ジョーとハイジ

カメラを持ってお出かけした写真などを載せています。
SONYNEX-6を使用

4月28日 鳥羽の藤

2017-06-15 07:00:04 | ②京都(桜と紅葉・紫陽花は除く)

 

ちょっと(かなり)古い写真ですが、4月末にいった藤の写真です

鳥羽の藤 鳥羽水環境保全センター一般公開の時に行ってきました。

京都駅からバスで20分。JR使っていったら早い(しかし高いのであまり使わない)んですけど、ここに行った後に嵐山方面や長岡天神に行く予定もあったので阪急を利用。

到着したら、とても綺麗な藤が待っていましたが、すごい人で全然絵にならなくて愕然!

それでも何枚か撮りましたが全部ボツ。使えない

綺麗な藤棚と芝桜の場所はもうあきらめて奥にある藤棚に行くと、、

この下でみなさん座って藤鑑賞です。

新緑を額縁に見立てて撮影。

この日のお天気は、良過ぎるほど・・・

 

藤の何ともいえないいい香りが漂います

 

京都のカメラマンさん曰く、今年は藤の花が不作だったようです。

 

本来ならもっと長くお花がついているはずなんだとか・・今年初めてきたので分からないんですけどね。

 

それでもすごい人で、

どうやったら人を入れずに撮れるか・・・と思ったらいい具合に新緑があったので、その中に入って撮影です

後ろの藤にピントを合わせるのに、ちょっと苦労した写真

 

普通に藤を見るよりも、新緑から覗いたほうが綺麗でした。

 

気に入ったので何パターンも撮影。くどくてすみません

 

藤と新緑、なんとか両方にピント合わせたつもり。最近うまくピントがあわないんですけど、、まさか・・老眼??

 

外人率は少なくて、おかげで静かでしたねぇ。。

 

新緑も藤もまぶしい

青空と雲と共に。 
 

 

そろそろ待ち合わせの時間が迫ってきたので、元の藤棚に戻ります。ちょっと人が減ってきていました。

それでも、これ以上下は撮れないという。。。( ´艸`)

人がいなくなるのを待って待って撮った写真。

 

 

Facebookで繋がっている京都の方と偶然遭遇しました。人が多くて撮れないですねぇ、朝イチに来たら人がいないのが撮れますか?と聞いところ、、開門前に来ても、開門瞬間に全員が全力疾走で走っていくので足が速くないと厳しいと言われました。

カメラって体育会系?

 

外国人観光客に言いたい・・・同じ場所で同じポーズを何枚撮るんだ???譲りあいましょうよ。。

 

 

芝桜と藤の写真は無理だろうなと思っていましたが、何とか撮れた写真です

私が到着した時は、ここに人がワンサカいてどうしようもなかったんですよ。

ここは夕方に来たほうがいいのかしら…来年もまた・・行こうか行くまいか悩むところだわ。。。

この後、友人と松尾大社でハイキングです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 6月13日 夙川公園の紫陽花 | トップ | 4月28日 松尾大社 磐座登拝 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (延岡の山歩人K)
2017-06-15 18:58:14
圧巻の藤棚
見事なものですね \(◎o◎)/
お花見客も多かったと思いますが
人混みを避け 上手く撮れてますね
苦心の後がわかります
新緑とフジの淡いムラサキいろのコントラストが
素晴らしい

フジとシバザクラ
ナイスショットです\(^o^)/
自分もこんな写真好みです

この様なスケールの大きなフジ園
羨ましい限りです
何度も上下にスクロールして拝見させていただきました


Kさんへ (ジョー)
2017-06-17 11:40:15
こんにちは。
コメントいただき、ありがとうございます。

しばらくPCの調子が悪くお返事遅れてすみません。
鳥羽の藤。とて
も立派でした。
例年よりも花の付きが悪かったようですが、初めて見た私には十分に綺麗でした。

フジと芝桜のショット、撮るのに苦労しました。外国人の方も多く、同じ場所でいつまでも撮るものだから終わらなくて困ります。

立派な藤棚があるのはいいけれど、人も多いのでゆっくり楽しめないのが残念ですね。

いつも見ていただきありがとうございます。感謝

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。