村の水車番

水車小屋のおじさんは見た?  山村のくらしは、今日も快調!

最後の秋

2011年09月30日 | Weblog
入間水車の会で作っている、古代米の熟れ具合を確かめに行った、
古代米(種子島黒米)は、生稲の状態でも脱粒がひどい・・あまり熟すと立ったままの状態でも脱粒してしまうからだ・・

程よい熟れ具合だった・・・
今度天気になったら、会員動員で稲刈り脱穀である・・・

すいしゃの会も、今年度限りで解散する事になっているので、古代米栽培も今年が最後である・・
先日も松江市のご夫人から、今年の古代米の注文があった、
栽培は今年限りの予定だとお知らせしたら・・・倍数の注文をいただいた、
掛合産直市で販売していたが、結構愛されていたようである・・・

栽培の動機は、地元の産物として、特色のあるものを作って見よう・・・
田舎レストランなどのメニューの中に取り入れたら・・・一味違ったものが提供できるのではないだろうか・・・?と言った単純なものだったが・・・

産直市に出して見ると、意外と、町外、県外の人によく売れたようである・・・
一反ちょっとの栽培で収穫できた、300キロばかりの黒米は、一年間で完売していた、
500グラム、500円の売値なので、単純に計算すると年間30万円の収入である・・・
会の運営費にはありがたかった・・・

乾燥機から始まって古代米専用の農機具はすべてそろえている・・・今迄買っていただいていたお客さんのためにと、継続して作っていただける人を探した、
吉田町にある、村の産物を売りにしている会社に、道具一式、種子、栽培ノウハウを含めて当たって見たが・・・やはり  こんなちまちまとした古代米栽培は魅力が無かったらしい・・・
断られた・・・

村の少ない若者は忙しい・・・村の年寄りは・・高齢化して来た・・
少子高齢化最前線の山村に、小さな夢を・・・・
と思って始めた古代米栽培だったが・・・・・現実は・・・・甘くない・・・

熟れた古代米は、入間地区での最後の秋も知らないで・・・刈り取りを待っている、

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

喜びの占有

2011年09月29日 | Weblog
中古農機の展示場の様なわが家の納屋で、乾燥、籾すりを始めた・・
近頃は、個々で乾燥籾すりをする農家は少なくなった・・・
専業化した方が効率が良いからである・・・

しかし・・コメ作りでの一番の喜びは、籾すり作業にある・・・
出来秋を直に目で実感できるからだ・・・
籾すり機から飛び出す、艶のある、少し青味ががった透明のコメ粒を見るとき・・・
春からのコメ作りに掛かった作業の疲れも吹き飛んでしまう・・・

こんな感動を他人に委ねることは無い・・・
近頃は、収穫の感動も、効率を理由に人の委ねてしまうことから・・・・
中山間地域の農業に幾ら補助金をつぎ込んでも・・・衰退するばかりである・・

家内が手伝おうとする籾すり作業だが・・・何しろわが家の農機具は・・
貰いものから、捨てられたものを修理して使っているので、作業体系も何も考えなしに集めたものである・・・大きさも大小様々だ・・・従って人間の動き回る空間が極端に少ない・・
怪我でもされたら大変なので・・やんわりと断っている・・・

わが家の収穫の喜びは・・何時も私一人の占有である
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シルバー割引

2011年09月28日 | Weblog
歳取ってくると・・日常の生活でもそうそう腹の立つことは少なくなってくる・・・

今日は、その少ない腹立ちで、頭がいっぱいになった・・・
まずは、自分に腹が立つ、法律に腹が立つ、相手の警察官に腹が立つ、道路管理者の国交省に腹が立つ、狭い国土に住むことに腹が立つ、世の中の全ての事に腹が立つ・・・

やり場のない腹立ちが収まるのは・・・・何もかもあきらめて、、夕餉の晩酌にありついたときである・・・

入院している姉の見舞いからの帰りに・・木次のチェリバへ立ち寄る用事があった、
普段はほとんど通ったことの無い、土手の道を下に降りたとたんに・・・
呼び止められた・・・・

「貴方は止まりましたか? 確かにスピードを緩められたのは確認しましたが、タイヤは回っていました・・・一時停止違反です・・・」

こんなところで待ち伏せしての違反摘発などするな・・・
前後左右を見ても、一台の車も走ってはいないではないか・・・
第一、三叉路のもう一方の道路は、見通しがよく、こんなところに一時停止の標識があるなんて・・・他所ものには分かりずらい・・・・反則金徴収のための標識の様なものである・・・・

わが身の至らなさが悔やまれる分・・・心の中では思いきりの罵詈雑言を唱えていた・・・
若い2人の警察官の慇懃な物腰が余計に腹だたしい・・・

まあ仕方がない・・理不尽な治安維持法や・・不敬罪、姦通罪で罪人になった昭和初期の善良な庶民の事を思えば・・・・
徳川綱吉治世下での庶民が野良イヌを追っ払ったぐらいで罪人になったことを思えば・・・

丁寧な物腰の警察官の応対に対しても・・・罪を認めざるを得ないが・・・・
7,000円の反則金は、無職老人には痛い・・・
反則金にはシルバー割引制度でも無いものだろうか・・・?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

山村の未来図

2011年09月27日 | Weblog
秋晴れが続いているが・・・2~3日したら雨になる予報である・・・
少し早いと思ったが、わが家の稲はでの脱穀をすることにした、

昼からは、家内も勤め先を休んで手伝ってくれた・・・
例年のパターンだが・・・

夕方まで、目一杯掛かってしまった・・・
「今年は出来がいいからかしら・・・」 と家内の弁である・・・
確かに、昨年よりハデに掛けた時の稲束の量は多い・・・・
多少は、脱穀した籾の量も多いが・・・・

それだけが、脱穀に時間がかかった事の原因ではない・・・
もっと、大きな原因があった・・・

私たちの老齢化だ・・・

何時もなら、私も一張りのハデなら、休まずに一気にこぎ終っているところだが・・・
今年は・・・幾度となく休憩を取った・・・
その都度・・・お茶に梅干し・・甘味の駄菓子・・・時間もたっぷりと取る・・・
それでも疲れる・・・息切れと汗で我慢がならない・・・・

来年からは・・・2日掛かりでの脱穀を考えようと思っている・・・

山村の高齢化は、環境でも生産でも体力が必要な分、都会地の高齢化社会より深刻である、 もうひとつ深刻なのは・・・
少子高齢化社会の山村の未来図が誰にも描かれないことである・・・・

不安とあきらめの中で・・・今日も川向うの独り住まいのおばあさんは・・・歌を口ずさみながら散歩から帰って来られた、
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

原発で町おこし・・・

2011年09月26日 | Weblog
中国電力が、原発建設を進めている、山口県、上関町の町長選の結果が新聞に出ていた・・・
福島原発の事故を踏まえての、原発推進派候補と反対派候補の得票結果は、同じ中国地方で原発立地を抱える、島根県民として、興味があった・・・

結果は大差で推進派候補の大勝だった・・・・

世の中、国民の意識はこんなものだろう・・?
直接に、被害者とならない限り・・・福島原発事故で学ぶことは・・・無い!

「死の街」発言や「放射能すりすり行為」であれだけ反発を示す国民の意識の底には・・・
喉元過ぎれば熱さを忘れる・・無関心さがある・・・
堂に怡ぶ燕雀は後災を知らず・・・と・・中国の故事の通りだ。

中央新報のこだま欄に・・
「原発周辺地区での防災計画や訓練をいくら立派にこなしても、実際にそれが活かされる事態となったらなんの役にも立たない死の街・・・云々」と言った趣旨の意見があった、
その通りだ・・・

「死の街」を従容として受け止める気持ちがあるなら・・・原発も良いだろう・・・
放射能最終処理場も・・・わざわざモンゴルへ作ることは無い・・・
おらが街へ誘致して・・・優雅な生活を?楽しむことである

他国、周辺、子孫、地球に迷惑を掛けない気持ちがあってこそのはなしだが・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

変なおじさん

2011年09月25日 | Weblog
歳と共に、夜半、目が覚めることが多くなった・・・
そんな時には、本を読むことにしている・・
目が覚めても、ものの2~3ページを読むと・・・また眠気が来る・・・
従って、私は不眠になることは無い・・・起きたり眠くなったり・・が自在である・・

眠気用に、常に枕元には読み物を用意しておかなければならない・・
もっぱら、掛合の図書館で借りて帰っているが・・・近頃はどうしたことか、作者がキリスト教徒のものが多い・・・・
偶然の一致かもしれないが・・・ 遠藤周作、三浦綾子、少女っぽいが・・モンゴメリー・・・
わが家へは、毎週、エホバ信者の若夫婦が来るが・・その影響でも無い・・・
何処か、キリスト教信者の作品には、気障なようだが「人間愛」についての洞察が見え隠れしているような気がする、

この間聞いた話だが・・・
雲南市議会で質問者の「手短にお願いします・・云々」の手短・・が差別用語になるとのことで謝罪があったそうである・・・
手短・・が何故差別用語なのか・・わからない・・・
単純な日常語から、無理やり何かを連想させて、差別を助長させる目的のようである・・
兎角、重箱の隅をほじくり返すような言葉狩りが、さも正義の証のように唱える輩は多いが・・・本当の人間愛は・・・感じられない・・・

三浦綾子の小説「銃口」の中でも・・・
戦時中に教育勅語を読み間違えた校長先生の切腹の話が出ているが、形式、建て前重視の日本村社会の精神風土には辟易する・・・・

だが・・・歳取ってから「愛」を口にすると・・・どこか・・変人に思われそうである、
そうです・・・私は変なおじさんです、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本格的な秋

2011年09月24日 | Weblog
彼岸の中入りも過ぎた・・
「部屋のお花を替えて置いて・・・」   
と 家内から命じられても・・・・まさか・・仏壇の残りの小菊を活けるわけにもいかない・・
母屋の背戸に咲いていた、秋海棠を切ってきた・・・
わが家のシュウカイドウは、私の子供のころから家の背戸に繁茂している・・
適度な日陰がお好みらしい・・・

子どもの頃は、シュウカイドウの茎をおやつ代わりに齧りながら・・・その、酸っぱい味から少しは大人の世界を覗いたような気がしていた・・・
味の内でも、酸っぱさは・・・どこか大人の味がする・・・

水引草もそうだが・・・秋海棠の花は・・・いかにも秋にふさわしい花である・・・
朝夕の涼しさからも、いよいよ我が家の部屋にも秋が本格的に入りこんだ・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紫蘇の実

2011年09月23日 | Weblog
台風一過の秋晴れである・・・
今日は、紫蘇の実を採る・・・
台風のために適期にシソの実が採られないことにやきもきしていた・・・

紫蘇穂の採取の適期は、ほんの数日に限られている・・・
若すぎると、柔らかすぎて紫蘇穂独得のプチプチ感が無い。
遅いと、実が固くなり、プチプチ感どころか・・・・ごろごろする・・・
特に、入れ歯には、大敵だそうだ・・・

幸いに、私はまだ入れ歯が無い・・・・
小説、楢山節考のおりんおばあさんは、私と同年の69歳とある・信州の貧しい村の掟は、70歳になったら楢山にこもるのが習わしだったそうだ・・・
楢山へ籠る準備に、おりんおばあさんは、まだ欠けていない自分の健康な歯を、石臼の角に打ちつけて折ったそうである・・・
歳相応に、歯も悪くなるのが人並み・・・とすれば・・・
私は、人並みでは無い・・・おりんおばあさんと同じ思いである、

歳取ってから、あまり健康な歯は・・・どことなく引け目である・・・
「子どもの頃に漬けものばかりで育った子は、歯が丈夫だ・・」と田舎では言われていた・・
貧しかったわが家の生活を、そのまま実証している様で、子どもの頃には丈夫な歯があまり自慢できなかった・・・

入れ歯の心配の無い私は、紫蘇の実が好きだ・・・
甘辛く煮た紫蘇の実を熱々のご飯の上に掛けて食べる時・・・
高貴な香りに包まれた、紫蘇の実をプチプチと歯で噛み砕いてゆく時・・・・至福の感がする・・・

今年は、よい時期にシソの実が採れた、




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おろちの卵?

2011年09月22日 | Weblog
木次であった会合の帰りに、お菓子屋さんの前を通った・・・
なんの魔が差したのだろう・・・私は、その時、普段は思いもつかない行動を取った、

いつか、何かの雑誌で見たことのある、「おろちの卵」?と名づけられたお菓子の事を思い出した・・・「おろちの帽子」?だったかもしれない・・・
「家内へのお土産に買って帰ろう・・・・」

躊躇なく店内に入って、件のケーキを買った・・・

自分でも、どうしてケーキを買う気持ちが湧いて来たのかわからない・・・
時として、男は衝動的に行動を起こすように脳が命令する・・・

野生動物が、雌の関心を得るために、何くれとなく奉仕することと・・同じかもしれない?
最早、 雄雌の本能から遠ざかっていたように思っていたが・・・・
私の潜在的な本能の部分では・・まだまだ牡の機能が残っていたようである・・・

今日の会合が、「男女共同参画推進委員会」だったから・・・と考えると・・・
私は・・あまりに単純である・・・

家内がちょっぴり喜んでくれたことは・・・望外の幸いである、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハルマゲドン

2011年09月21日 | Weblog
わが家の稲ハデもどうやら台風に負けずと持ちこたえてくれた・・
道草台風も、速度を増して関東方面へ向かったようである・・

今日のテレビは、朝から台風情報に始終していた・・・
便利な世の中になったものである・・・原発事故と違って情報も正確である・・

恐ろしいことに違いは無いが、人間の作りだした得体のしれない放射能被害より、自然界の猛威は、どことなく納得の行く恐ろしさである・・・

それにしても、最近の台風は、何処か昔と違うような気がする・・・
雨の降り方でも、動きの複雑さでも一昔前の台風とは一味違う・・
これも、地球温暖化の影響だろうか・・・?

福島原発事故から、地球温暖化の問題がどこかに消えたような印象だが・・・静かに私たちの地球を蝕んできているようである・・・

放射能汚染で滅びるか、温暖化で滅びるか・・人口爆発、食料危機、海洋汚染などなど・・
地球は今、人間が原因の沢山の病巣を抱えている・・・

ハルマゲドン・・の時は近いか・・もしれない・・・?

わが家の稲ハデが、無事に台風をしのいでくれただけでも・・幸せを感じる・・
仏教徒の私は・・・ハルマゲドンは信じない・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加