曇りのち晴れ

気まぐれな私の独り言

60年前にタイムスリップ

2017-05-18 21:40:23 | 日常
今日 2007年本屋大賞受賞作「一瞬の風になれ」を読み終えた。
とても清々しくて爽やかな気分!

青春モノ文庫3巻佐藤多佳子著「一瞬の風になれ」
陸上部男子高校生の同級生と部活に向き合う気持ちが丁寧に
書かれているよと娘から勧められて読んだが
60年前の高校生の頃にタイムスリップ
インターハイに出場したくて大好きなバレーボールを辞めて
陸上部にン入部したこと
強くなりたくて倒れそうになるまでグランドを走り回ったこと
先輩 後輩 同級生
市の大会 県大会 北陸3県大会 下関総合陸上競技場の
興奮した雰囲気・・・
長い年月 経っているのに 走る跳ぶことが青春の全てだった私は
自分とダブらせて 読んだのだった。

老い先のことばかり心配せずに背筋を伸ばして頑張らなくちゃね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メールの振り分け | トップ | 自信と反省 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (パセリ)
2017-05-19 13:41:02
すみれさんは 大会に出場されて素晴らしい選手だったのですね。私は運動会で賞は無縁だし、放課後のドッチボールではキャーキャー言いながら逃げてばっかり。運動つながりで小学校時代が蘇りました。小学校の前の文房具屋さんは「せきのや」って 言いましたっけ?
昔の楽しい思い出は 元気が出ますね。
Unknown (すみれ)
2017-05-20 20:45:42
パセリさん
インターハイで予選落ちじゃお恥ずかしい話です。
そうそう学校の前の文房具屋さんは「せきのや」さんでしたね。
消しゴムやクレヨンのばら売りを買っていたような~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL