goo

マニアの間で噂になってる 激やば幼女強制ハメ撮り映像!

動画はこちら



性的虐待(せいてきぎゃくたい)とは、関係性において上下の発生する状態において、関係性における上位の者が下位の者に対して行う、その者の権利・人権を無視した性的な侵害行為のことである。

一般には児童性的虐待を指す事が少なくないが、実際には性的虐待ならば児童のみならず高齢者、配偶者(内縁関係を含む)、障害者に対するものについても認識されている。さらに、人間のみならずペットや家畜などの動物に関しても用いられる。

なお、広義には強姦、セクシャルハラスメント、ストーカーなどが含まれる。

目次 [非表示]
1 子供に対する性的虐待
2 高齢者に対する性的虐待
3 配偶者に対する性的虐待
4 障害者に対する性的虐待
5 動物に対する性的虐待
6 戦時中の性的虐待
7 影響
8 事例
9 関連項目



[編集] 子供に対する性的虐待
詳細は児童性的虐待を参照

日本では「児童虐待の防止等に関する法律(児童虐待防止法)」が2000年5月に可決され、第2条で「児童にわいせつな行為をすること又は児童をしてわいせつな行為をさせること」として、性的虐待を定義した。この法律は家庭内のものに限ったものであるが、実際には家庭外のものも少なくない。家庭内の方が重くなるケースは多いが、家庭外であっても被害が深刻なケースは多い事にも注意しなくてはならない。いずれにせよ、幼児期に性的虐待が行なわれたケースでは、その体験が被害者にトラウマとなって残るため、被害者のその後の性格形成や人生に深刻な影響を及ぼすケースが少なくない。


[編集] 高齢者に対する性的虐待
2006年4月1日より「高齢者の虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律(高齢者虐待防止法)」が施行され、「高齢者にわいせつな行為をすること・又は高齢者をしてわいせつな行為をさせること」として、性的虐待を定めている。

高齢者の性的虐待に関しては、全体に対する比率としての調査は行われていないが、事例は多く存在する。「高齢者の福祉施設における人間関係の調整に係わる総合的研究」(1994年6月、調査内容は家庭内虐待)では、過去半年間で3人、「特別養護老人ホームにおける高齢者虐待に関する実態と意識調査」(2000年3月)では過去1年間で16人とされたが、虐待の多くが密室で行われることや、痴呆を起こしている入居者も多いため、その詳細に関しては不明な点が多い。


[編集] 配偶者に対する性的虐待
一般には配偶者に対して、身体的虐待をする例がよく知られている。だが実際には、性的虐待を受けているとされる配偶者としての女性は、「女性に対する暴力調査」(1997)では20.9%に上っている。その心理的苦痛にもかかわらず、妻という立場のためか社会的な認知は非常に受けづらい。輪姦や監禁などといった極端な例で逮捕される例こそあれ、一般には沈黙を強いられている場合が多い。(なお、ドメスティック・バイオレンスの家庭で育った子供達は、その後の性被害率が高いことでも知られる)


[編集] 障害者に対する性的虐待
障害者は非常に性的虐待に遭いやすいことが分かっている。このような虐待事件は日本では水戸事件で社会的に認知され、テレビドラマ聖者の行進にも取り上げられた。


[編集] 動物に対する性的虐待
動物に対しても性的虐待は行われている。イヌのペニスは人間のサイズに近いため、こうした動物などが被害に遭う。また、近年の獣医学では動物であっても人間と同じような外傷性の精神障害が現れることが分かっている。


[編集] 戦時中の性的虐待
アブグレイブ刑務所などのように、捕虜の人権がないがしろにされがちな戦争中は、特に残酷な性的虐待が起こりやすい。だがこういった問題は各国の利害が絡むため、一朝一夕には解決できない問題である。当時の法規に照らせば合法であるとされる場合も存在する。

第二次世界大戦前後は、性的虐待に関連したさまざまな問題が起こった。

従軍慰安婦 - 戦前から戦中にかけて、日本や朝鮮の民間業者が直接・間接的に日本本土や植民地の女性を集め、売春行為を契約したり、強制したりしたとされるもの。当時の日本軍兵士の性的慰安が目的であったとされる。
日中戦争 - 日中戦争においては戦争が長期化するに従い、兵質の劣化、規律の緩み、対中感情の悪化が発生し、日本兵による多くの強姦事件が発生したとされるが、具体的な根拠は発見されていない。このため、おもに中国国内での共産主義の宣伝や反日運動などに利用されている。
特殊慰安施設協会 - 太平洋戦争後、連合軍の命令によって、主権喪失下であった日本人女性が集められ、強制売春を命令されたとされる。これによって、主に米軍兵士によるレイプ発生件数を減少させる目的があった。
引き揚げ - 日ソ中立条約の破棄による侵略に伴い、日本人入植者の女性や子供が、ロシア兵によって多数強姦されたとされる。

[編集] 影響
レイプなどの性的虐待は、被害者にさまざまな影響が見られることが知られている。

アメリカのThe National Assault Prevention Cennter が1986年におこなった調査によれば、抑鬱状態・自殺念慮・分裂性障害・多重人格障害などの精神衛生上の治療を受けている女性のうち、60%がレイプされた経験があるという。(男性は36%)

[編集] 事例
1968年 ジョン・ゲイシーが、少年への性的虐待の罪で服役。
1973年 近親姦を強制され、子供を産まされ続けていた娘が父親を殺害した、尊属殺法定刑違憲事件の判決が下る。
1980年 神奈川金属バット両親殺害事件発生。警察内部で、母親と息子の近親姦の発表議論がなされたという話が飛び交うが、警察はノーコメント。
1989年 東京で、少年達による残虐なレイプ殺人事件である女子高生コンクリート詰め殺人事件発生。またホラーマニアの男性が幼女を次々に誘拐し、猥褻行為を行った後に殺害した東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件が発生。またこの事件の報道余波として、マスコミによるホラーマニア・オタクへのバッシングが発生。
1995年 1月1日、妹や娘や母とセックスしていたシリアルキラー、フレデリック・ウェストが刑務所で首吊り自殺。米兵による小学生に対するレイプ事件沖縄米兵少女暴行事件発生。障害者に対するレイプ事件・水戸事件発覚。
1996年 ベルギーで少女監禁レイプ殺人事件が起こり、6人が誘拐されうち4人が殺害。ザビーヌ・ダルデンヌら2人のみが生存。リトル・ミス・コロラドに選ばれていた少女が性的暴行を受け殺害されるジョンベネ殺害事件発生。
1997年 女性教師メアリー・ケイ・ルトーノーによる、教え子に対するレイプ事件発覚。彼女は2回妊娠し、2005年に少年と結婚した。
1999年 オーストラリアで、女性教師による性的暴行事件・クイーンズランド性的暴行事件発生。
2000年 7月、奈良長女薬殺未遂事件が発覚。加害者が実の父に近親姦を行わされていた事を証言する。
2002年 1月、ボストン・グローブ誌でカトリック教会の大規模な性的虐待を報道。被害を受けた人の多くが少年であった(カトリック教会の性的虐待事件)。2月、伊勢崎市同居女性餓死事件が発覚し、姉と弟の近親姦があったらしいと騒がれる。
2003年 男児に対しサディスティックな猥褻行為を行なった後に殺害し補導されたが、当の補導された少年自身も性被害者であった長崎男児誘拐殺人事件が発生。
2004年 2月、ジャニーズ事務所においてジャニー喜多川が所属男性タレントに対して性的虐待を行ったということを週刊誌が報道した件に対して、損害賠償を求めた訴訟で同性セクハラ行為に関しては事実認定が確定。3月、高崎小1女児殺害事件発生。4月、アブグレイブ刑務所における捕虜虐待が発覚。11月、奈良小1女児殺害事件発生。アメリカではフロリダ性的暴行事件が発生。
2005年 タスマニア州で女性教師による連続レイプ事件オーストラリア連続少年暴行事件発生。南オーストラリア州ではリバーランド性的暴行事件発生。日本では男性が女性たちを性奴隷化した北海道・東京連続少女監禁事件発覚。11月、広島小1女児殺害事件発生。
2006年 8月、女性保育士による性的暴行事件埼玉児童性的虐待事件発覚。10月、筑前町立三輪中学校で少年らに性被害を受けていた少年が自殺。11月、新潟県神林村男子中学生自殺事件が発生。
2007年 3月、和歌山少年暴行事件・尼崎小学生女児暴行事件が報道される。

[編集] 関連項目
児童性的虐待
少年への性的虐待
機能不全家族
近親姦
性的いじめ
ドメスティックバイオレンス
強姦
婦女暴行
女性による性的虐待
ストーカー
セクシャルハラスメント
複雑性PTSD
抑圧された記憶
虚偽記憶
子供の性
悪魔的儀式虐待
保育園などでの性的虐待の可能性に対する社会的恐怖
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%A7%E7%9A%84%E8%99%90%E5%BE%85" より作成
カテゴリ: 性的虐待 | 性犯罪 | 暴力 | 性的嗜好 | 性の文化 | 拷問


http://av.paro2.net/
http://shougeki.paro2.net/
http://gomakininsin.paro2.net/
http://tousatudan.paro2.net/
http://gekiatu.269g.net/
http://haripota.paro2.net/
http://imaieriko.paro2.net/
http://tonneruzughouko.paro2.net/
http://koizumikamenasi.paro2.net/
http://ebizou.paro2.net/
http://housoujiko.paro2.net/
http://ria.paro2.net/
http://gomaki.paro2.net/
http://aragakitati.paro2.net/
http://ayunagase.paro2.net/
http://hisamotomasami.paro2.net/
http://imaimero.paro2.net/
http://iidakaori.paro2.net/
http://konnoasami.paro2.net/
http://miyazakiaoi.paro2.net/
http://iijimaai.paro2.net/
http://morning.paro2.net/
http://shiespa.paro2.net/
http://yabehakyoku.paro2.net/
http://kaharatomomi.paro2.net/
http://asada.paro2.net/
http://oikawanao.paro2.net/
http://matuo.paro2.net/
http://hosokawahumie.paro2.net/
http://24jikanhousoujiko.paro2.net/
http://av.paro2.net/
http://shougeki.paro2.net/
http://gomakininsin.paro2.net/
http://tousatudan.paro2.net/
http://gekiatu.269g.net/
http://haripota.paro2.net/
http://imaieriko.paro2.net/
http://tonneruzughouko.paro2.net/
http://koizumikamenasi.paro2.net/
http://ebizou.paro2.net/
http://housoujiko.paro2.net/
http://ria.paro2.net/
http://gomaki.paro2.net/
http://aragakitati.paro2.net/
http://ayunagase.paro2.net/
http://hisamotomasami.paro2.net/
http://imaimero.paro2.net/
http://iidakaori.paro2.net/
http://konnoasami.paro2.net/
http://miyazakiaoi.paro2.net/
http://iijimaai.paro2.net/
http://morning.paro2.net/
http://shiespa.paro2.net/
http://yabehakyoku.paro2.net/
http://kaharatomomi.paro2.net/
http://asada.paro2.net/
http://oikawanao.paro2.net/
http://matuo.paro2.net/
http://hosokawahumie.paro2.net/
http://24jikanhousoujiko.paro2.net/
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/
http://manabekawori.cocolog-nifty.com/
http://shiraishi.seesaa.net/
http://hamadashoko.cocolog-nifty.com/blog/
http://kawaharamakoto.cocolog-nifty.com/blog/
http://ogurayuko.cocolog-nifty.com/blog/
http://blogs.yahoo.co.jp/megumi_blog
http://manabekawori.cocolog-nifty.com/blog/
http://hagayuria.cocolog-nifty.com/blog/
http://madocamera.cocolog-nifty.com/madocamera/
http://kawamurayukie.cocolog-nifty.com/blog/
http://blog.livedoor.jp/hanahana400/
http://innkoujikenn.269g.net/
http://yamamoto-mona.cocolog-nifty.com/
http://news4vip.livedoor.biz/
http://blog.livedoor.jp/ressbook2ch/
http://www.kajisoku.org/
http://blog.livedoor.jp/papasans/
http://blog.livedoor.jp/hanahana400/
http://blog.livedoor.jp/niburo/
http://blog.livedoor.jp/news2chplus/
http://blog.livedoor.jp/onisoku/
http://blog.livedoor.jp/nrglife/
http://plaza.rakuten.co.jp/m810j94/
http://sinsoku.livedoor.biz/
http://blog.livedoor.jp/vipper0810/
http://blog.livedoor.jp/kurannko4002000/
http://blog.goo.ne.jp/pandiani/
http://blog.goo.ne.jp/xiaoli_2007
http://hamadashoko.cocolog-nifty.com/blog/
http://blog.livedoor.jp/tadamichi0604/
http://8komando.12.dtiblog.com/
http://dtinews.10.dtiblog.com/
http://housoujiko.paro2.net/
http://ria.paro2.net/
http://gomaki.paro2.net/
http://aragakitati.paro2.net/
http://ayunagase.paro2.net/
http://hisamotomasami.paro2.net/
http://imaimero.paro2.net/
http://iidakaori.paro2.net/
http://konnoasami.paro2.net/
http://miyazakiaoi.paro2.net/
http://iijimaai.paro2.net/
http://morning.paro2.net/
http://shiespa.paro2.net/
http://yabehakyoku.paro2.net/
http://kaharatomomi.paro2.net/
http://asada.paro2.net/
http://ebizou.paro2.net/
http://imaieriko.paro2.net/
http://haripota.paro2.net/
http://koizumikamenasi.paro2.net/
http://tonneruzughouko.paro2.net/
http://blog.livedoor.jp/yuki_katase/
http://blog.livedoor.jp/qaz1235/
http://blog.goo.ne.jp/aiko_diary_goo
http://blog.goo.ne.jp/satouyou02
http://plaza.rakuten.co.jp/tokitoami/
http://yaplog.jp/nigun-niiba/
http://blog.livedoor.jp/ym8322/
http://blog.livedoor.jp/moepre/
http://blog.livedoor.jp/m-13_62278/
http://blog.livedoor.jp/toratora100000000/
http://labaq.com/
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/
http://blog.livedoor.jp/dankogai/
http://blog.livedoor.jp/jin115/
http://blog.livedoor.jp/morningcoffee_blog/
http://blog.livedoor.jp/warosmania/
http://choo.livedoor.biz/
http://gekiatu.269g.net/
http://tousatudan.paro2.net/
http://gomakininsin.paro2.net/
http://shougeki.paro2.net/
http://av.paro2.net/
http://sawajirierika.paro2.net/
http://rape.paro2.net/
http://kinsinyouji.paro2.net/
http://douga-magazin.cocolog-nifty.com/blog/
http://sukisukidouga.14.dtiblog.com/
http://blog.goo.ne.jp/sukisukidouga


コメント ( 16 ) | Trackback ( 1 )
« 前ページ