東北福祉大学被害者を救う会

石母田の私道で東北福祉大学による騒音等で苦しむ被害者を支援する会の公式ブログ

緊急報告!

2017年05月16日 | Weblog
昨晩、緊急事態が発生しました。

これまでにも不審者によって何度か危害を加えられた「学生通行禁止」の看板に、またぞろ破壊行為が行われました。
看板を固定していたワイヤーを鋭い刃物で切断するというもので、きわめて危険で悪質な犯行といえるものです。看板というのは、昨年、河北新報(http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201606/20160605_13007.html)やテレビ朝日の羽鳥慎一モーニングショーなどでも大々的に取りあげられ、全国的にも有名になった石母田の「学生通行禁止」を告知するものです。

「学生通行禁止」の看板は、昨年、東北福祉大学の申立によって仙台簡易裁判所で数度にわたって行われた「調停」においても、沿道住民の生活を守る「和解条項」を広く周知するための方策として、設置に問題なしとされたものです。2008年に設置され、10年近く経ち、すでに概ね認知されているにもかかわらず、このような妨害行為が、昨年来くり返されるのは、一体何者の仕業なのか? 

犯人の心当たりもなく、さっそく警察に被害届を提出することになります。住民は驚きと恐怖を禁じえません。

とりいそぎ、この事件に関心をお持ちの全国の方々にご報告申し上げます。
ジャンル:
速報
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 来る年2017年に向けて | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む