夢職で 高貴高齢者の 叫び

          

押し絵 揚巻と助六

2016年09月15日 | 俺の女房は- - -

 

女房は歌舞伎に夢中だ。

銀座へ出かけて歌舞伎を観るのが好きだった。

しかし、今は年金生活。

銀座へ出かけるには出費が大変。

だから、年に一度、地方巡業の宇都宮公演に出かけるくらいになった。

様式美の集大成である歌舞伎は何もかも好きなのだそうだ。

好きが高じて歌舞伎役者を押し絵にして、羽子板を作ると言い出した。

電車でお師匠さんの所へ月に2回通い始めて、もう10か月にもなる。

花魁・揚巻(あげまき)の衣装やかんざしなどのパーツを作り、それを組み合わせていく。

かんざしは一本一本厚手の紙に綿をのせ、「絵絹」という布でくるみ、色をつけて作っている。

そして立体的に組み合わせる。

髪の毛は、すが糸で整えている。

伊達男・助六の刀の柄に、小柄を組み込むまで凝っているのだ。

細かな仕事で肩が凝ると言いながらも、押し絵の材料だらけの机で作業している。

役者の顔は難しいので、お師匠さんに描いていただいたそうだ。

女房が押し絵教室に出かけると俺は一人で昼食。

 女房が助六の押し絵を作る。

俺は助六寿司を食べる。

 

押し絵が八割ほど出来た。

これを羽子板に張り付けて出来上がりという。

俺は、カメラでパチリ。


豪華な衣装を着た揚巻


尺八を背負い刀を握る助六

 

助六寿司の語源(語源由来辞典より)

http://gogen-allguide.com/su/sukeroku.html

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ギックリ腰の歩行訓練中に歌... | トップ | パンの缶詰 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今晩は (ちやこ)
2016-09-15 22:27:39
押絵 中々の 出来栄えです。...

私も、趣味で  作りました。今は クロス 刺繍
一段落で
 何もして居ないですが、
 又 押絵 作りたくなりました。 私は 歌舞伎
ノ押絵  はしてなくて 
 作って 見たいです。。。。
  
  
凄ーい奥様 (chidori)
2016-09-15 22:43:54
何時もすけつねさんの報告でどうやら相当な方らしいとは推測してい居りました。そして今日もいつぞやの卓球の監督の話で愉しませていただきましたが、いよいよ出ましたね。大御所で居られるという事実が。あなた様が恐れおののいているのがよくわかりました。いつでも鹿児島にいらしてください。奥さまの作品を持って。てんがらもんで皆さんに見て頂きましょう。
ちやこさんへ (高貴高齢者こと すけつね)
2016-09-17 09:09:09
女房は羽子板作りに夢中。次は何に夢中になるのかなあ。クロス刺繍かなあ。
俺のことは頭にないと思うけど、ご飯だけでも作ってくれれば、まあいいや。
ちどりさんへ (高貴高齢者こと すけつね)
2016-09-17 09:20:28
てんがらもんで、卓球で部長にしごかれた放送を聞きました。
女房にも聞かせました。せめてもの抵抗です。
えっ奥様も聞かれたのですか? (chidori)
2016-09-19 19:40:51
これから私に圧力がかかる様なことはないでしょうか?いや私にはできないけれどすけつね様にです。心配で夜も眠れません。大丈夫今日昼寝しましたので。

コメントを投稿

俺の女房は- - -」カテゴリの最新記事