ゆみねこ日記

アラ還おばさんの日常日記です。

世界遺産ラスコー展

2017-05-20 19:37:13 | 日記
隣町にある「東北歴史博物館」で特別展を開催していて、あと一週間で
終了してしまうということなので、思い立って出かけてみました。

いつも通っている図書館から車で5分ほど。

以前、一人で訪れて展示をみたことがあります。


ラスコーの壁画、世界史の教科書で見た記憶。。
少年が穴に落ちて、そこで巨大な牛の壁画を見つけて、それが世紀の大発見
だったという。


洞窟の10分の1の模型や、実寸大の壁画。
3Dを駆使した解説、2万年前の石器時代のクロマニヨン人に思いをはせて。

とても見ごたえのあるもので、見に行って良かったです。














クロマニヨン人の姿を再現したもの。
妙にリアル!











真っ暗な洞窟に色彩豊かに描かれた壁画。
牛や馬、鹿など多種類の動物の生き生きとした描写。

一番の驚きは、ランプで灯りを点して壁画を書いていたということ。

ちなみに日本の高松塚古墳の壁画は1300年前。

2万年、想像もつかないほど悠久の歴史を感じました。


この博物館、とても好きなので、友の会に入会しちゃいました。
個人だと2000円、家族会員なら1家族3000円ということなので家族でw

常設の展示は、友の会会員ならば1年間は何度見に行っても無料。
特別展も650円で見学出来ます。

図書館に行ったらちょっと足を延ばして博物館。
癖になりそうだな~。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猫・ねこ・ネコ | トップ | 仙台青葉祭り すずめ踊り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。