Masaの視点 知・好・楽

自分の成長と、身の回りの平和の為のブログ
Masaの目の前から地球の外まで平和にしたいと本気で思う30歳のブログ☆★

Masa的 箱根駅伝予選会 感想

2016年10月16日 11時11分47秒 | 東京国際大学 強化クラブ(硬式野球部以外)

私は初めて予選会を現場で観戦した。
正月の本戦は、TIUが初出場した今年はもちろん、ただのスポーツファンとして過去にも何度か沿道で観戦をしたことがある。
小田原近辺に住んでいた姉の家を目指しながら、父と埼玉の自宅から、スタートの大手町、2区の保土ヶ谷付近、4区の酒匂橋付近と3地点で観たことも。

予選会はまた違う大会としての楽しさがあった。
昭和記念公園に到着すると、私の前に東京国際大学の幟を持った職員の方と、外国人3人を発見。
TIUでは、スポーツ強化とともにグローバル教育にも力を入れて取り組んでおり、国際大学の名の通り、川越にあるキャンパスには様々な国の留学生と、外国人の教職員もたくさんいる。

昨日出会った3人もTIUに勤めるアメリカ人スタッフだった。


私も学生時代、アメリカに留学していたが、スポーツが文化として根付いているアメリカ人と観戦するのはとても楽しい。

しかし、昨日は少々違った。

私の拙い英語で、
駅伝という日本発祥のスポーツ、
箱根駅伝という日本の大学スポーツでの一番の注目大会、
予選会の概要、
さらにはTIU応援団の隣の隣にいた、東京農業大学の伝統、大根踊りのことなど
様々なことを説明しながら、
TIUの応援をした。

50校もの大学の関係者と駅伝ファンによって会場は超満員。
駅伝やマラソンは、野球やサッカーの観戦と違い、目の前を選手が通るのはほんの一瞬である。
ポイント、ポイントで観戦する予定であったが、大集団の移動は大変だった。

レース途中で実家にてテレビ観戦をしていた母からメールが届き、TIUの途中経過は情報を得られた。
現場で観ているよりも、テレビ観戦のほうが速報性、情報量ともに優れていることは明確だが、現場ならではの空気がスポーツファンにはたまらないものだ。

TIUのスポーツ強化は、伝統・実績のある他大学から比べればまだまだ始まったばかりである。
スポーツ大好きで、スポーツライターになりたい意志でメディア系の学科があるTIUに入学した私にとってTIUのスポーツはまさに絶好の応援対象である。
硬式野球部は古葉竹識名誉監督、山中潔監督
男子サッカー部は前田秀樹監督
女子サッカー部は大竹七未総監督、持田紀与美監督
女子ソフトボール部は宇津木妙子総監督、三科真澄監督
ゴルフ部はラリーネルソン名誉監督、湯原信光監督
硬式テニス部は佐藤直子監督
ウエイトリフティング部は三宅義信監督
など。
超がつく一流の指導者と、日本トップクラスのスポーツ施設


を擁するTIU。
横溝三郎総監督、大志田秀次監督の駅伝部の来年のリベンジと共に、様々なスポーツの分野でさらに東京国際大学の名前が日本中、世界中に知れ渡ってほしいと思う。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第93回 箱根駅伝予選会 残念TIU | トップ | 駅伝に続き、野球も。 打倒・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL