サンマルコ広場で逢いましょう。

まっすぐなわたしを。
Incontriamoci in Piazza San Marco

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

☆国立科学博物館☆

2011-02-28 14:14:29 | 芸術(美術館、博物館、建築)
芸術特集 PART9
国立科学博物館


東京国立博物館に続き上野仲間。
この博物館に行けば、博物館が好きになるはずっ!!
私、改装してから何回言ったことやら・・・
女友達とも、父とも、主人とも行ったし一人でも。笑。
そんな、科学博物館大好きっこの私がご紹介します☆

国立科学博物館は、日本における唯一の国立の総合的な科学博物館であり、
地球や生命、科学技術に対する人類の認識を深め、人々が生涯を通じて人類と自然、
科学技術の望ましい関係について考える機会を提供することを使命としているそう。

もう開館して130年が経ち平成19年に十数年間の改装の末リニューアルオープンされました。
館内は、日本館と地球館に分かれています!


                

どん!っとまず写真の説明から。
こちらは、科学博物館の大人気スポットともいえる地球館3階の剥製展示。
もう躍動感あふれる展示の仕方にワクワクします!
今にも飛び掛ってきそう。幼稚園生とかなら泣き出してもおかしくないくらい!
ちなみに、歴代の上野動物園にいたパンダさんの剥製も展示されています。

正直、科学博物館についてはどこから説明すれば良いのか分からないほど見所だらけなので、またしてもランキングにします!
写真の地球館3階 大地を駆ける生命は抜きます。


ここがおススメ!国立科学博物館ランキング

 日本館地下1階 全球型映像施設「シアター36○
いやー!!これは本当にすばらしい。変な映画見に映画館に行くならこっちのほうが絶対おススメ。
直径12.8m(実際の地球の100万分の1の大きさ)のドームの内側すべてがスクリーンになっていて、その中のブリッジに立ち、映像をみます。
360°全方位に映像が映し出され、独特の浮遊感などが味わえる世界初のシアター。
全方向から音が聞こえ、映像が映し出され10分間異世界にいる気分になります。

しかーし、ちょっと終わったあと酔った感じになるので三半規管が弱い方はご注意を。笑。

地球館3階 たんけん広場−発見の森−
鳥の目線に立って森を観察したり小川や地層などが見えやすく体験型の展示スペースになっています。森にスリップしたそうな空間。
子供はもちろん、大人も日ごろ目に付かないことを再発見できる場所です。

 日本館 すべて
日本館の魅力は、アンモナイトなどの展示物はもちろんのことその建物にあると思います。
日本館は、1930年に建てられていてとてもクラシカルで落ち着いた佇まい。
ぜひ、その辺にも注目してみていただきたい!

地球館2階 たんけん広場−身近な科学−
身近にある科学技術を分かりやすく体験し学習できるコーナー。
子供たちでいつもにぎわっています!中には、中高年の男性なんかも。笑。
日にちによっては、研究者の方によるディスカバリートークや体験教室なんかもあって特に小学生のお子様におススメのスポット。

お土産やさん
試験管やビーカーなど実験道具をはじめ自由研究グッツなど夏休みの宿題にうってつけの教材も充実。大人になってもそういうのって面白いですよね!
化石を取り出すセットなんか楽しそうでいつも欲しくなります。


将来、子供をつれて何回も行きたいなぁ♪っと今から妄想しています。笑。
なんていっても高校生以下は入場無料ですし!
こういうのに興味を持ってくれたらうれしいいな。


って、この記事、携帯で見たら相当見にくそう・・・。

場所   東京都台東区上野公園 7-20
休館日  毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)・年末年始
開館時間 9:00 〜17:00 (入館は16:30 まで)
     金曜日のみ9:00 〜20:00 (入館は19:30 まで)
入館料  一般・大学生 600円
     高校生以下 無料!

詳しくは、こちらの国立科学博物館HPまで!



人気ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆東京国立博物館☆ | トップ | グルーヴラインZ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。