鈴木すみよしブログ

身近な県政にするために。

2016年大晦日

2016年12月31日 | 議会活動

平成28年12月31日(土)

 

 今日で、2016年も最後となります。

 昨日の富士山女子駅伝が私にとって議員活動の本年の締めくくりでしたが、今日一日は我が家の一年の垢を落とす作業が夜まで続きました。

 

 今年を振り返ると、熊本地震をはじめ国内ではいくつかの大きな地震が発生し、本県では40年も前に東海地震説の発表とそれに対する備えの取り組みが、また最近では南海トラフを震源域とする巨大地震の発生が指摘され、県議会議員として公私ともに防災対策に様々な機会を捉えて備えているところです。

 地震の規模はともあれ、まず自分の命を守る自助、そして周囲の人との共助が繰り返される防災訓練で徹底されてきたはずなのに、県民の防災意識の低下に歯止めがかからないことが、一番の懸念材料です。

 つい先日も、茨城県北部を震源域とする大きな地震があり、それも6年前の東日本大震災の余震ということなので、長く度々発生する余震に対して自然の力に恐れさえ感じています。地震は、震源域に大きなひずみが溜まり、それが解放される時に発生することから、一度発生すると当面は発生しないという間違った解釈をしていたのは私だけではないと思います。

 災害はいつどこで発生するか判りません。年末年始も防災意識だけは、常に高めておきたいと思います。

 

 今日の朝刊では、「年末株価20年ぶり高値」という見出しに続き、「トランプ相場で一気に回復」という文字が躍っていました。

 今年の世界ビックニュースは、間違いなく「まさかのアメリカ次期大統領選挙結果」だと思います。しかし、彼が選挙中に発した言葉や公約には、多くの人が違和感を感じたはずです。また、中国やロシアなどがこぞって彼に期待を寄せていることも、「不確実な世界」への入り口を予感させるものでした。

 年が明け、1月20日から彼の任期が始まります。いろいろな混乱も生じるかもしれませんが、私達は足下をしっかり見て、自分たちを見失わないよう過ごしていきたいと思います。一年間、お付き合いいただきありがとうございました。良いお年を。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016富士山女子駅伝 | トップ | 2017元旦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

議会活動」カテゴリの最新記事