羽を休める鳥のように

きっとまた訪れる薄紫の夕暮れを待ちながら

大晦日

2016年12月31日 | Weblog
終わる。過ぎて行く。それってキライじゃない。
いろいろあってもすすっとそこを過ぎて行く。
乗り越えてきたものもある。逃げてきたものもある。
置いてきたものもある。わからないままのことはいつでもたくさんある。

それでもまあとりあえず過ごして行く。
やり過ごしているみたいなちょっぴり後ろめたさにもひとりでくすっと笑う。

昨日まで仕事だったという、うまい言い訳があったので
今日になって部屋や廊下や玄関を片付けていた。
ふと鏡に映ったじぶんは髪をひとつに結んだすっぴんおばさん。
毛玉のついたセーター。
やっぱりくすっと笑ってしまった。

今年は家族の病気に心配がつきずじぶんも春にすこし寝込んだ。
母はながい道のりを歩いて遠くへと旅立っていった。
三回忌、という二人の知人に同じ言葉を聞いた。
「今がとてもさびしい、とても会いたい」と。

喪中なので何もしない正月。
母がくれた「お休み」。
おせち料理、お飾りのしたく、何十年もしてきたことにお休みを貰って
なんだかスッキリとラクチン。

来月早々、長女は入院する。
大きな手術に挑む。
また女子医大へ付き添いに通う日々が始まる。
冬を乗り越えていこう。

そしてまた旅にでたい。

あまり更新しないこのブログに今年もおつきあいいただいた皆様
ありがとうございました。
よいお年を。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜の喪中ハガキ | トップ | 1月の冷たい雨 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL