働く意味は。

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

8000円の食事?

2017-05-19 23:28:27 | 就職活動

今日は、8000円の飲茶コースを食べてきました。
贅沢な。そうそう私にとっては、非常にとってもこの上なく贅沢なのです。
会社の食事会というなんと有難い、1円もお金を出さずに食べられるなんて、
どれどれ。。。。どんなこの上なくおいしい料理が出てくるのかしら。

まずは、オードブル。
牛肉の煮こごりと アルファルファもやしの上にきれいに横たわるカモの肉、
薄くスライスされたトマトを枕に横たわる小振りの海老君。
どんな切れ味のよい包丁を使えば、こんなに薄くスライス出来るのか。。

次に登場したのは、ドラゴンの取っ手付きゴールドのスープカップには、
同系色のふんわりと品の良いプライドを見せるフカヒレスープ。
おーーーーリッチな感じ。お上品とはこのことを言うのだ。

来た来た、飲茶7品の登場です。
薄ーい三色のその名も手芸点心、海老のかわいい餃子と緑の野菜を練りこんだ皮で包まれた点心
お次は、黄色の皮に包まれた。。この中身は忘れてしまった。
ウエーターさんが丁寧に説明してくれたのだけど、あまりの三色のきれいさに目を奪われ、
「緑の野菜を練りこんだ。。。」しか耳には入ってこない。
おおーー次々と出てくる水餃子。なんとこれも三色の色とりどりのかわいい餃子。
次はなんだ! ドラゴンロールとかいう。。
トイレットペーパーをぐるぐる巻きにでもしたような容姿と、
噛むとぱりぱりと元気な音をたてるドラゴンロール??これはドラゴンの鱗を見立てたのだろうか。

次はなんだ!野菜を炒めて油揚げに包んだ料理か?なになに湯葉巻きの旨煮?
油揚げと思いきや、湯葉巻きか。。。貧相な発想でなかなか恥ずかしい。

出てくる出てくる。豚肉の角煮の割包付き、つまりね、
肉まんの皮のふんわりしたものに豚の角煮をはさんで食べる、ほらほらよくあるでしょ。

次は大根もちとアスパラの春巻き。。。もうおなかがいっぱいだ。
しかし8000円の食事などなかなか食べられるものではない。
残すわけにはいかない。今日は、無理矢理でも食べないと人生の損失だ。
料理人に申し訳ない。どんなことがあっても食べなければ。お腹がはち切れそうでも、
スカートがパンパンでもこの与えられた幸せを逃してはならぬ。

〆は、小鉢に入った炒飯。いけるいける胃は、十分に拡張している。

デザートは甘さを控えたゴマ団子とマンゴープリン。
もはやお腹が膨れすぎて、味など分からん。

次回は、このお店のお料理以外のお話をしましょう。


 

『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楽しい仕事、辛い仕事 | トップ | ホテルの最上階に近い(つま... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。