古文書を読もう!「水前寺古文書の会」は熊本新老人の会のサークルとして開設、『東海道中膝栗毛』など版本を読んでいます。

これから古文書に挑戦したい方のための読み合わせ会です。また独学希望の方にはメール会員制度もあります。初心者向け教室です。

迦南俳句を読む 4   横井迦南句集より

2017-04-20 12:12:31 | 横井迦南

写生自在 2

① 夜濯や昔は虎が来たといふ     迦 南

② マンゴーは芳ばし海はまこと紺     〃

③ 楼門は腐ちゆくまま昼の虫       〃

④ こゝよりは朝鮮町や秋つばめ      〃

⑤ 婢の里はこのあたりとか山桜      〃

⑥ 初七日はうちわばかりの豆御飯    〃

⑦ うしろには球磨の大橋梅の宿      〃

⑧ 稲妻は衰へ月は雲を出で         〃

⑨ 郭公や寺のうしろは岩襖         〃

                           解説の便のために句頭に番号を振りました。

係り助詞「は」を取り込んだ句は句集中にこの9句しかありません。俳句は

「て、に、は」の使い方1つで佳句にもなれば凡句にもなるので、作句の時

はそこに最も苦心するのです。①は「は」によって意味の上でも、これ以

にはないですね。②⑧は「~は~は」という畳句の叙法で句に躍動感を与え

ています。④⑤⑦も「は」 は動かないですね。

ところが③⑥⑨の場合は「の」と置いても意味は通じます。私などはついつ

い「の」と置いてしまいそうです。

修行時代はずいぶん「の」と添削されたものですから、俳句は格助詞「の」を

多用するものという観念がこびりついています。

そういう意味で迦南句集は私の「てには」を正してくれる有難い参考書なの

です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 迦南俳句を読む 3   横井... | トップ | 鶴亀句会 4月例会  2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。