Native of Ehime

最近、自然も人間も少し変。自分のできることからやってみようか。

新宮あじさいまつり

2017-06-25 12:23:37 | 花、紅葉など
昨日、四国中央市の新宮に、あじさいを見に行った。

今日は、雨が降りそうだったからだ。

その前に切山のGBCキリヤマベースに寄る。

チョコレートと焼き菓子を買った。








新宮に行くと売店も出ていて、車も多かった。

立派な竹の杖を置いてくれているところが何箇所もある。

有り難く使わせてもらう。





登るのがきついので、モノレールに乗ることにした。

勾配が急なので、スピードもゆっくりだが、景色も楽しめる。







地元の方が、下りの方がスリルがあっていいと言っていたが、確かに凄そうだ。




花はいつもより少な目だった。

でも、景色のいいところを探して、楽しむ。





















眺めのいいところでうどんを食べる。

山菜うどんだ。




さすが、お茶がおいしい。




一番上の方にある売店で買って帰る。




農薬、化学肥料不使用だ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨

2017-06-18 22:16:08 | その他
だいぶん、ブログの間隔が空いてしまいました。

公私ともに忙しくて、あまり出歩けませんでした。


ところで、今年、四国は6月7日に梅雨入りしたけど、それからは、いい天気が続きますね。

ちょうど7日の雨上がりに不思議な雲が出ていたので、写真を撮っていました。


買い物に行っていた時、見慣れぬ光景に気が付いた。

でも、タイミングが悪くて、いい時は撮り逃した。

写真を撮る5分前くらいは、白い雲とその下に霧のような2層の雲が山全体にかかっていた。

上の白い雲の層が少なくなったけど、平地であまり見ない光景は撮れた。















雲はどんどん形を変えてゆき、ほんの短い間に空へ昇って行った。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バラ祭りよしうみ2017

2017-05-21 23:17:01 | 花、紅葉など
家のバラが咲き始めたのを見ていると、うずうずしてきたので、大島のよしうみバラ公園に行ってみた。

車が多く、大島南ICの渋滞が本線まで続いていた。

連休でないけど他県ナンバーの車が多い。

駐車場は広いので大丈夫だった。

バラは満開だ。




これで無料は素晴らしい。










原種に近いようなバラが結構多い。




赤いバラのアーチが美しく、みんなが交代で写真を撮っていた。

バラを思いっきり楽しむことができて、大満足だ。







売店がたくさん出ていて、昼前で少しおなかが減ったので買おうかと探していると、地元の方が売っているような店があった。

タコめしにしようかと思ったけど、サザエめしにしてみる。




ところがこれが凄くおいしかった。

感動して、食べた後また行って、お土産に買って帰った。



亀老山展望公園に行く途中、高龍寺という看板に気が付いて、速攻進路変更。

久々の「龍を探せ」だ。

村上水軍ゆかりの寺院らしい。




ありました。




天井絵も上品だ。





亀老山展望公園は初めてだったが、絶景ですね。




大島と来島海峡大橋の素晴らしさを感じることができた。



2時過ぎで、結構遅くなっていたけど、気になっていた波止浜の松製麺所に行ってみる。

なんと、まだ短い行列があった。




だしは上品すぎない、いりこを感じ、麺は適度のコシで弾力が心地よく、男前のうどんだった。




大盛りにしたけど、結構量が多かった。

その後、タオル工場のタオル大即売会に行って、今治タオルを買い込んだ。


今日は、今治を満喫した。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高知で癒やされる

2017-05-08 23:54:24 | 特に心と体にいいこと
ゴールデンウィーク最後の土日で、高知市に行った。

NPO法人高知緩和ケア協会と高知県が主催する「がんに向き合ういのちを支える ~あなたの希望は何ですか?~」の講演を聴くためだ。

近場だが久しぶりの旅行なので、高速を使わず、ゆっくりと下道を行く。

大渡ダム大橋の鮮やかな赤に驚いてUターン。




高知で有名な越知町の自由軒本店に初めて行き、昼ご飯。

私が五目みそラーメン。




嫁さんはしょうゆラーメン。





五台山に直行し、展望台へ。




牧野植物園は本当に久しぶりだが、施設と五台山の自然が一体となっている。




珍しい植物がいたる所にある。

これは、中国四川省や雲南省に分布するハンカチノキらしい。




ヘントウ。




いつも食べているアーモンドだ。


これは、アヘンが取れるケシの花。




許可を得て、栽培しているらしい。



泊まりは、ご縁のある高知ユースホステル。

ユースと言っても、和風で落ち着いた雰囲気のいい感じなのだ。







以前、酒の関係の仕事をされていた方が経営されているので、ユースホステルなのに「酒の国共和国」と名乗ってる。

高知県の地酒がずらり。




高知のおいしいものを食べに行く前に、練習は欠かせない。




500円で3種類のお酒を飲むことができる。


そして、予約していた「ゆう喜屋」。

地酒の種類が豊富な店を選んでおいた。

清水さばの刺身。




連休中なので心配していたが、こりこりしていた。

かつをタタキ。




魚の皮と肝をポン酢で和えた珍味。




高知城のお堀がきれいだった。




次の日が本番だ。

高知市文化プラザかるぽーとの小ホールは、お医者さんもがん患者もいたが、看護師さんが多かったようだ。

寺山心一翁さんの基調講演はチェロから始まった。




数年ぶりに講演を聴かせていただいたが、心が癒やされた。

終わった後、久しぶりのハグで懐かしい暖かさを感じ、昔の記憶がよみがえる。

嫁さんにカメラを渡していたら、ベストショットを撮ってくれていた。




これから、また、無理せぬよう頑張れると思った。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寺山心一翁

2017-05-06 01:12:42 | 特に心と体にいいこと
明日、高知市で講演会がある。

寺山心一翁さんの「がんが癒された体験」だ。

16年前、がんと闘い始めたとき、松山ユースホステルで初めてお会いした。

お話を聞き、いろいろなゲーム等を通して、人を信じることを学び、これまで当たり前だったことと少し違う価値観を教えてもらった。

そして、奏でるチェロに心が震えた。

アンドルー・ワイル博士の『癒す心・治る力』は何度も何度も読み込んでいるが、がんが完治した症例として心さんのがん治癒を取り上げている。



平成21年、がんを再発した時、延命のための抗がん剤治療を途中でやめ、秋田県の玉川温泉へ湯治に行き、別な方法での生還を目指した。

心が折れそうだったので、温泉から帰ってすぐ12月に長野県であった心さんのワークショップに参加し、心が癒やされた。

覚悟を決め、激烈なお灸や食事療法等で、完治のための闘いを開始した。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加