チキョバ

日々の文言のるつぼ。

2010-11-08 01:52:46

2010年11月08日 01時52分46秒 | 日記
仕事で遠出した帰りに上司が寄ってくれた栃峰高原。
ノルウェイの森の撮影地なんだって。
ススキがめちゃくちゃ綺麗。



昔のお気に入りビデオの中のお気に入りビデオが見つからない…
一番見たいやつだったのに。
どこいったんだろう…モヤモヤする~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はた

2010年10月10日 02時14分09秒 | 日記
誰かとどこかへ出掛けるよりも、

一人で服や雑貨の買い物をしたり、
高峰秀子や原節子の写真集を見たり素敵そうな映画を大事に見たり、
YouTubeでperfumeのPVをえんえん見たりフジのPVを見て泣いたり、
飛び出せ科学くんに大興奮している時の方が幸せ。
そして時に腐女子。
こんな女で人生大丈夫か。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

おもい

2010年10月10日 01時05分40秒 | 日記
気分も体も。

人間関係…ほんま向いてない。
気持ちが全然伴わない。
最低限の義理ぐらいは守れてると思うけど、
それ以上のやりとりが下手すぎる。

ほんっとにしょーもないことで、3日前から悩んでて、
昨日から胃がキリキリしてきた。
自分だけの問題じゃないし、仕事のこともあるから
すっぱりどうでもいいもう考えるのやめようって切れなくて、
…ほんまどうしよう。

迷惑だって思ってる。
あとおおげさに捉えすぎかもしれないけど、
仕事外には踏み込んできてほしくないのが本音。
仕事だから愛想よく振る舞ってるんであって…
演技もしてるんで…
家帰ってからまでそういうモードは保てない。
頑張ればできるだろうけど、
気持ち悪いって思ってしまってるからなぁ…

胃が痛い。
これが恋患いだったらどんなに幸せか…

最近昔好きだった人のことを思い出してみるんだけど、
その時の幸福感も絶望感も思い出せなくなってて驚いた。
どこがどう素敵だったか、どんなふうに惹かれたか、
筋書きは覚えてるけど感情がまるで他人事。

悲しいなあ。
心が枯れてしまったのかな。

ああお腹いたい。
水曜日出社したくない。
会いたくない…。
担当変えてもらいたい。
でもたぶん私しかいないから、言い出すのも無理だ。
事情を打ち明けるわけにもいかないし。
ってそれほどのことじゃ普通ないしな。
なんで上手にできないんだろう。
馬鹿…。

最初はまんざらでもなかったのに。
距離感が違う。

痛い。チクチクするよ。
泣きそう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画『白痴』

2010年06月12日 01時33分48秒 | 映画・音楽・TV等々

「あの人が幸せでさえあってくれれば、それでいいんだよ。
 …何て目をしてにらむんだい…。もう、帰るよ。じゃあ…」
「もっと一緒にいてくんな」


このシーンが大好きです。
「じゃあ」と言ってソファから腰を浮かせた亀田(森雅之)に、
「もっと一緒にいてくんな」と即引き止める赤間(三船敏郎)。
その声にそのまままたソファに腰を落とす亀田。その流れがすごく美しく自然。
赤間はめちゃくちゃ怖い顔なんだけど、亀田にそばにいてほしいことを隠さない。

「俺はな、お前が俺の前からいなくなると、途端にお前が憎くなるんだ。
 東京で最後に別れてからひと月ってものは、のべつに腹立ててた。
 ひっ捕えて毒でも食らわしてやりたかった。ほんとだぜ。
 …ところがこうやってツラつき合わせると、ものの10分もたたねえうちに腹の虫がおさまるんだ。
 そして元々通り、お前が可愛くなるから不思議だよ」


赤間の言葉に微笑む亀田。



なんという笑み。
白痴と書いて天使と読むんですねさては…。

そして笑う赤間。



かわいそうな…いい男。
金持ちのボンボンで野蛮だけど亀田といる時には子供のような心細さをも打ち明ける。

この二人は運命の二人ですよね…。
原作読んでないからあれだけど、郷里への船で偶然出逢っただけの二人なのに。
ひたひたといやな予感を匂わせられるというか、ずっとハラハラはするんだけど、
このシーンはこの映画のオアシス。
というかこの二人だけのシーンは全部オアシス。
二人っきりにさせてあげたい。もう二人っきりでいればいいじゃない。
お金もあるし。二親もいないも同然だし。

そうはならないのが映画なんだけどね…。
ていうかホモじゃないからね…。

お話は那須妙子(原節子)を巡っての悲劇です。
少女の頃から富豪の愛妾として囲われていた美しい悪女・妙子。
政治家への算段もあって妙子を持て余した富豪は知人の若者に六十万で縁付けようとする。
妙子に惚れていた赤間は百万で妙子を引き取ろうとする。
妙子を写真で初めて見た時から「かわいそうな人だ」と言い涙を流した亀田は、
無一文に近い状態ながら妙子を引き取ってそんな愛憎から妙子を解放してあげたいと願う。
形としては四人の男が妙子を巡って争う…んだけど、
亀田だけは性愛じゃない。妹を慈しむような気持ちで保護したいという気持ち。
実際亀田の方が妙子の原節子より線が細いんで、全然色気のない二人。

男達が金と都合で妙子の処遇を決めようとする中、全くの悪女として振舞う妙子。
無垢な瞳で妙子を見つめる亀田。
「あなたはそんな人じゃない」
涙を流す妙子。
「いつかそんなふうに、清らかな気持ちで私を見出し、
 君は何も悪くないと言ってくれる人のあることを夢見ていたわ。
 でもそんな思いでいる時に、あの人が這入ってきて、
 私にみだらなことをして出て行くの…」 
(メモってなかったので大体の意を要約)

通じ合った二人。
しかし妙子は、赤間を選んで出て行く。

なんでだよ!と思わずにいられないけど、妙子は妙子で、
亀田に幸せになって欲しい、自分とでは絶対に不幸になると信じている。
亀田の後見人の娘の、清く正しく美しい綾子(久我美子)と結婚してほしいと懇願する。
綾子は綾子で、清く正しく美しすぎて、頑なだから妙子の思い通りになりたくない。
でも亀田は好き。亀田も一緒になろうとする(どういう気持ちなのかちょっと不明)。
綾子は妙子を間に挟むような状況に苛立ち、妙子に直談判しに行く。
綾子の行動に怒った妙子は亀田に、妙子と綾子のどちらを選ぶのかと詰め寄る。
(ここの妙子の心理がまだつかめない。
 やっぱり亀田が惜しくなったとかではないだろうし…
 自分の配慮を経て二人が幸せになってほしかったのに
 自分を排除しようとした綾子を許しがたかったのか?
 いろいろな感情がないまぜになっているってことでちょっと保留…)
男としては綾子を選ぶべきなんだろうけど、どちらを選ぶとは言わない亀田。
つまり綾子に対しても女として性愛としてじゃないということなのかしら…。
なんかもう理解が及ばないよ…。

内容の解釈は難しいんだけど、本当にかわいそうな妙子。
原節子は小津映画で何作か観たけど、こんな演技のできる女優だったのか…。
最初に亀田が見た妙子の写真だけでも凄かった。
亀田の言うとおり、すごく美しいんだけど、目が怒りと苛立ちと不信に満ちていて、
魂を取り込まれそうなほど激しい負のエネルギーに満ちた、美しい女でした。

亀田が幸せでいてほしいと願うのがよくわかる。
でも無理だった。何もかも壊れてしまった最後。
亀田と赤間は幸せだね…。
かわいそうに…。


それにしても森雅之は…
美しすぎる。

長谷川一夫や上原謙はそれは彫刻のように美しいんだけど、
森雅之はなんていうか…色気が違う。
少し目を伏せただけでも。
中年でも額や顎のラインが少年のように初々しくて、
でも年輪のある落ち着いた静かな顔をして…。
見つめているといとおしくてたまらなくなる。

いろいろ書いたけどとにかく好み、ということです。
男になってどうにかしたいわ。と思ってしまったわ。

そして演技も凄いね。
三船敏郎の赤間とは、まるで二人で同じ呼吸をしているかのよう。
片方が吸って片方が吐いて、みたいな…
人の言葉にうなづく、または返事をするタイミングが、
まさしく『善良”白痴”』であるという証明のようなタイミング。
流れるように美しい『善良』な所作。
凄いわ…。

三船敏郎も美しかった。この有名な人、初めてまともに見ました。
でもこの映画だから、むしろ可愛かった。
森雅之にお守り交換しようとか言うんだもん。。。
お母さんに紹介したりさ…あなた本当に乱暴者?

まあ白状すると萌えました。あはー。
だって腐ってますもの。
「お前が可愛い」とか「そばにいてくれ」とか、
きゃーってならないわけがないじゃないの。
でも一応ひそやかにね…やっぱりちょっと罪悪感がね…。
全くそういう方向に話行かないしね…。


ああ悲劇。
でも理屈のある悲劇だったから、黒澤映画へのイメージが少し変わりました。
今日『酔いどれ天使』を見たので書きたいことができたらまた感想書こうかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨寅

2010年01月17日 05時07分36秒 | 日記
『ちっぽけな魂がいくつ社会からこぼれ落ちようと
世界はお構いなしに巡っていく

 立ち上がるのか?また?
 何の為に?

 この世界にまだ信頼はあるのか
 慈しみ合いはあるのか
 
 今はあればいいと思ってる』


依田さん…泣くわ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2010-01-12 01:24:52

2010年01月12日 01時24分52秒 | 日記
私が尽くす誠意みたいなものってウザいものなのかな。


もっとドライに素直なようにしてみようかな。


想っても想われないことは普遍的なことで、でもそれぞれに窒息しそうなほど苦しかったりするんだよね。


身を持ち崩すことだけが恐ろしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2010-01-07 00:38:01

2010年01月07日 00時38分01秒 | 日記
しんどいからって無責任に喋って人の気持ちを傷つけたかもしれない。
頑張ろうとする気持ちを挫かせたかもしれない。
事実でも、ショックで引きずったり…

自分の性格が本当嫌。
何なんだろう。
利己的で…素直じゃなくて欝陶しい。

辞めてしまいたいけど今辞めたら新人がかわいそう。
勤めてすぐこんな状況じゃ…
でももう精神的に無理かもしれない。

泣きたいけど泣いてもいられない。
泣き続けたらたぶん持たない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

数秒

2009年12月31日 02時05分21秒 | 日記
人と関わって、感情が動くことを想定してしんどそうだ、そういう風になったらって考えるとめんどくさいって思ってきたけど、

今もしんどいんだ。
人とちゃんと関われてなくても。


だったら…


明るい方へ向いてみる?
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

さみしい

2009年12月30日 23時42分31秒 | 日記
つまらない
つまらない

つまらない人生



二人しか友達がいなくて
話すと必ず「辞めた方が…」って言われる会社にいて
そこから抜ける勇気も自信もなくて


甘い自分を甘やかすばかりで
マイナスな気持ちを人前に出してしまって
結局自分の気持ちに浸るだけで後悔にもなって



でもないものねだりで
もっと悲しい気持ちの人や過酷な境遇の人から見たら贅沢なのかもしれないのに



自分が嫌で
自分がかわいそう



誰とも繋がれない
誰も愛せない
何にも本気になれない



つまらない私


本当にいつか自分で死ぬんじゃないか
温かな関係を誰とも作れず
少し苦しい思いをすることを選んで死ぬんじゃないか


この予感がそのとおりになるような気がしても
まだ動けない
動かない

今を選んでいる私

下らない私
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

もやもや

2009年11月21日 03時11分09秒 | 日記
明日休みなのに、気分が半端に滅入ったままで落ち着かない。
自分の嫌な面を見せたままで、明日みんなと会わないから。

自分を上手くコントロールできない。
謙虚でいられない。

信頼できると思った人、この人には嫌われたくないと思った人には良い人間だと思われたくて、無理できる。
でもこの人とは何喋っても無駄だと思ってしまった人相手には、心を開く振りも傾ける振りもできない。
嫌悪感を沈黙で押し込めるので精一杯。

子供だ…。


無駄だと思ったこと、理不尽だと思ったことを我慢できない。
沈黙で我慢はできても、笑顔で受け入れられない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思おう

2009年11月09日 23時36分09秒 | 日記
特別に好かれよう、必要とされようと思うのをやめよう。
人を好きだと思えたらそれでいい。
自分を愛しすぎないでいよう。
できない、ばかりを考えないでいよう。


さびしいままでいたいわけじゃないんだから。
元気でいてみよう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不安定な心

2009年11月04日 01時44分44秒 | 日記
接骨院バイトを終えて、社会人として歩き始めて。



人に相談したり、弱音を吐いたりすることが、自分は本当向いてない。
かすかに勇気付けられた気がすることはあっても、どこか自己満足的で、結局判断の目線がぶれるだけ。
せい、にしてしまいそうになるし。
マイナスもプラスも伝染するし。


人と付き合うのに本当向いてない。
プライドからは求めてるけど、心の底からは求めてないから。
夢の中だけで生きていたいと思ってる。
もう嫌ってなってから十年以上、スキルは少し身についたけど、今の自分の人生の現実味のなさ、仮の人生をとりあえず生きてるという感覚は変わらないから、人への心のときめき、憧れ、好奇心が、意識的に「持つべからず」としてきたのかもしれないけど、本当に失われてる。

ないわけじゃなかったはずなのに、もうかつてあったものとして、思い出そうとすることも少し困難。
というか思い出すのはできるんだけど、かつてのそれを思い出せても、それをよすがに回復を夢見ることのできる可能性を感じられることがなくなってきた、それに慣れてきた、諦めがはびこってきた…それがもう衝撃じゃないという哀しさを、知ってきてしまっているという感じ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんだ…

2009年06月30日 23時39分40秒 | 日記
外からナウシカのトルメキアの飛行艇が迫ってきたみたいな轟音が聞こえてくる…。
海の工場のあたりから、響いては止んで響いては止んでを繰り返してもう10回ぐらい。
怖いんですけど…。
爆発とかしてんじゃねえだろうな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まもりたい

2009年06月21日 18時58分04秒 | 日記
正義は勝つべきだろー。

ひっそりクリカやメールで参加してたけど、
どんどん形勢は不利に…。
いやだよ。



ああここもっと更新しとけばよかった。
でもとにかく貼っとく。


危機をチャンスに変えろ(前編)~G20サミットの舞台裏


一人でも多くの人に。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もくもくと

2009年06月07日 00時06分55秒 | 日記
お菓子作りとバナナダイエット(お昼だけ)続行中。
あと買ってある本をがつがつ読む。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加