古文書を読もう!「水前寺古文書の会」は熊本新老人の会のサークルとして開設、『東海道中膝栗毛』など版本を読んでいます。

これから古文書に挑戦したい方のための読み合わせ会です。また独学希望の方にはメール会員制度もあります。初心者向け教室です。

迦南俳句を読む 3   横井迦南句集より

2017-04-18 21:34:02 | 横井迦南

写生自在 1

建て増して軒端の梅となりにけり     迦 南

道々に戦果のラジオ初詣           〃

春雷や主人の座なる熊の皮         〃

▽ 建て増しての句、こういう何でもないような句材は、ついつい見落とし

てしまい勝ちですが、詠まれてみるとなかなか面白いですね。こちらの

闊さを思い知らされたような、そんな心持ちがします。朝鮮での自宅

増築時の詠句とすれば昭和12年の作。

▽ 道々にの句、これは昭和17年正月の句。前年12月8日に米英に対し

宣戦布告をして日本軍が破竹の勢いを示していた時期。萬歳、

の声が聞こえてくるようですね。この時迦南は朝鮮を引き払って鹿児

島市に住居を移していたしていたので、このラジオ放送は鹿児島で

もの。戦意高揚の句と言えぬこともないのですが、今となってみれば資

料的価値で評価できます。

▽ 春雷やの句、こういうのは春雷と熊の皮との取り合わせが巧くかみ合っ   

ているかどうかで評価がきまります。春雷というのは吃驚りするような

を出すこともありますが、大抵は1,2回で終わり、もっと鳴って欲し

いと耳をすましたりもするもので、夏の本格的な雷に比べると優美と

言っよいらいのものです。ですからここへ虎の皮などを持って来る

と、雷の優美の間に乖離を生じて失敗作となり、熊の皮くらいで

ぴったりと調和するのです。また、狐や狸では春雷に対して位負けであ

るのと同時にの貫禄落としてしまいます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 迦南俳句を読む 2    横... | トップ | 迦南俳句を読む 4   横井... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。