すこやか人生まっしぐら

人生健康が一番!

2017年度 日本マスターズ水泳短水路大会(相模原)

2017-05-03 20:15:48 | 水泳トレーニング
今日は、相模原で行われた 日本マスターズ水泳短水路大会 に出場!

全国から1,333名もの方が集まりました。

今回は、3つの新たな取り組みをし、大会にのぞみました。(最後に記載します。)

結果は、

25m 背泳ぎ 16”06 銀メダル(前回 15”75)

50m 自由形 29”03 第8位(前回 28”57)

100m 混合メドレーリレー 1'09”73 第6位(前回 1’10”49)

個人種目のタイムは昨年に比べ

落ちてしまい、残念な結果になってしまいました。反省点だらけです。

それにしてもタイムが落ちるのは悔しいですね~。

しかし、今回の良かったところは、

①3年連続 銀メダルを獲得できたこと。

②リレーで1’10”を切れたこと。

③練習をもっとしっかりやらないと結果がついてこないと分かったこと。

いろいろありました。

これから1年間は追い込んだ練習からも逃げずに、今年の記録を上回りたいと思います。

そして金メダルと言う高みを目指してがんばります!

この大会は4年連続で出場していて、自分の体力測定も兼ねています。

同じ会場、同じ時期に行われる水泳大会ですので良い指標とるんですね。

水泳競技を通して、自分の体力の衰えが分かるのもおもしろいです。

体力が維持、体力向上もしていきたいです。











《新たな3つの取り組み》

①マエケン体操導入
 ⇒肩甲骨の動きを良くし、腕の回転スピードを上げる

②ノンクッションゴーグル使用
 ⇒クッションがない分水の抵抗を減らします。

③3,000m 2回導入(通常1,000~1,500mしか泳ぎません)
 ⇒スピード練習に耐えられる筋肉をつける

《反省点》

①スピード練習の量が少なかったこと。

②10日前にアップなしでスピードを出したら肩を痛めてしまったこと

③全体的に追い込んだ練習から逃げてしまったこと
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アカシア鍼灸整骨院 桑田院長と | トップ | 水泳 ゴーグルの選び方 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。