いつでもここから

もう戻れないおばさんぽのおぼえがき

連休のおでかけ

2016-10-12 03:58:49 | お出かけ
9,10日の連休に若かりし頃のバイト友達が遊びに来ました。
東京では時々会って食事をしたり出かけたりしていますが、彼女がうちに泊まりに来たのは7年ぶりでしょうか。

昨年、東京で「朝倉彫塑館」に行きました。
そのとき、その彫刻の迫力に感動したのですが、スタッフの方とお話をしている中で『長野の荻原碌山(本名、守衛)も同じころ活動しています』と聞きました。
そういえば、碌山美術館に結婚前に主人に連れて行ってもらったことがありましたっけ。(あの頃はそんなに関心がなかったのですが。)

あのとき、彼女と碌山美術館も行こうと約束していました。
あれから一年。

久しぶりに三才山を越えて松本まで行きました。
スーパーあずさの友達を10時半迎えに行きました。さすがに連休だけあって電車が着くたびに大勢降りてきます。
  

あ、来ました、来ました、おひさしぶり~と再会
残念なのはお天気が悪いことです。お天気が良ければ上高地にも行きたいところでしたが、今日はお天気に関係なく松本城と美術館の見学です。   



何かのお祭りでそば祭りもやってました。とても混んでいて、お濠を回りましたが柵もないのでお濠に落ちないように気を付けながら回りました。天守閣に上るのに2時間待ちというので今回はパス。

何件かお蕎麦屋さんも出店していましたが、どこもすごい行列だったのであきらめて街中のお蕎麦屋さんに行ってゆっくり座って食べました。これは友達の「にしんそば」。器が面白い、スプーン?をひっかけるところがあります。

さて穂高の美術館へ向かいましょうか。。。。

駐車場を出てうろうろしていたら、「旧開智小学校」の看板が、、、
ついでなので中を見てみることに


私は何度か見学していますが、友達は初めてなのでじっくり見ていました。いろんなことに興味がある彼女です。おかげで私も新しい発見がちょっとあったりしましたよ。

今度こそ美術館を目指します。50分ぐらいで到着。車の中で松本で買ってきたお菓子でちょっと休憩。『マサムラ』のサブレと『開運堂』の真味糖、甘いけどおいしい。

建物のだけでも興奮する二人。ツタがからまっていてとても素敵です。

   

またじっくり見学です。いろんなことがわかりました。新宿のカレーの中村屋は当時芸術家や思想家などの交流の場(サロンみたいな)だったようです。ただのカレー屋さんではなかった。
見ているうちに高村光太郎とのかかわりも分かり、「今度は高村光太郎を見に行かないとね」と言いながら、もう一つの棟に行くと、なんと高村光太郎の彫刻がたくさんありました。まさかここで出会うとは、、、

いろんな出会い、発見のあったところでした。

お次は穂高で有名な「わさび農園」の見学。行かれたら行こうかな、と思っていましたが、とても近いらしいので寄ってみることにしました。もう4時ごろだったのでだいぶ寒いです。わさび田を一目見て、お土産を買って帰りました。高速を使って1時間半ぐらいで帰れました。案外近いんですね。

夜はお気に入りの白鳥園でお風呂と食事をしました。たいしたおもてなしもできずごめんなさい。

翌日のことは朝のお天気次第ということで一日目はおやすみなさい、続きはまた

       
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思い付きで・・・ | トップ | 奇跡の上高地 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む