翼の落穂ひろい/Comrades of Zero Fighter.

戦前日本の飛行機写真を紹介します。Impermissibility reproduction refusal.

零式艦上戦闘機21型 詳細不明

2017-03-27 16:02:08 | Weblog
同じアルバムからなので、大分か厚木の可能性大。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

零式艦上戦闘機21型と海軍中尉

2017-03-26 15:34:08 | Weblog
これも大分空と推定。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

零式艦上戦闘機21型

2017-03-25 16:00:30 | Weblog
大分空と推定。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

厚木空の零戦21型

2017-03-24 15:19:34 | Weblog
尾翼の機番は見えませんが脚カバーとカウリング正面の数字から、741-68で間違いないでしょう。3/17、18に紹介した741-37と同じく胴体に太帯、主翼にたすきを描いています。アンテナ支柱がないのも共通です。機首部分での緑色/灰色の塗り分けラインは斜線となっています。
市販の殆どの塗装図は塗り分けラインが水平であることからこれは例外かと思い全ての21型写真をチェックしてみたところ、塗り分けが判別出来る10例程の場合は全て斜線でした。

 どうやら零戦21型の「機首部分での緑色/灰色の塗り分けラインは斜線」が標準と思われます。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

厚木海軍航空隊

2017-03-24 13:03:59 | Weblog
これは「R3戦」のようです。
前方の零戦は263空の豹132、厚木空の零戦は右側の画面外にある。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

厚木海軍航空隊

2017-03-23 16:11:22 | Weblog
ライフジャケットにも「R3」
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

厚木海軍航空隊の零戦741-23

2017-03-22 15:52:47 | Weblog
自動車の窓ガラス越しに741-23が確認できる。
このゼロ戦の胴体にも太い帯がある様だ。
人物は昨日と同じ。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

R3=厚木空=「741」=51航戦司令部付属戦闘機隊

2017-03-21 09:04:35 | Weblog
「R3」と「741」の関係が分からず悩んでいたが、米国の研究家の協力により下記の通りすっきり説明できた。正解確率は99%。

1943.04.01 厚木海軍航空隊開隊 識別記号は「R3」。
1943.07.01 第51航空戦隊に編入 識別記号を「741」に変更。
       車両のナンバープレートの「R3」は開隊時のものをそのまま使用。
1944.02.20 第203海軍航空隊と改称 識別記号は「03」。

今回の写真
左端の零戦には胴体に太い帯。中央の零戦は射撃訓練用の吹き流しを収めた筒を翼下に吊っている。右端最遠方の零戦は主翼下にたすき状の帯。
人物は海兵70期の海軍中尉。


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

厚木空の自動車と「741」の零戦

2017-03-20 14:37:26 | Weblog
燃料補給中か。
車のナンバープレートR3は厚木海軍航空隊を意味するので、通常なら零戦も厚木空所属と解されるところであるが、この零戦は「741」所属の可能性が高い。このアルバムには「741」零戦の写真が何枚かあるがR3零戦は1枚もない。厚木空も「741」も第51航空戦隊の所属である。

****3/21追記
「741」は51航戦へ編入後の厚木空の識別記号。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

「741」について

2017-03-19 15:55:28 | Weblog
航空ファン1982/4の記事に「741」は「第12航空艦隊司令部付属夜間戦闘機隊 44.4.1付」とする記述があります。
今回紹介の一連の「741」写真は同年3月以前の撮影であることがほぼ確実(アルバムの主は44年3月戦死)であるので、
3月以前は通常の戦闘機隊か錬成部隊だったのではないか。

世界の傑作機No.57では「第51航空戦隊司令部付属夜戦隊」とあります。
第51航空戦隊は第12航空艦隊の下部組織。

****3/21追記
「741」は51航戦へ編入後の厚木空の識別記号。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加