古文書を読もう!「水前寺古文書の会」は熊本新老人の会のサークルとして開設、『東海道中膝栗毛』など版本を読んでいます。

これから古文書に挑戦したい方のための読み合わせ会です。また独学希望の方にはメール会員制度もあります。初心者向け教室です。

たはれ島

2016-11-05 20:34:46 | 日記

 清少納言の「枕草紙」第193段に「島は八十島、浮島、たはれ島、ゑ島、松が浦島、豊浦の島、まがきの島」とあり、この段はこれだけの短い記述ですが、その3番目にある「たはれ島」が写真の島です。

 秋晴れの好天に恵まれたのでカメラを持ってマイカーで出かけました。宇土市住吉町がその所在地で、我が家から50分くらいで行けます。ちょうど満潮に行き合い良い写真が撮れました。

 島と云うよりこれは小岩礁ですね。こんな所を京都にいた清少納言がよくも知っていたものだと思いますが、父君の清原元輔が国司として肥後国に赴任していた事実とを考え合わせると、そこに接点があるように思われます。

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 熊本平野の秋 川尻護藤地区 | トップ | 菊に蝶 菊池市菊祭り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。