すこやか人生まっしぐら

人生健康が一番!

中風七穴

2017-06-10 19:57:01 | ツボ
6月24日は「世界脳卒中の日」だそうですが、

この時期の6月、7月は脳梗塞が多発する時期でもあるそうです。

脳梗塞の後遺症に悩んでいる方も体が重くなったり、痺れなどの

症状もでてきます。

ちょっと前には、脳梗塞などを起こした場合、

状態が安定してからリハビリを行なってましたが

最近では早期からリハビリが行われます。

東洋医学では14日以内に鍼灸治療を行わないと効果が

期待できないと教科書に書かれています。

東洋医学では、中風と言いい

現在では脳血管障害の後遺症(偏風)である

半身不随、片まひ、言語障害、手足のしびれやまひなどを

指す言葉として用いられています。

鍼灸治療での刺激点は古典の「中風七穴」があり2説あります。

①百会、曲鬢、肩井、曲池、風市、足三里、懸鐘

②百会、風池、肩井、大椎、曲池、間使、足三里
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨入り | トップ | 脳梗塞や脳出血後のリハビリ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。