羽を休める鳥のように

きっとまた訪れる薄紫の夕暮れを待ちながら

写真整理

2016年10月29日 | Weblog
スマホで気軽に撮った写真はスマホの中にたくさん埋もれている。
デジカメで撮った写真はパソコンにアップして、「フォトブック」に
年代ごとに整理したりする。
「ブック」と名のつく親近感でタイトルを考えキャプションを考え配置を工夫して
作り始めるとけっこう楽しいし、完成すると自慢したくなる。
でもよく考えるとだいぶ面倒な作業でもあるわけで、
楽しいけどめんどくさい。

三冊くらい作成した。
また作るつもり。
何しろいつもどこかへ出かけている。

それでスマホには写真アプリをいくつか入れてるんだけど、
そのうちのひとつがやけに親切というかしつこいというか、
「あれから120日経ちましたね」とか「2014年の思い出の写真です」とか
メッセージと写真を流してくる。

この写真をアルバムにしませんか、といってくれるので
たしかにそうだな、と思う。そして時々まとめてみる。

2014年の今頃何してた?というメッセージとともにこの写真。



なかなか来てくれない兄がようやく三鷹に到着したのはもう夕方だったけど
ドライブが好きな母を乗せて深大寺あたりをぐるりと走った。
純ちゃんとオッコちゃんと母の三人で。
母は暗くなってしまった窓の外を一生懸命見つめていた。
その頃よくメモ帳にこうしていろいろ書いていた。
わたしがホームに行った日は「オッコちゃんきてくれた、でもすぐに帰った」とか書いてある。
母のメモをきっと兄に見せたくて写真を撮ったのだろう。
撮っておいてよかった。

兄はなかなか来てくれなかったけれど兄の次男夫婦はかわいい曾孫を連れて
おばあちゃんに会いにきてくれた。

今日、「母」というアルバムをスマホアプリの中に作った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 散歩日和 | トップ | 母の笑顔 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
写真の中 (どりす)
2016-10-31 12:26:11
ダメだ、すみれこさん、
写真を見ているだけで、
お会いしたことのない家族の笑顔が
目から胸に直撃して溢れそうになります。
こんなにも幸せな笑顔が
写真の中に残っているんですね。
いい写真です。
寒くなってきた季節に暖かい瞬間を目にできて
ホッとしました。
ありがとうございます(涙) (すみれこ)
2016-10-31 17:10:30
どりすさん・・・・
あたたかいお言葉ありがとうございます。
コメント拝見して泣きそうになりました。
電車の中だったので危なかったです

このとき撮った連続写真、
まだあるのです。
たぶんまたのせます。

寒くなってきました。ご自愛ください。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL