夢職で 高貴高齢者の 叫び

 ドクにもクスリにもならないブログ            

男の料理教室で 巻き寿司を 作った

2016年10月16日 | 俺の料理

 

男の料理教室 巻き寿司

 

男の料理教室で巻き寿司を作った。

具材は先生が用意してくれた。

酢飯も先生が作って持ってきた。

だから、生徒は、ただ、海苔で巻くだけだ。

海苔に酢飯を広げた。

それから、玉子、マグロなどの具材を細長く並べた。わさびを薄くぬった。

巻き簾で巻いた。

しかし、俺の巻き寿司は、海苔1枚では巻けない。

海苔が足りなくて酢飯がはみ出している。

具材もはみ出ている。

これでは食べられない。

よくばって、酢飯や具材を入れすぎたからだ。

海苔を追加して巻いた。

あとで分かったことだが、包丁で切るとき、2枚重なったところが、うまく切れないのだ。

重ねて巻いたところが、いびつになった。丸くならないのだ。

だから、欲張らずに海苔一枚で巻けるようにしなければならない。

俺は一つ利口になった。

今度作るときは欲張らないようにしよう。

 

納豆巻きを作った。

納豆の他にキュウリ、ハムなどを入れた。

そして巻き簾でしっかりと巻いた。

力を入れて巻いたら、両端から納豆がはみ出してこぼれた。

キュウリやハムなどは、はみ出ても問題ないが、納豆は別だ。

ベトベトした納豆のつぶつぶが、巻き簾にくっついてしまった。

あとしまつが悪い。

一口サイズに切ってお皿に並べた。

なんと、不ぞろいなことよ。

太かったり、細かったり、いびつだったり、海苔がはがれていたりして、かっこう悪い。

決しておいしそうには見えない。

いびつな寿司を見ていると、食欲がわかないなあ。

しかたなく、一つ二つばかり食べてみた。

あとは食べる気がしない。

残りはどうしようか。

 

そこで、ひらめいた。

そうだ、家へ持って帰ろう。

女房の土産にしよう。

女房に食べてもらおう。

 2016-09-24

 ==============================

       若者から若者への手紙 1945←2015

http://blog.goo.ne.jp/suketsune/e/ceef896163416f19ee818ef8e5f8a69a

1年前のブログです

 

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古布めぐり・押絵羽子板 | トップ | カフェで 時間つぶし »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは~ (ちやこ)
2016-10-16 16:36:56
巻きずし  作ろうと 思う 姿勢に 感動

めげずに 続けて 作る 意欲に 感動 

考えるに、 具を 入れ過ぎで゛す。

全部、具 入れなくて 種類 多くしたら

良いと 思いますよ(笑) 

奥様に お土産 ですか~

奥様 喜ばれる 事とでしょう

女房に 寿司の 土産 (高貴高齢者)
2016-10-16 17:12:09
ちやこさんへ
巻き寿司は 失敗。 いびつな寿司を 眺めていると 食べたい気持ちが 起こらない。
食欲 ないから、女房 に食 べてもらいました。
女房は仕方なく 食べたでしょう。
確かに度目では? (chidori)
2016-10-17 23:26:12
巻きずしはむつかしいですよ。昔は作りましたが、今は手軽に買えるので作りません。えらいなー。奥様はきっと愛情たっぷり具たっぷりに感動したはずです。
顔にも口にも出さないのができた女房です。おべんちゃらでほめるよりいいですよ。久しぶり男の料理が放送できます。ありがとうございました。
これでも上達 (高貴高齢者)
2016-10-18 13:19:27
ちどりさんへ

初めて巻き寿司を作ったときは、酢飯が均等でないため、

蛇が卵を飲んだような寿司でした。今回はちょっと上達。

コメントを投稿

あわせて読む