コスモのフォトアルバム

旅の記録 五街道ウォーク中!旧東海道、旧甲州街道、旧中山道を完歩。只今、日光街道に挑戦中!    

今治城 その1(外堀編)(愛媛県今治市通町三丁目)100名城

2017-02-09 05:51:33 | 100名城

2016年12月23日 愛媛県

今治城 その1(外堀) 100名城

愛媛県今治市通町三丁目

関ヶ原の戦いでの戦功により伊予半国20万石を領した藤堂高虎が、瀬戸内海に面した海岸に築いた大規模な平城です。別名吹揚城(ふきあげじょう)ともいいます。慶長7年(1602)に築城を始め、建造物も含めて完成したのは同13年頃と推測されます。海水が引かれた広大な堀や、城内の港として国内最大級の船入を備えた日本屈指の海城でした。寛永12年(1635)より松平(久松)氏の居城となりました。明治維新後に建造物のほとんどが取り壊され、内堀と主郭部の石垣を残すのみとなりました。昭和28年(1953)に県指定史跡となり、昭和55年(1980)以降、主郭部跡に天守をはじめとする櫓、門などの再建が進み、雄大な城郭の姿を見せています。

▲パンフより

向かって右:天守閣 左:御金櫓

   

   

鉄御門

お堀の水は海水で、海の魚が泳いでいるそうです。下の写真中央に海水を取り込む取水口がある。

 

▲御金櫓

▲鉄御門(左)と武具櫓(右)

▲左から天守閣、鉄御門、武具櫓

▲左から鉄御門、武具櫓、天守閣

 

▲左から武具櫓、天守閣、山里櫓
 

 ▲天守閣と山里櫓

 今治城 その2(登城編)

 cosmophantom

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まずは今治へ(四国旅行) | トップ | 今治城 その2(登城編)(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。