バリウム日記 がんの早期発見をめざして
おもに胃X線検査など医療に関する話題提供です。
 



こんにちは、すきくぴです。

今日はX線検査と内視鏡検査の精度比較についてお話します。

先週の日曜日に、とある学会でこの精度比較を発表しました。

細かいところはこの場では省きますが、胃がん発見率を見ますと、X線が約0.6%に対して内視鏡が約1.5%でした。

受診者の年齢や性別はX線と内視鏡にほとんど差がありませんでした。

胃がん発見率は2倍以上、内視鏡のほうがX線よりも高いです。

今年度から住民検診において、内視鏡検診が導入されました。

内視鏡検診の普及が望まれます。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 経鼻内視鏡に... 胃と腸 2017年... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。