スミサキ日記

世界の片スミで日常を生きる

ボス美展

2017-07-29 12:04:34 | 日記
アメリカ絵画の月夜だか月光がとっても美しかったんだが、ポストカードがない悲劇。

…ゴッホのルーラン夫妻、(自分も)一緒に写真撮れるようパネルがあり、なかなか盛況。

ファーバーカステルの鉛筆、買ってしまったぜ。子供の頃、絵や作文の参加賞や副賞で鉛筆もらいまくったから、私が死んだら一緒に荼毘にふしてもらうしかないような子がまだまだたくさんいるんですけどね…。海外ボランティアで鉛筆の寄付見るけど、「第○回何とか作文コンクール」とか「第○回○○村文化祭」とか箔押しのでもいいのかしら。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 労基署がやってきた | トップ | 地味に痛い »

コメントを投稿