羽を休める鳥のように

きっとまた訪れる薄紫の夕暮れを待ちながら

沈静の猫

2017年06月30日 | Weblog
先日書いた記事に登場した猫、森の中。
一見、森と猫耳しか見えない。でも全体を見ようとするときに全貌が現れる。

この猫は箱根の五百羅漢の寺にいた。

境内で出会った猫が裏の森へと案内してくれた。   

もの静かな猫だった。鳴いたかもしれないが鳴かなかったかもしれない。
ありがとう、もう行くね、と言うと、もう一緒に歩こうとせず静寂のうちに座りなおした。


この旅の目的は熱海のジャカランダという花だった。




暑い日だったけれど、町外れまで歩いてみた。石畳の別荘地は神戸のようだ。



石畳の坂道の向こうはまぶしい海だった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沈黙の姫 | トップ | 夏休みの青空 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL