夢職で 高貴高齢者の 叫び

          

豚肉ソテーサラダ仕立て

2017年05月11日 | 俺の料理

 俺の料理はフランス料理だ

  豚肉ソテーサラダ仕立て

 

 男の料理教室で、《豚肉のソテーサラダ仕立て》を習ったので、家で作ってみることにした。

まず、フライパンをガスレンジにかけて、油をひいた。

フライパンが暖まるまでの時間に、豚肉のまわりの筋切りをすれば、効率よく料理が出来ると考えたからだ。 

作業中に、ガスレンジが《ピピピピピピ》 と鳴り出して、ガスが止まった。

からだき防止のため、自動的にガスが止まったのだ。

俺は、ピピピピピピの音に驚いてしまった。

男の料理教室では、豚肉は完全に焼かずに、80%ほどに焼くと良いと教わった。

表側を3分間、裏側を2分間焼くと、80%の焼き方が出来るそうである。

俺はタイマーを見ながら、3分、2分と豚肉を返して焼いた。

それから、アルミ箔に包んで蒸した。

こうすることで、肉の中が柔らかく焼けるそうだ。

蒸している間にソースを作った。

粒マスタード、ハニー、マヨネーズを混ぜて作った。

味見をしたらよく出来ている。

ソースを皿にひいて、カットした豚肉を並べた。

これに、ベビーリーフを添えた。

黒コショウ、レモン、エキストラバージンオリーブオイルなどの調味料をかけた。

パルメザンチーズはスーパーで探したが見つからなかったので、かけなかった。

俺にもフランス料理が出来たのでうれしかった。

おれは《豚肉ソテーサラダ仕立て》 というフランス料理をテーブルに置いた。

 女房は瀬戸物の茶碗にご飯、うるし塗りのお椀に味噌汁をよそった。

茶碗やお椀は、フランス料理に合わないうつわだ。

ご飯と言わずに、ライスと言ってお皿に、味噌汁は、ミソスープと言って深皿に入れれば、すべてがフランス料理になるのだが、うつわのことは我慢することにしよう。

ナイフ、フォーク、スプーンはない。

女房が用意したのは、お箸だけだ。

これもムードがないけど、我慢だ、我慢だ。

 さあ、食べることにしよう。

その前に乾杯だ。

アルコールはフランス流にワインでやろう。

「乾杯!」とグラスを合わせる。

料理の色合いが良くないような気がするが、豚肉を一つ、口に入れた。

   固い!   まずい! 

 俺は科学者のように、冷静に原因を追究する。

第一の原因は、ピピピピピピの警告音がなったとき、俺は驚いて、豚肉に塩コショウをするのを忘れてしまったのだ。

だから、まぬけな味になってしまったのだ。

第二の原因は、料理教室の先生が、80%の焼き方は、表側を3分、裏側は2分と教えてくれたのは、公民館のガスレンジの場合のことなのだ。

我が家のレンジは火力が強いから、焼きすぎて固くなってしまったのだ。

一生懸命がんばって作ったフランス料理だ。

失敗してしまった。 残念だ。

 

 俺はワインを飲む。

ワインは悲しい酒になった。

俺はまた、グラスにワインをそそいだ。

  女房は「飲みすぎるから、止めなさい!止めなさい」との、ご意見だ。

 しかし、

  ♪ ワイン飲まずに居られるものですか。♪♪♪

  ♪ ちょっとやそっとのご意見なんぞで、ワイン止められましょうか。♪♪♪ 

 

 

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 若葉の作曲家 平岡均之 | トップ | 昭和20年代?の発動機 (黒... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うふふ 頑張りましたね (non)
2017-05-11 18:25:42
フランス料理
とっても美味しそうですよ~
ワイングラスを合わせるお二人の幸せな姿が
フランス人に見えてきました.
次回も期待しています。
オフランス 料理 (ちやこ)
2017-05-11 19:10:15
 とても 手慣れた オフフランス 料理 でしたのに
残念でしたね~

焼く前に 塩、 コショウ  して置い👍も 良いですよ

失敗わ  成功の 元ですから~

付け合わせ 彩りも 考えられたら 如何でしょうかー

トマト、 とか  ブロツコリー 等で―

失礼 いたしました~    
早速実践したのにーーー (chidori)
2017-05-11 21:13:14
でもこう来なくちゃあ、てんがらもんはお待ちしていました。来週またよろしくお願いいたしますね。
でも本当は少しはおいしかったのでしょう?
料理評論家の奥様のコメントが聞きたかったです。
nonさんへ (すけつね)
2017-05-12 18:07:41
乾杯するまでは、女房も機嫌がよかったけれど、食べた後は-------

美味しければ、ワインを何杯飲んでも、止めなさいと言われなかったと思うよ。

俺はヤットン節で対抗!
ちやこさんへ (すけつね)
2017-05-12 18:13:35
 出来た フランス料理を 見たら、彩りが 良くない。

ミニトマトなどで 赤色が 欲しかったなあ。

肉の 色は まるで ダメ。

今度は 彩りも 考えようと 思います。
チドリさんへ (すけつね)
2017-05-12 18:17:01
女房の評論は、口では言わずとも、ワインをやめさせようとする態度でわかりますよ。

俺はワインを飲みたいから、ヤットン節で対抗。
いつもながら楽しませて頂いてます (tiburonta)
2017-05-13 20:13:36
軽妙な文章と言い、食べてみたくなる料理と言いいつも感心させられます。学校に通う勇気も・・・分けて欲しいぐらいです。大いに読ませてください。
tiburontaさんへ (すけつね)
2017-05-13 20:31:18
《男子厨房へ入るべからず》

この尊い教えを守りたいのですが、女房がいつ食事作り

をやめるかも知れないので、止むを得ず料理教室です。

男はつらいよ。

コメントを投稿

俺の料理」カテゴリの最新記事