ヤサシイヒカリ

藤木直人ファン歴10年目になります。
藤木君話、おやこ劇場話、あと日常の事、思う事等々
呟いてみたいと思います。

最終回終わりました。

2017年06月14日 23時28分21秒 | 直人ドラマ
とうとう、終わりましたね。
時間延長はなかったけど、時間の事は全く気にならず。

柏崎家の人達、木野さん、なう先輩、西原家の人達、それぞれに未来を見据えて次に進むことが出来ましたね。
最後に、なう先輩の姿が見られて嬉しかったです。ちょっと見ないうちに大人っぽくなったような…あは、母目線になっちゃいました(笑)
そう、幸せになって貰いたいです!
苦労したり、悲しい思いをしたぶん、素敵な人と素敵な家庭を築いてくれると良いな。

やっと婚姻届も提出に~。里恵さん聞き間違いは大丈夫ですので、どうか落ち着いて下さいませ(笑)

ただ…、ここまで来て麻子の行く先には曇り空が…さすがにもう彼女が辛い思いをするのは見たくなかったです。
やっと自分の心に向き合って、これからが本当の人生のやり直しができるはずなのに。
今はカウンセリングを受けていて、以前とは違って支援してくれる人や機関もあるとは思うけど…麻子にも、ささやかな光がさして欲しいと願っていた気持ちだったので、それこそモヤモヤした思いが残ってしまいました。

それに、麻子が自分と向き合って、広との生活のいびつさを自覚するところは、もう少ししっかり見たかったですね。
カウンセリングのシーンだけでなく…そして、木野さんへの手紙に書かれていた思いは、本当は結衣に告げるべきだったとも思いました。
そうすれば、もう少し歩み寄ることが、もしかしたら出来たのかも。

たぶん、みんなの感想等では賛否両論になるのだろうな~と思いますが、それでも縁側で仲良くうたた寝する父と息子、叩き起こす母の一喝が小気味良い、当たり前の家庭の姿を見て幸せな気持ちになれた最終回に素直に拍手したいと思いました。

感想はまた改めて~。雑音は気にせずに(爆)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 番宣チェック@エリカさんその2 | トップ | それは突然やってきた2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。