転生の宴

アヴァロンの鍵対戦会「一番槍選手権」を主催するNishiのブログ。最近はDIVAとDBACのプレイが多めです。

COJもしも:カードランキングとかDOBシステムとか

2016-10-18 01:21:34 | 読み物(COJ)
昨日は夜に少しだけ吉祥寺へ。
COJですが《シャープリィスライヴ》がMAXになり、
今は《ワンダフルハンド》を詰めにかかっている段階です。
追加以外のJOKERで残っているのはあと5つ(《パニッシュメントブレイク》《ワンダフルハンド》《ドリームウォンド》《明天凶殺》《ヘレティックスカー》)なので、
何とかして埋めていけたらと思っています。

――

さておき久々の「COJもしも」です。
今回はCOJのもはや基幹システムともいうべき「デッキオリジナリティボーナス(以下DOB)」についてです。

8月に行われたDOB査定の変更以降、
「Sデッキ」が環境で支配的になる状況が続いています。
幾度かに渡るカードランキングの更新、
そして2.0EX2における査定の調整などもあって、
かつての「S環境」に比べるとDOB面では割りと多様になっていますが、
その一方で「緑単」や「ティアマトギャンブラー」など、
長期間に亘って「Sデッキ」が使われ続けているところもあります。

その理由として挙げられるものとして、
一部の「8点ルーパー」のユニットの存在が挙げられます。
カードプールが潤沢にある状況では、
何らかのユニットカードがDOB8点になるので、
それらを差し替えることで容易に高DOBを維持できてしまうのです。
全く実用性のない《次元トラベラーかぐや》が、
「DOB8点だから」という理由だけで3積みされたことがあったのを覚えている人も多いでしょう。

本作では「軽減」や「オーバーライド」などの存在がある為、
トリガーやインターセプトの「8点」に比べ、
ユニットカードの「8点」の価値はどうしても高くなります。
そこでこんなDOBシステム案を考えてみました:

・カードランキングはユニット/進化部門、トリガー/インターセプト部門で別々の集計とする
・ユニット/進化部門とトリガー/インターセプト部門とではDOBに差をつける(ユニット/進化では「0点/1点/2点/4点」に対し、トリガー/インターセプトでは「0点/2点/6点/10点」など)

こうすることでユニットによる安易な「DOB調整」を避け、
トリガーやインターセプトの組み込みを工夫する余地を与えようというのが狙いです。
実際には点数や査定などの調整が更に必要になるかと思いますが、
皆様もこの機会に、
DOBシステムについて色々考察してみるのも良いかも知れません。

以上、久々の「COJもしも」でした。

――

◎おまけ:M・o・Aちゃんが何か言う



――

◎宣伝

転生の宴セガ・インタラクティブサポーターズサイトに登録されています。興味を持たれましたら投票してみるのも良いでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« M・o・Aちゃんによる代理更新... | トップ | ミカドでは「プリルラ」が実... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-10-18 04:40:09
これ以上ゴールドダルマンがOCしたら鼓膜破けちゃう、ヤバいヤバい
Unknown (通りすがり)
2016-10-19 04:50:49
DOBポイントの評価を相手との相対にすればいいと思ったことはありますね、S同士なら相殺で+-0
考えだすとそこそこ面白いですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む