもしくはリチャさんだと嬉しい」ともう一名募集。ビショップさんがいらしてくださいましたので、ヒールはお任せです。

FAはシルレンさん、TLはトレージャーハンターさんが務めてくださいました。バフにほぼ専念。座ってMP回復し、ときおりルーツ、殴りに参加…という形です。
現物、ドレイクレザーブーツが出ました。
これで、不慣れなPTLであることも帳消しに……なったかなぁ?(笑)
ご自身の装備を気にされる方もいらっしゃいましたが、和やかな雰囲気で遊べたのでよかったかなぁと思っています。会話もそこそこありましたね。

けれどエココはまだ50レベル……日付が変わりました。
夜までに52レベルになれるのでしょうか。次の記事に続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歩いてゆこう

2006-11-23 23:35:22 | 白馬に乗った玉子
同盟チャットでは、「スキル習得レベル間近ならばモチベーションが上がり、奇数レベルを迎えるときはやる気が起きない」と皆さんおっしゃっています。
私も一年ほど前はそんな傾向がありましたが、最近は全く気にならなくなりましたね。レベルが上がるごとに狩り場をどうしようかな…とは考えますけれど。
72レベルになったならば、聖者の渓谷とは完全にお別れになると思います。代わりに傲慢の塔五階でのソロ狩りが可能になりそうで楽しみです。
業者が多くて狩りづらいですけれど、アルゴスの壁の牛や犬(出血をかけてくる)、目玉の出る地帯もよさそうですね。あの犬は動物の骨の破片を複数落としてくれますから、種は植えずにおきます。クエスト「光の影」も終わらせたいです。
火炎の沼は、古くからの召喚士さんにはなじみの狩り場なのでしょうか。ゴダード、ルウン地方のなかった時代には、70台のソロ狩り場にあまり選択肢がなかったのかと思います。まだコンジャー一家を相手にしたことがありませんから、一度は倒してみたいです。

さて、盟主のUNAGIさんがいるときには、「より奥へ」「より上へ」狩り場の難易度が上がっていきます。
傲慢の塔七階で狩っていると、ダーククリスタルブレストプレートが出ました。上着が床に落ちているグラフィックをまじまじと見てしまいましたよー。
露店での販売をお願いし、私は七階に残ってログアウトしました。

翌日は同じ七階にて、野良パーティーに参加。メンバーをお一人ずつ召喚しました。セラ天の詠唱ディレイ短縮スキルを使い、八回のサモンフレンド。
「玉ってどこで売ってるの?」
「傲慢7F以上なら安いね」
「一度は経験してみたーい」
「メンシーかかった @@」

いろいろな反応をいただけました。驚いたのは、相手が召喚に応じてもキャンセルしても、私の武器のオプションであるメンタルシールドが発動してしまうことです! 離れていても、サモンフレンドは「いい魔法」として効果を及ぼすようです……。
布染めパーティーではレベルアップせず、クラン新メンバーさんとレース場でお会いするために狩り場離脱。
久しぶりに新メンバーさんをお迎えできて嬉しいです。まずはアカデミーへの入団となりました。

さて、その後は同盟ハントです。温泉地帯へ向かったのですが、尋常ではない混雑に敗北。狩り場を変える提案をさせていただきました……。
他のパーティーに干渉されない、敵の奪い合いにならない場所といえば次元の狭間です。ノンノン姉さんも呼び、70台狭間に挑戦です。
スポンジャーさんにターゲットリーダーを任せ、私は初のPTL。マーター部屋は飛ばし、安全に稼ぐことができました。
二度目の狭間挑戦時に盟主が合流。HP1/4のモンスターがたくさん湧く部屋では、盟主と私のメロウ二頭、ノンノン姉さんの範囲魔法で一網打尽。ビショップのティーカさんも嬉々として対アンデッド魔法で討ち取っていました(笑)。
狭間時間の終わり頃にレベルアップしました。71レベルの間に消費したCクリスタルは1164個、Dクリスタルは2356個でした。
花火を打ち上げていただき、まぶしくて画面が見えなかったです(笑)。これからも焦らずゆっくり歩いてゆきます。

エレメンタルサマナー 72レベル 0.16% 狩り場:温泉地帯、傲慢の塔、次元の狭間
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

縁起のいい塔

2006-11-22 23:59:04 | ShootingStar
傲慢の塔で同盟ハントです。
馬、馬、猫、歌、ウォクラ、ウォーロード、バウ、シリエルという構成。
そう、ヒーラーがいれば6F通過も怖くない! というわけで、7Fを狩り場としました。

そして出てしまいました、DC重上。
傲慢ではDC系の現物ドロップに恵まれますね。
盟主が持ち帰り、露店販売してくださることになりました。

(NCブログの記事を再構成しました。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

S/M

2006-11-22 23:50:38 | 玉子の弟や妹たち
エココ用にサムライロングソード(オプションフォーカス)を購入しました。これでパーティーの見つからないときにもソロ狩りができます。猟師の渓谷でこつこつ稼ぎます。レベルアップ後は鏡の森の亡霊を目指そうと思います。
ネイチャークラブ(オプションアキュメン)は手放さず、ひとまずナリミの釣り用に残しました。売ってしまってもいいでしょうかね……。

落ちた人の回収以外にパーティールームを開設するのは初めての私です。
オーバーロードさん、デストロイヤーさんのお二人とFVで遊ぶことになりました。途中、バウンティハンターさんがいらっしゃったのですが、このブログをご覧になったことがあるそうです。
「白馬に乗った玉子」というタイトルを告げると、
「Trave…」
メインキャラクターの名前までご存じでした(汗)。
「ギランに座ってることが多いから覚えてます。狩り場の経験値とか書いててすごいと思った」
個人的な記録は取っていますが、最近は簡略形式ブログですからねぇ。要望があれば、ときどきは家計簿も載せますか。

ボケかツッコミかの分類なら、私は断然ボケだと思うのですが、SかMか問われると困りますね。
うちのクランはMが多そうです。召喚職を続けている人なんてMに決ま……(略)。
SMと聞けば、リネ2ヘヴィーユーザさんならばサイレントムーブを連想するのでしょうか。私? 犀川&萌絵シリーズでしょう(笑)。

プロフィット 49レベル 57.12% 狩り場:FV、スカイシャドウメドウ、猟師の渓谷
コメント
この記事をはてなブックマークに追加