高知の自然 Nature Column In Kochi

南四国で見かけた蛾をおもに紹介していましたが、現在更新を中止しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シンジュキノカワガ

2007年11月08日 11時12分32秒 | Weblog
ホームページ「南四国の蛾」の観察日誌でも紹介した美しいシンジュキノカワガ
開張80mm近くになる大型でヤガ科のキノカワガ亜科に属するが、どちらかというとヒトリガ科あたりではないかと思われるような特異な形態をしている。以前はヒトリガ科コケガ亜科に入れられていたようだ。
国内では1909年に熊本市で発見されて以来、北海道から九州まで広範囲で見つかっている迷蛾で中国から海を渡ってやってくるらしい。
私はこれが3度目の出会いだが、飛来したときはやはり心躍る嬉しさが込み上げてくる。
幼虫はニガキ科のニワウルシ(シンジュ)を食べる。
街路樹や公園に植えてあるので時には2次発生で多数見つかることもある。
四国では夏から秋にかけて毎年数頭は見つかっているが、人家と離れた場所で新鮮な個体が発見されることが多いのでこれ以外の植物も食べている可能性がある。
(撮影:仁淀川町 2007.11.4)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハマオモトを食べる蛾の蛹を比較 | トップ | キョウチクトウスズメの蛹 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
国産じゃないですね (カトカラおんつぁん)
2007-11-08 21:37:18
シンジュキノカワガの極彩色は、一見して日本のものとは思えませんね。よくもまあ、これだけけばけばしいというか絢爛豪華というか、すごい色づかいの蛾です。
シンジュは、こちらにもたくさんあります。幼虫が手に入るものなら、一回は飼ってみたいです。親がこれだけの面構えなら、幼虫もただものじゃないでしょう。こわいような気もしますが、飼って羽化させたら、どんなにきれいなのが目の前に現れるか、想像しただけで、わくわくしてきます。こういうのが身近に手に入るnabeさんが本当に羨ましいです。
すごい色です (nabe)
2007-11-09 10:32:07
本当にすごい派手な色合いですね。
できれば実物を見せてあげたいくらいです。
蝶屋にも人気があり、この蛾を専門に研究している方もいるほどです。
北海道でも見つかっているので、気をつけていればそちらでも発見できるかもしれませんよ。
見つかるチャンスはやはり西日本の方が多いと思いますが・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL