隅の老人のミステリー読書雑感

ミステリーの読後感や、関連のドラマ・映画など。

1749.パディントン発4時50分

2017-06-18 11:54:45 | 本格
パディントン発4時50分
4.50 FROM PADDINGTON
読了日 2017/06/18
著 者 アガサ・クリスティ
Agatha Christie
訳 者 大門一男
出版社 早川書房
形 態 文庫
ページ数 331
発行日 1976/09/30
書肆番号 B000J91CL8

 

上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。

 

月21日には7月2日に行われる天羽支部会に向けて、準備のための打ち合わせの会合がある。4月から新たに役員となった二人の女性は、積極的に仕事に向かうのは頼もしい限りだが、従来の処理の仕方にいささかの疑問を持って、その解明に取り組んでいる。
人の金を預かって公の用途に使うという仕事だから、隅々まできちんとしないと嫌なのだろう。また、任期は2年だから、次の役職者への引継ぎを考えて、明確にしておく必要もある。
社会福祉法人薄光会には各事業所ごとに5つの保護者・家族の会があるが、そうしたことから会計、会計監査には、女性が多くかかわっている。中には支部長も女性のところもあり、薄光会の保護者・親の会はは先進的な組織だと思っているが、まだ男性諸氏は現役で働いているから、こうした場所に顔を出せないだけかもしれない。
僕もそういえば現役のサラリーマンだったころは、もっぱらカミさんを頼っていたことを思い出す。 その打ち合わせ会までに天羽支部会報を完成させてしまいたいと、日夜頑張っていたから、ブログへの投稿が少し遅れた。

 

 

毎回同じような思いで、同じようなことを書いているが、著者・アガサ・クリスティ女史の作品をしばらくぶりで読む。データを見たら最後に読んだのは、2012年の7月に読んだ「おしどり探偵」が最後だった。
つい先日―でもないかな僕の時間の感覚は近頃怪しくなってきたから―Axnミステリー(スカパーのチャンネル)で、懐かしいジョーン・ヒクソン女史のミス・マープルシリーズが、デジタルリマスター版で放送されて、またもや僕は録画して―今度はBD1枚に全12作を収録したのだが―見たら、これが以前の少しボケたような画面が見事に元の美しさが再現されて、いや、ことによったら元の画面を上回るのではないかと思うほどきれいだった。
最近の画像処理技術はめまぐるしく進歩を遂げて、映画やドラマを愛する人々にとっての福音だろう。僕はその後に制作されたミス・マープルシリーズよりも、ジョーン・ヒクソン女史の主演するミス・マープルが好きで、昔は今は亡き山岡久乃女史の吹き替え版の声を今でも思い出すくらいだ。(今回のリマスター版は、字幕だが…)
まあ、そんなきれいな画面の12作品がすべてきれいに見られるなんて、少し前なら考えもしなかったことだけに、それこそテレビの宣伝によく使われる言葉だが、永久保存版だ。

 

 

はそのジョーン・ヒクソン女史のドラマ「パディントン発4時50分」も好きな一つで、並行して走る汽車や、マクギリカディ夫人が見た殺人の場面まで、スリル満点の描写はこの作品でしか見られないのだ。
おせっかいで世話焼きながら、人の動作や近所の動向等々に、鋭い観察眼を向けるミス・マープルが、そんな我が家を訪ねてきたマクギリカディ夫人の話を聞き逃すはずはなく、彼女と夫人は連れ立って警察を訪れて、詳しい話をするのだが・・・・。
しかし警察の捜査では、殺されたという女の死体も見つからなければ、けがをして病院を訪れた女もいないということなのだ。ミス・マープルが友人の言葉を信じて、自分で捜査に乗り出す準備を始めるが、いろいろとそのための手配の手際が素晴らしい。
オックスフォードで数学を専攻して、首席で卒業しながら派遣の家政婦を仕事に選んだという、ルーシー・アイレスバロウという、マープルの知り合いの女性が登場するのだが、この女性がまたすこぶる魅力的で、家政婦の細かな仕事を実にうまくこなすばかりでなく、気難しい老人をさえ手名付けてしまうというスーパーウーマンなのだ。
ミス・マープルの依頼により八面六臂の活躍をするルーシー嬢だが、さて、マープル女史の仕掛けはうまく犯人をおびき出せるのか?そうした思いを抱きながらストーリーの展開に胸躍らせるのが、ミステリーの醍醐味だ。

 

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1748.シャーロック・ホームズ... | トップ | 1750.がん消滅の罠 完全寛解... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL