in a schale

シャーレにとじ込めたありふれた日常。

大阪遠征記〜STUDIO PARTITA偵察〜

2017-02-12 01:15:32 | 旅行記
昨秋、大阪に行ったときの話。
STUDIO PARTITA(スタジオ パルティッタ)というライブスペース周辺を見てきました。

なんばハッチにDIRを観に行ったのですが、パルティッタにはD'ERLANGERとcali≠gariとDEZERTが3マンツアーで来てまして、物販だけ覗きに行ったのです。

なんば駅から四ツ橋線で10分、北加賀屋駅下車。


駅前には、喫茶店!居酒屋!居酒屋!居酒屋!不動産屋!居酒屋!というカオスな建物が。


北加賀屋、東京でいうと新木場みたい。
工場地帯で、暇つぶしできるようなところはざっと見たところ皆無。




でもこういう雰囲気好き。cali≠gariのジャケットとかにありそうじゃないですか?



ニュウミニアルバム『3』みたいな。



映り込みがひどいので上部だけの写真ですが、こんな謎の機械もありました。




寄ってみる。



現代美術作家タムラサトル氏の『大阪マシーン』という作品だそう。100円で可動しますとの記載もありました。動かさなかったけど。






解説をよく読むと、『ただ大阪という形に動くのみです』とのこと。

!!!

これが、、、


大阪の文字になってるのか。






パルティッタの入り口周辺。世紀末感ある。



この壁画のキャラクターも、ギリシャ生まれのアーティスト、ビードット氏による作品だそうですよ。

この壁の脇がパルティッタ入り口です。



ここでひとつ納得いかないことがあって(笑)。
この注意書き!



この看板のせいで、入り口ここじゃないのかな?と思って周辺をぐるぐるしてしまった! もともとは造船所だからその名残だと思うんですけどね。入りづらいわい。

躊躇せず入るのが正解らしい。






この奥の倉庫みたいなのがライブハウス。キャパ700人ほど。


反対側。



全体的に寂れた雰囲気なのがイイ!
大阪のバンドはここでアーティスト写真撮ってたりするのかな?って感じです。フォトジェニック。

一度ここでライブも観てみたいですねー。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ANDROGYNOS | TOP | 2017.02.12 PM2:00 ANDROGYNO... »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 旅行記

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。