働く意味は。

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ホテルの最上階に近い(つまり上の方)のレストランへ

2017-05-20 09:25:04 | 日記

昨日に引き続き、レストランのお話。

人生数回しか旅行に行っていない私は、ホテルのレストランもそれに比例して行っていないことになる。
しかしながら、有名なホテル。。。
知っているホテルを”数えても右手にさえあまる~♪”昔の歌にあったような。。。56歳以上の人しか知らぬかもしれぬ。脱線しすぎちゃったな。いかんいかん、さて戻ろう。

そうそう有名なホテルのね、正面玄関の自動ドアをちょっと胸を張って入ると、広いロビーの中央には、大きくて色とりどりな生花が飾られていて、奥の方には、カウンター越しに、育ちのよさそうなこの上ない素敵な笑顔をしたお姉さんがいたりするわけです。
見られているのを意識しながら、ちょっと恥ずかしいので、エレベーターで上階へと足早に急ぐ。

エレベーターは、景色が見えるように外側はガラス張りになっていて、上昇するにつれて普段見慣れない景色も見せてくれる。
隣のオフィスビルの整列されたデスクの間を歩く一人のビジネスマン。残業せずに帰ることが出来る人が多いのかな。きれいなオフィスフロアが丸見えになる。こんな会社で働きたいなと思う間もなく、レストランのある階にたどり着いた。

エレベーターを降り、フロアを見回すと、
おーあった、あった。お店のカウンターが見えた。
チャイナ服を着た小柄な可愛らしい女性が出迎えてくれた。
こんな女性に「いらっしゃいませ。お待ちしておりました」と笑顔を向けられたら、世のおじさんビジネスマンも、いやいや天下りしたなんちゃら顧問のおじさんたちも良い気分になることだろう。
まぁ、ここを紹介してくれた社長は、その部類の人である。

その次に現れたスーツ姿のおじさんに案内され、個室へ通される。
またまたそこも、部屋の一面はガラス張りとなっていて、天気が良いからか外の景色がよく見える。
この料金の25%は、場所代かもしれぬ。

続く。

『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8000円の食事? | トップ | ホテルのレストラン »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。