住みこみ

12年前、自宅の新築を期に、庭作りにはまりました。建物の「内」と庭の「外」との関わりに興味を持ってます。

推理作家か探偵か

2016-10-19 15:21:59 | 建築設計

現在のお住まいは幾度となくリフォームを繰り返していた末の形。

そこで昔の書類や図面をひも解きながら、新たに、現在の住まいに至るまでの変遷を追ってみました。この作業、現場の痕跡や、間取りのズレから当時、どのような要望だったのか?に始まり、作り手は何を考え、どのように手を入れたのかを推測しながら、工事の足取りをたどる…それはまるで、真実を追求しようと奮闘する刑事や探偵の様で、何かを創り出すというのとはちょっと違うのもしれないが、心が躍る作業です。

 今回、2度のリフォームを把握できて、参考図面として施主にお渡しすることが出来た。その、かつての図面を見るなり、「あっ、子供の時にはここにアトリエがあり、絶えず人が出入りしていて、父親を囲みたびたび議論を交わしていたなー」とか、「食事は家族勢全員この3畳の部屋でしていたなー他にもっと広い部屋があるのに…」とか、その図面を囲み、施主家族の足跡(ストーリーというべきか)の話に花が咲いた。

 また、それらの図面を基に、奥様が部品ごと切り分け、紙の上で並び替えながら、住まいに対する「思い」をいろいろお話してくれた。身近な家具や空間の絵なので、より一層リアルなスケール感が身についている様でした。

 あれこれ楽しそうに並び替えている姿を見ていると、こちらも楽しくなりますし、計画案もぐっと密度が増します。

 心が躍っているのは、設計者だけではないようです(笑)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 床柱が動く~? | トップ | かつての職人の技と心意気 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。