ヤサシイヒカリ

藤木直人ファン歴10年目になります。
藤木君話、おやこ劇場話、あと日常の事、思う事等々
呟いてみたいと思います。

7月の運営委員会

2017年07月14日 14時35分06秒 | おやこ劇場
今週の水曜日7月12日(水)大垣おやこ劇場の7月の運営委員会が行われました。

                   

会議のお伴は、おとな部長Oさんご持参の柿の種です(笑)

先週土曜日に行われた全体会こちらでの決定事項や提案事項について、柿の種を頬張りつつ話し合いました。

事務局のHさんがお子さんのお迎え時間までに帰らなくてはならないので、Hさん担当の45周年記念事業をどう取り組むかについての議題を最初に話し合い。12月に行う全年齢例会の時と、劇場では長いお付き合いとなる、人形劇団ひぽぽたあむ代表の永野むつみさんこちらのワークショップの時と、できるだけすべての年齢の会員さんが参加できるような記念事業にしていく事や、理事、事務局の担当者だけでは実現が大変なので、運営メンバーや、他の会員さんからもフォローメンバーを募っていく事を決めました。

今年度一番の悩みの種である、例会予算の削減とそれに伴う例会の持ち方の変更事項については、一番時間を費やして話し合いました。
財政基礎数を下回っている会員数をどうやって増やしていくか、これについてはここ数年会議が行われるたびに大きな課題として立ちふさがっている状態なのですが…。
チケット販売を行う地域例会を実践したり、自主活動を通じてのお誘い、子育てサロンなどでのアピールキャラバン等々、幼児部を中心にあらゆる方法で頑張っているのですが、それぞれその当日の参加率はとても盛況なのに、新入会にはつながらないと言う厳しい現実の壁はなかなか超えることは難しいようです。

時々、ネットでは、おやこ劇場=政治団体とか宗教とかと言う間違った情報が行き来しているようですが(怒&涙)、wikiにもあるように決して怪しげな団体ではありません。強引な勧誘なども行ってはいないのが基本姿勢でもあります。
改めてここでも、そのあたりははっきりと明言します!!
こういった事があるだけに、誤解やほかの方へのご迷惑にならないようにお誘いするのは、やはり苦労が伴います。
また、劇場の存在そのものの知名度もまだ低いのかな?とも思われて、私個人の考えですがテレビCMを作ってオンエアしたほどです(笑)
新たなアピール方法やお誘いの方法を模索していったんですが、考えが浮かぶことはもうすでに実践しているんだよね~と思わずため息が出そうに…。
これまでの取り組みを、長くじっくりと継続していく事が、今考えられるベストな方法なのかも…この日はこう言う結論に達しました。

もし、他のおやこ劇場や子ども劇場の会員さんや事務局の方が読まれることがありましたら、どのように課題を解決していらしゃるかお聞きしたいほどです。

ため息続きの会議になりそうで、でもしっかりと楽しい話題やこれからの企画の確認や打ち合わせも忘れずに…。
大忙しの夏は、もう始まっておりますから~(笑)頑張ろっと☆


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お声更新~♪ | トップ | こんなところにお名前が…6 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。