渋谷表参道 嵐酔水墨画書道教室~一期一会の墨交流~ Ransui's Sumi Art class

書と中国水墨画を学ぶ 心の模様を墨に託してみませんか。初級から上級まで 一緒に筆を持って楽しみませんか?!

書 万葉集より 一筆したためて

2011年12月27日 | Ransui's gallerly

みなさん 寒いですね。 お変わりありませんか。

さて、今夜は書の美をお届けします。万葉集より中納言家持の短歌を。

かささぎの 渡せる橋に おく霜の

   白きを見れば 夜ぞ更けにける】

           中納言家持(6番) 『新古今集』冬・620

【大意】
天の川には、牽牛、織女の年一度の逢瀬のために、七夕の夜、かささぎが翼を連ねて渡す橋があるという。宮中の御橋に霜が降りた。 
見上げれば、天の川もまるで霜が降りたように白く見える。夜もすっかり更けたようだ。 


すばらしい風景がこの短歌を詠んでいると浮かんできますね。
みなさんは如何でしょうか。

おやすみなさい。



▼Guidance for ICCPS 

協会についてはこちらをご覧下さい。

 

 

 

 際中国書法国画家協会中国遼寧分会 ICCPS-LB    

 

国際中国書法国画家協会アメリカ支部

 

  国際中国書法国画家協会ベルギー/オランダ支部

 

国際中国書法国画家協会フランス支部 


にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.



教室情報はこちら。写真をクリックしてね みなさんのお越しを心からお待ちいたしております。お気軽にお電話かメールをお寄せくださいませ。 追ってご連絡させていただきます

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2012年 新春中国国際精... | トップ | 祝 ICCPS さらに大きく飛躍... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
御礼 (攀桂堂 藤野純一)
2011-12-27 14:44:15
 とてもいい短歌ですね。詠みながら想像致しました。
 今年1年色々お世話になりましてありがとうございました。また来年東京に行った際は先生にぜひともお会いしたく思います。どうぞよろしくお願い致します。
よきお年をお迎えくださいね。 (嵐酔 )
2011-12-31 02:32:02
藤野さん今年はまた良い出会いをありがとうございました。
これからもどうかよろしくお願いいたします。
協会も発展しとても喜んでおります。また藤野さんにもご賛同いただきぜひ会員にでもなっていただきたいと思います。
筆の紹介など世界に出来るといいかと思いますが。
ではまた来年もかわらぬご支援何卒よろしくお願いいたします。

コメントを投稿

Ransui's gallerly」カテゴリの最新記事