羽を休める鳥のように

きっとまた訪れる薄紫の夕暮れを待ちながら

緑光る旅へ

2017年06月01日 | Weblog
次女と山形への旅。
一日目、新緑の山寺へ。あの石段を上るのは諦めていたので付近を散策。
誰もいない芭蕉記念館の庭から山頂の立石寺を眺める。遠い。遠いけどいい風景。

今回の旅もたった三日にたくさん詰め込んだ。
交通の便が良くなくて計画をたてるときにすごく苦労した。
昼過ぎ、山形に戻りお弁当を買って高速バスに乗る。鶴岡へ。
わたしたちは乗り物がすいているときは離れて座り自由に過ごす。
いつでもピッタリくっついているわけではない。それぞれの思いの中で窓を見たりして過ごす。

高速バスで山形を横断して鶴岡へ。
宿の車が来てくれたのでクラゲの加茂水族館へと行く。
娘は水族館が大好き。クラゲももちろん好き。土日はそうとう混むらしいが金曜日の夕刻。
ゆったりと静かに閉館までクラゲたちを見ていた。

今回は「愉海亭みやじま」という宿の「母の日プラン」で二泊。
目の前は白い砂浜と海。希望した洋室は広く、食事も部屋食だったので寛いだ。
日本海に沈む夕陽の圧倒的な美しさがここの売りで、それは展望風呂から眺めた。

二日目は酒田へ。フリーパス購入。レンタサイクルで地図を見る娘の後姿を一生懸命追う。
時々彼女は心配して母を待つためにふり返って自転車をとめる。
酒田は映画「おくりびと」のロケ地だった。建物に説明がある。
海向寺で即身仏に手を合わせ日和山公園へと行く。店を出し始めたご主人とすこし話す。
駅に戻り自転車を返して列車に乗り最上川へ。予約しておいた「最上川ライン下り」
川は思ったより急流だった。
酒田に戻り、そういえばお昼を食べていないけどもう夕方。売店で娘はアイス、わたしはお菓子を買って食べる。
アイス?そうそう「ずんだソフトクリーム」だった。わたしは「だだちゃ餡パイ」。枝豆のスイーツ。
まだすこし時間あるので小雨の中、山居倉庫へ、バス。
山居倉庫は湊町、酒田のシンボル米蔵倉庫が並んでいる。
しかし駅に戻るバスがなかなか来ない。このバスに乗らないと鶴岡に行く列車に間に合わない。
鶴岡では時間外なのに宿の迎えが待っているはず。
焦り始めた頃にやっと来たバスに乗る。酒田駅、あと一分で列車は出る。
以前も伊勢旅行でこんなことあったよね、と言いながら改札を走り抜け階段を上って降りる。
先に行く娘を必死に追いかけてどうにか間に合った。

翌日は羽黒山へ。昨日のフリーパス活用してバスで国宝の五重塔を目指す。
それから山頂まで行ったが、とにかく寒い。雨も降り出したので早々とひきあげた。

旅日記をこうして書くのは珍しいかも。
スマホの機種変更したら、デジカメから写真を転送できなくなった。
ニコンにもauにも聞いたがそういう問い合わせが今多いとか何とか・・・。

次女は不調もあって心配だったけど、笑顔で今回も旅を共にしてくれた。
わたしの膝も大丈夫だった。若葉輝く五月の旅、無事に終了。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そういう生き方

2017年05月25日 | Weblog
前回のブログに書いたように長女がネイルサロンに連れて行ってくれた。
生まれてはじめてのジェルネイル。指先に可憐なスミレ。
一週間経ってもまだきれい。うれしい。
娘から借りた「あなたのために棘を生やすの」「黒い結婚 白い結婚」は
二冊ともアンソロジー。窪さんや綾瀬さんという好きな作家以外にも未知の作家作品が読めて
とても面白かった。
また次の本を貸してもらった。期待作、桐野さんの新刊。

手元にあった「村に火をつけ白痴になれ」(栗原康)は読みやすく分かりやすい本だった。
伊藤野枝はアナキスト大杉栄とともに28歳の若さで虐殺された。
平塚らいてうや「青鞜」の話ももちろんでてくる。
頼まれて野上弥生子について調べていたかなり前に、このあたりの事柄に興味をもった。

さて、明日から次女と山形へ。
旅に出る前読んでいたのはこれ<
アエラは友人が持ってきてくれて久しぶりにたくさん話した。

写真はアップしたらすごく大きくなったのでもう少し小さく、、と思ったらこんな感じになっちゃった。
いそいでいるのでこのままにして、このことはいずれまた・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの更新

2017年05月14日 | Weblog
ともだちが「ブログ読んでるよ!」と言ってくれた。
そういうことがここのところ二回ほどあった。
読んでいただけるほどの内容でもないし、だいいちサッパリ更新していない。
「不在なのか?」と誰でも思うだろう。居留守をつかって沈黙していた。

新しい職場は休みが少ない。
パートだから短時間だけど毎朝「今日も仕事か・・・」と思いながら目覚める。
今日は日曜日だけれど会議があったので(すぐに終わるんだけど)
先週の木曜から今度の金曜まで9日間毎日行く。
三月まで乗っていたバスも電車にも乗らなくなった。
すこし歩いて公園横のバス停まで行きやってくるバスの系統を間違えないように目を凝らす。

目を凝らしていたはずがやっぱりボンヤリしたらしく
先日は間違えて違うバスに乗ってしまった。
同じ「調布行き」でもいろんな系統がある。ナビで調べてあるけどその時間ピッタリには
こないのでウッカリする。
あれ?と思ったときには嬉しくない道を曲がっていた。

嬉しくないことはいくらでもあって
長年使っていたスマホがとうとう壊れた。
ぷっつりと黙っている。13秒長押しルールなんてどこ吹く風だ。
ふと電源が入っても白いだけ。
何回も調子が悪くなったauのisai。もうこのシリーズは嫌なので他のに機種変更した。
データはずいぶんなくなった。
ラインのトーク履歴もないし写真もメモも音楽も。
機種変更して帰宅してよく見たら新しいSDカードが32000円!
ちゃんとした説明も選択の余地もなかった。
古いSDカードをもうすこし使ってみるつもりなのでショップに電話して
キャンセルすることにした。

嬉しくないことはいくらでもある。
だけど楽しみにしてることがもちろんある。
長女が「母の日プレゼント」でネイルサロンに連れて行ってくれるらしい。
金曜まで働いたらその日の午後は長女と会える。
友人がブリューゲル「バベルの塔」展に誘ってくれた。日にちを調整中。
下旬になったらまた旅に出る。次女と山形へ。

いつもすこし先を見ながら歩いていけたらよい。
今はつまらなくてもすこし先にはきっと笑ってるじぶんがいる。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春の旅

2017年04月13日 | Weblog
煩雑な三月が終わり次の職場へ異動するまえの安らぎの春休み。
いいな~毎年この春休みは欲しいなー。

九州へ五日間。
旅をするのが好きなので計画をたてるのも大好きでかなり得意。
贅沢はあまりしない、でも必ず楽しめる、そういう旅。

今回は大分から熊本、宮崎へと南下した。
別府温泉から霧の都井岬まで。

たとえばここ。

雨上がりの大分、豊後の原尻の滝。東洋のナイアガラ?なかなかの絶景。



ここは熊本の鍋ヶ滝。滝の裏側にまわることができる。
当日、スマホで検索したらちょうどライトアップしていることがわかりラッキーだった。


そしてここが宮崎の高千穂峡。

朝から降っていた雨がふいにやんだ。念願のボートへ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ある日、井の頭で。

2017年03月28日 | Weblog
じぶんにとって大切な場所はひっそりと存在していて、
十代の頃からふとしたときには思い出し、「行こう」と思い、
ただ何となく行く。馴染んだ安心感と懐かしさ。
井の頭公園文化園の林のおくにある彫刻館は、そういう場所のひとつである。

三月のある日、「西浦祐太作品展」を観に行った。
「カレラトイクトコ」
不思議な木彫りの作品(動物をモチーフにしたものが多い)が
チラシにいくつか紹介されていて、
作品につけられたタイトルにまず興味をもった。
たとえば何かの動物の背に乗ってラッパをふいている少年か少女のような人物。
タイトルは「群れをはなれた鳥は 涙を捨てて大好きな歌をうたった」

何かの意味を考えてしまう、そして目の前に形となった木彫作品があり、
西浦さんの作品にはイメージと想像の隙間をすこし垣間見せてくれるようだ。

作品は撮影自由だった。
一枚だけガラス越しに撮らせていただいた。

タイトル「ピンク色の直線が天地を分けるとき 北の森はあなたの名を星に教える」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加