summer diary

日記らしきページ

日曜日。なんとか良い天気らしい。

2017年05月14日 | Weblog

 今日は日曜日。今日は何とか良い天気みたいだ。 昨日は結局一日中雨が降っていて、洗濯物はもちろんだが、買い物をしていても傘を差す煩わしさもあり、車から店の入り口まで慌てて走る姿は私だけではなく他の客達も同じように走っていた。 傘を差さずに入り口までなら何とかびしょ濡れにはならない程度の雨だということもあったのだが。

それにしてもは郵便局により、本人限定の受け取り郵便物を受け取り、散髪店に行き、ワークマン、しまむらと寄り、最後はコンビニで煙草を買って帰ったのが3時過ぎだった。で、妻の姿が無いのでいったいどこに出かけたのかな~と電話をしても出ない。 それから1時間ぐらい過ぎてから「そうだった!妻は夜勤勤務で午後3時には家を出ているのだ」
私が職場まで送迎するはずだったんだ! あれれ・・・。 妻は雨の中を歩いて出勤したことになる。 早々にラインで申し訳ないことを伝えた。妻はその後しばらくして既読になっていたけど、かなり怒っているだろな・・・。 散髪店に行くまでは2時までには帰宅して昼ご飯を食べてから妻を送迎して、それから買い物をするつもりだったのだが、つい、完璧に忘れてしまった。 なんでだろうか? ボケか? とうとうボケが始まったのか? 
ワークマンではコンプレッションを買おうか買わないかを迷い、結局買わないで次にしまむらでいろいろ見て廻り、カッターシャツとネクタイ、カバンまで購入してしまった。
これには訳があり、来週の日曜日には息子の彼女の両親との面談(食事会)があるので、その時に着ていくスーツに合わせるシャツとネクタイが気になり、ちょっと見ていたのだ。特に買わないと無い訳でもない。 ただ、今回は自分のお気に入りのスーツのズボンが家中探しても結局見つかることが無く、とうとう高価なブランドスーツがスーツとして着る着ることが出来なくなった。 仕方なく息子のスーツを借用することにするのだ。まっ、しかし、息子も特別スーツを着る機会もあるわけでもないし、時には袖を通すのも服にはいいのかもしれない。 しかも、私の体型にもジャストサイズだ。 ズボンのウエスト、長さのぴったり。 ジャケットの袖の長さも肩幅も、ウエスト回りのサイズもジャストだ。
下の息子とはほとんど体型が同じだし、背丈は息子の方が3cm程度高いが、それぐらいの長さはまったく気にする程度でもない。
そんなわけで、来週はそのスーツで出かけることの決めた。 そこでちょっとシャツとネクタイを見ていたわけだ。まあ、安ければ買おうかもと思ってもいたけど、本当に買うことにしたのはちょっと無駄遣いになった。 来月のバイト料は今までよりもかなり少ない。 何せ、5月の連休と金曜日から日曜日の全てを休みにしたのだから当然だ。
だから、もう無駄な買い物はしたくなかったのだが・・。 ちょうど感じのいいシャツとネクタイが目についたのは俺にこれを買えと言っているような感じでもあった。
まあいいや、必ず近いうちには十分なお金が流れてくる。 

さて、今日もちょっとだけ買い物に出かける。 来週の金曜日にはバイト料も入るし、昨日は少し預金を引き出して来たので今週必要なお金はある。必要なお金と言っても一週間分の煙草代ぐらいなものだ。 ビールはある。 焼酎・・・そうそう、焼酎を1本買わないといけないな。 他にはいつものリステリン、エイトフォーなどは十分にまだある。
ロト6を5口と焼酎、煙草を後2箱買えばいいわけだ。
今日は雨が降ってはいないし、降る気配はしないけど、晴れ間が少ない。 午後は曇りの予報だし、自転車は今日は乗るのは止めてのんびり過ごすことにするか。先週は連休明けと言うこともあるだろうけど、やたらと脚が疲れた。 帰宅してから妻に脚、足の裏を揉んでもらうほどに疲れを感じた一週間だった。 こんなことは珍しく、よほどの事が無い限り揉んでもらうなんてことはない。逆に妻の肩揉みは頻繁にしてあげることがある。 
いよいよ梅雨時が近い。 蒸し暑くてたまらない日がやってくると思うと、体調だけはしっかりと整えて置きたいし、体力も付けて置きたい。自転車に乗るのはそうしたことも含めて私には大切なことなのだ。 もちろん、単なくエクササイズだけで乗っている訳でもなく、純粋に自転車で風を切って走るのは確かにそれ自体が楽しいと感じる。ただ、何時も言うように、意外と気が乗らない日が多く、特に天気がイマイチの時には乗る気が起らないのは本当だ。
今日のような天候の時はそうだ。 曇り空で雨が降ってくるのではないかと思うような空模様の時には乗る気は起きないのだ。太陽がしっかり出ていて、青空が広がっているさわやかな日はそれだけで自転車を走らせていても楽しい。 特に行先を決めて走る訳でもないので、天候は唯一の楽しみだ。 帰宅して自転車から降りると汗がどっと出ることも楽しさの一部でもあり、体を動かした後の程よい疲れも楽しさの一部なのだ。帰宅してシャワーを浴び、部屋着に着替えてからビールを飲むのは本当に幸せを感じる。

来週の土曜日は妻を午前中に送って、その後から自転車を走らせることに決めた。 妻が海岸沿いにある結婚式場で以前の職場の記念会を開催する。そこは自転車を走らせて通る場所にあり、頻繁にその式場の前を通っているのだ。 その日もその前を通ってみようと思っている。 もちろん、結婚式ではないので、場内から外に出て何かイベントをするわけでもないので、妻に逢うことのないだろうけど。 何時もその場所を通りすぎる時にはその式場の前の通りには人が集まり、写真や何かのイベント的な物をしている様子を見ることが多い。 毎週日曜日などは必ず式が行われているようで、丁度時間帯も正午前後の時に私が通ることがほとんどで、式のタイミングなどもその時間帯が多いのだろう。
日に何組の式があるのかはわからないけど、大型の式場とは違っていて、それほど多くの組が一度に式を上げることもないのだろう。海岸沿いの洒落た洋館風の建物が若いカップル達には好評なんだろうと思われる。 しかも交通機関の電車の駅からも徒歩で数分と言う立地と海が見渡せる景観は春から秋には良い場所だと思う。
まだ何年も経っていないこともあり、綺麗な洋館が海沿いに立っていること自体がおしゃれだし、この駅や海岸は数年前から整備が進められて誰が見ても綺麗な海や駅なのだ。

まっ、今後式場へ訪れることはそうはないだろうけど。 息子の結婚式ぐらいのものだろう。 それ以外にはまず結婚式に出席する機会は訪れないような気がする。姉達の子供等の結婚式にはすでにほとんど全て出席して終わっているし、妻の姉夫婦の姉妹もどんな式を挙げるのかは定かではない。 最近は式を上げないカップルも多いらしいし、上げても親戚などを呼ぶことが無く、二人だけの式とかも意外と多いらしい。 昔のように式を派手にする傾向は減少しているのだ。 もちろん、それは給料や物価や税金などが依然とは格段に違っていて、そうした物にお金を掛けるよりもその後の人生に生かせるお金を使う傾向が強いのだ。 特に最近では家の価格がかなり下がり、新婚でも買えるぐらいの家は意外と多い。 毎月の家賃を支払っているぐらいなら、そうした無駄な物にお金を使わずに、家を購入する資金にする若いカップルは多い。
新婚旅行なども今はかなり安く海外に行ける時代だ。 そうしたことなども含めて、今はただお金を使って派手なことをするような時代ではなくなった。ましてや、若い人達の給料は昔のように昇給しない。だから今の給料を基準に生活を考えると無駄なお金はないわけだ。 

さて、ちょっと出かけることにしよう。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨の土曜日 | トップ | 今日も快晴! 歯医者さんへ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。