村の水車番

水車小屋のおじさんは見た?  山村のくらしは、今日も快調!

分相応

2011年04月30日 | Weblog
念願の電動歯ブラシを買った・・・

念願の・・・とは大げさだ、
1ケ月前から歯周病の治療にO歯科医院に通って治療を受けているが・・・本格的な治療は最初の頃だけで、後は、歯磨きの講習の様なことが多い・・・
歯周病にかかるのは、歯の磨き方が悪かったせいらしい・・・
毎回、事前に自分では丁寧に磨いたつもりでも、歯科医院で検査用の色のついた薬を塗られると、磨き残りが何時も出てしまう・・・
自分なりに考えて見ると、私のブラシの動かし方が悪い様である、
電動歯ブラシなら、そこのところは解決できるかもしれない・・・と考えた・・・

電気屋で探してみたら・・・結構な値段がする、手動で出来るものをわざわざ電気まで使って歯を磨く事が、貧乏症の私にはもったいない気がしてあきらめていたが・・・・

あった・・・
家内と行った、ホームセンターで見かけた電動歯ブラシは安かった・・・
衝動買いで買ってしまった・・・

歯ブラシの動きが、少々乱暴だが値段から見たらこんなものだろう・・・・?

念願がかなった様な気がした・・・・・

乱暴に口の中で動き回る電動歯ブラシを・・・・分相応・・・と思って愛用している、

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

翁草

2011年04月29日 | Weblog
去年、出雲の花の郷で求めた翁草が花を付けた、
私の子供のころには、家の後ろのY家の墓地の芝に沢山の翁草が花を付けていたのに・・・
いつのころからか、姿が見えなくなった・・・

Y家の墓地の隣にあった我が家の墓も国道改修で移転する事になったので、翁草がだんだんと姿を消してゆく過程は良くわからなかった・・・・

絶滅危惧種と言われるようになってから、昔繁茂していた場所へ行って見た時には・・・
すでに、・・・それこそ絶滅していた・・・

家内と出雲の花の郷へ行った時に、ポット苗があったので買って帰った翁草である・・・
子どもの頃に見た翁草の生えていた場所と条件的には似通ったところを探して植えたのが良かったのか・・・

草むらの中から元気な芽を出していると思っていたら・・・・
ちゃんと花も咲かせている・・・・

絶滅危惧種?だからと言って・・過保護にはしない・・・・
雑草の中で逞しく育ってくれることを願っている・・・

まず・・・自らが生きる力を持つ様な育て方が大切である・・・・
人間の子育てにも言えることだ・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祝島のおばあちゃんたち、

2011年04月28日 | Weblog
今夜は年度初めの定例常会があった、
私たちの集落は、大字地区でも大きい集落である、
戸数も26戸からあったが、昨年は一度に3戸も減った・・・
それでなくても寂しくなったと思っていたのに・・・・
今夜の年度初めの常会では・・・さらにもう一軒の離村されるKさんの挨拶があった・・・

事情をお聞きすると、やむ負えない離村である・・・

Kさんの常会退会は・・・日本の本格的人口減社会を迎える序曲でもある・・・
私たちの集落には、高齢者の独居家庭がまだ7戸ある・・・
10数年先では・・・4~5戸の集落になる可能性が見えてきた・・・・

恥ずかしながら・・我が家も将来消滅する戸数の中の一戸である・・・

福島原発の事故を契機として、豊富な電力の力で得た便利で快適な文明社会で生きて行く価値観から・・・
自然と共生して生きる、人間の生、本来の価値観に日本中が目覚めたら・・・・・

私たちの住む山村もよみがえるかもしれない・・・?

山口県の祝島のおばあちゃんたちの主張が正しい!





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

貧乏の味

2011年04月27日 | Weblog
連休で孫たちが帰ってくるかもしれない?・・・とバーベキューセットを買った・・
我が家では、昔からあまり焼き肉を食べないが・・・それでも、成長期にある孫たちなら、焼き肉が一番の御馳走だろと思ったからである・・・

家庭を持ってから、子どもの小さい頃に、たまには焼き肉もしたが・・・・あまりうまいものとは思わなかった・・・
子どもたちも焼き肉と言ってはしゃぐことも無かった・・・
今考えて見ると原因は、貧しかった我が家の焼き肉が安物の牛肉だったからのようだ・・・
あの・・・乳臭いような柔らかな肉の味は、私も子どもたちも・・すっかり肉嫌いにさせたようである・・・

孫たちの母親も、あまり肉を好まないようなので、帰省した孫たちと焼き肉をすることもなかった・・

何処の料理屋だったか忘れたが・・・巷で高級和牛と噂の焼き肉を食べた・・・・

美味かった・・・今までの私の肉へのイメージが間違っていた事が分かった・・・
あの乳臭い牛肉の味は・・・貧乏の味だった様だ・・・

育ち盛りの孫たちに、私の轍を踏ませないためにも・・・たまには奮発して見ようと思っている・・
とりあえずは、バーベキューセットを用意した・・・
コメリーで1,200円だった・・・




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

山村の老人たち

2011年04月26日 | Weblog
八十歳に近い義兄が事故を起こした、
幸いと相手にも自身にも怪我は無かったが・・・車は大破した・・・

老いてからの運転は、常に不安が付きまとう・・・
と言っても・・・田舎の不便な場所に住んでいると車は必需品の様なものである・・・

過疎化した山村に取り残された老人たちの生活が、これからの社会問題である・・

福島原発の事故で被災地に取り残された家畜の豚や乳牛の悲惨な姿をテレビが写しだしていた・・
涙なしには見られない・・・

思わず、山村に取り残された老人の姿を重ね合わせて見ていた・・・
決して重ね合わせることではないが・・・どこかに共通点があるような思いがした・・

世の中の全てが便利になり、豊かになったが・・・弱者はそれなりに弱者のままである・・
事故現場へ駆けつけて見ると・・・
老いた義兄は、事故後の動揺からなかなか立ち直れない様子であった・・・

公共交通手段も無い不便な所に住んでいる姉夫婦から車を取り上げるのも酷である・・・
これからも、山村に取り残された老人が増え続けるのなら・・・
何らかの援助の手だても必要である・・・

老人介護の手段の一つとして考えられないものだろうか?
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

楽園

2011年04月25日 | Weblog
今夜は故郷の酒を造る会の役員会だった・・・
酒を造る会だから当然、自分たちで造った酒が出る・・・

生原酒だがまだまだ美味い・・・
昔から、濁り酒は桜の開花時期が一番うまくなると言われている・・・

どうだ・・・
こんなうまい酒を、会員の奥様方の手料理で酌み交わす醍醐味は・・・・そうそうどこでも機会があるとは思えない・・・

ひなびた山村だが・・・
本当に人生を楽しむ機会は、山村だからこそそこらにごろごろしている・・・
福島原発の惨状を見るにつけても・・・・

これからは・・・山陰の片田舎の生活こそが・・・楽園だと言うことが・・・

わかった・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

避難・非難

2011年04月24日 | Weblog
私は集落の行政連絡員だ・・・
市役所からの戸別の配布物を集落内へ配る仕事である、

毎月24日に総合センターから配達されてくるが、毎月の配布物が結構な量である・・
今月も25部からの配布物だった、
いろいろな団体からの配布物も混じっているので多くなるのはやむ負えないかもしれないが・・・・
無駄なような気がしないでもない・・・

私自身、全部の配布物に目を通すことは少ない・・・関係の無いような配布物はそのままごみ箱へと直行である・・

昔はこうまで多くの配布物は無かったように思うが、合併して行政区域が大きくなってから多くなったようである・・

仕方ないことかもしれない・・
自分には関係ない、どうでもよいようなことでもいざ説明がないと、不満を抱く人が多い・・・
人は、無視されたと感じた時に人格を全否定されたと思うものらしい・・?

子どものいじめでも、一番のいじめは「無視」だそうである・・
福島原発事故でも総理の視察に「なぜ帰るのですか・・わたしの前を素通りするのですか・・!」と詰問調で呼びとめる被災者の夫婦らしき人がいた・・・

私は、我が国の混迷の原因は、一国の総理といえども尊敬の念を抱かなくても良い!といった風潮が蔓延している事にある・・・・気がした。

総理も辛い!
強制避難をさせないで、もし被爆患者でも出たら・・・それこそ非難ごうごうだろう・・・
避難させたらさせたで、理由が分からない! 明確な基準が無い!・・・とまた、勝手な非難である・・
原発事故の説明不足で政府を責める人は多い・・・
聞く耳を持たない人にどんなに説明しても・・・常に説明不足になる・・
どこに向かっても人は自分以外の誰かを悪者にすることによって、心の安定を保とうとするものである・・・

そもそもの原因は・・・絶対安全と廃棄物処理法も担保されない原子力発電を我々が容認したことである・・・
お金で幸せが購える・・・?と思ったことである。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寛一お宮

2011年04月23日 | Weblog
我が家の桜が満開になった、

家内の職場の同僚が我が家で花見をすることになった。
朝から私もお刺身から椿の花のてんぷら・・・と奮闘した・・・

無事に終わって片付けに入っている、

家内からの感謝の言葉はまだ聞かないが・・・充実感はある・・・・

花はともかくとして・・・・
準備に費やした目的をもった行動は、変に充実感を感じる・・・
人生は・・・全てがこのようなことの繰り返しだと思う・・・

理屈も・・・お金も要らない・・・・
満足できる空間が得られれば・・・人間は生きて行ける・・・

原発立地で得たお金によってもたらされた繁栄は・・・やはり砂上の楼閣だった・・・
貧しくてもいい・・・清く正しく充実感を持って生きて行きたい・・・

原発立地の交付金で得た繁栄は、お金のために操を売っても幸せになれなかったお宮の様なものだ・・・
寛一が今月今夜の月を涙で曇らせた様に・・・3・11の月は忘れることなく曇らせて見せよう・・・


昨夜書いていたブログだが・・・・花見のお酒の酔いがまわって投稿できないままに寝て仕舞っていた・・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悪代官

2011年04月22日 | Weblog
福島原発事故はいよいよ歴史的な事故になってきた・・・
我が、中国電力の原発事情は・・・どうなっているだろうか・・?と・・・
サイトを開いて見ると・・・・・・

いきなり上関原発の反対闘争の様子が出て来た・・・
・・お隣の山口県に建設予定の原発なのに・・・今まであまり関心を抱かなかったことは・・・
反省している・・・
漁業のお母さん方のはげしい反対闘争を動画で見させていただいたが・・・同じ中国地方の住民として今まで関心を抱かなかったことには罪悪感を覚えた・・・

中国電力上関原発工事準備事務所、副所長の暴言・・・と表題が書かれている動画サイトでは、松陰副所長の悪代官の様に上から目線で漁村の小父さんおばさんを恫喝する様が仔細に映し出されていた・・・
松陰副所長と名前がわかったのは・・・ ヘルメットの後ろに書かれている名前がはっきりと何度も映し出されているからである・・・

写された日付を見ると・・・去年の4月のことである・・・
福島原発の事故の前の話だが・・・
松陰副所長は「安全安心な原発を、知識もないのに反対するな・・・!今までも、これからも・・・原発事故が起こることはまず無い!安定した、しかも安価な電力の供給は地域新興のためである・・・」と言った趣旨の大見栄を切って、・・・反対する住民に逆質問を交えながら居丈高にふるまっていた・・・

あまり感じよいふるまいでは無かった・・・

福島原発の事故の後・・・かの副所長はどんな態度を地区住民に見せるのだろうか・・・?興味のあるところである・・・


それにしても・・・・
中国電力は、原発立地の場所を選ぶのに無神経である・・・・

鹿島原発は、島根県の県都の中だ、20キロ圏内に2~30万人の住民がいる・・・
問題の上関原発予定地は・・・瀬戸内海の沿岸で無数の島が点在する場所である・・・
こんなところで事故でも起こったら・・・内海が汚染されて、瀬戸内海に面した府県は全滅するじゃあないか・・?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地産地消

2011年04月21日 | Weblog
掛合の道の駅の隣の産直市へ水車の会で作っている古代米を出荷した、
500グラム500円の古代米は、私たちの会の貴重な活動資金になっている・・

JA雲南管内の産直市は今や10億円近い売り上げだそうである・・
地産地消を合言葉に大きな流通に乗らない小口の農家の産物だが・・馬鹿にならない・・

福島原発事故から、原発への不信感が強くなった・・・
農産物の地産地消にならって、エネルギーも地産地消がもてはやされるかもしれない・・
山村には、渓流、渓谷が無数にある・・・小さな水力発電装置で一集落ぐらいの電力を賄うことは出来ないものだろうか・・・?
私の子供のころには、まだ電気が入っていない集落があった・・・
そんな集落では、谷川を利用してミニ発電装置が回っていたことを覚えている・・・

次の世までも危険な放射能廃棄物を大量に残す今の原子力利用は・・やはり・・まずい・・・
多少の我慢をしても、脱原発へと舵を切って欲しい・・・

その気になれば、現代の科学の力を持って当たれば、いくらでも自然エネルギーの利用で必要な電力は補えるような気がする・・・

ど素人の破天荒な考えだが九州の新燃岳の火口にのぞく、マグマの利用などはどうだろうか・・?
火山国、日本なら地熱発電の可能性は高いように思える・・

日本列島の上下に流れる海流を利用しての発電などは考えられないだろうか・・?
日本近海を流れる黒潮は秒速2メートルだそうだ・・・
海洋国日本なら風車の代わりに海底に水車を組み込んだ発電機を設置できるかもしれない・・・

農産物は、安心安全な地産地消で・・・
エネルギーも安全安心、地球にやさしい・・地産地消で明るい日本・・・

選挙のスローガンになりそうである・・・





コメント
この記事をはてなブックマークに追加