村の水車番

水車小屋のおじさんは見た?  山村のくらしは、今日も快調!

幸福に繋がること

2010年12月31日 | Weblog
今朝から雪掻きに追われている・・・
大晦日だと言うのに・・・・ゆっくりと年越しを祝う気分にならない・・・・
夕方には、庭木に積もった雪を落とすことに振り回された・・・・

温暖化?はどうしたのだろう・・・・

中国地方の山間部は、寒さでも積雪でも中途半端だから降雪に騒ぎ過ぎるかもしれない・・・?
北陸や、北海道、信越地方に住む人なら、このぐらいの雪であたふたする事も無いだろうと思われる・・・

何事でも中途半端な状態は不安定である・・・
毎年、大雪の中で暮らす人達は・・・・雪に対する準備もおさおさ怠りないだろうから・・安定した生活をされているかもしれない・・・・

降りやまぬ雪にいちいちおろおろする事も無く、漬物を始めとした保存食、しっかりとした骨組みの家に守られて、ゆったりとした大晦日を過ごされて居る様子が想像できる・・・・

住んでいる環境の、現実を直視して精一杯生きて行くことが、 ほんとうの幸福に繋がる
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

寛大

2010年12月30日 | Weblog
今朝から降り出した雪は、見る見るうちに30~40センチは超す勢いである、
今日から休みに入った家内のお供で、三刀屋まで出掛けたが・・・・・・
数センチの積雪だった・・・・

同じ雲南市でも大きな違いだ・・・・
大型のショッピングセンターの中は・・・・人、人、ひとで溢れかえっている・・・・

住む場所によって、同じ市民でも大きな違いがある、世の中は不公平に出来ている・・
積雪地帯の山間部と雪の少ない平たん部では、各戸の除雪に掛かる労力からお金まで大きな違いがある・・・・
暖房でも、交通手段でも、家屋の補強でも、畑などの農作業でも、商売をしている人は売上でも積雪による格差は大きいが・・・・・
実際に住む人からはあまり大きな不公平への不満は聞かない・・・・・・

住み慣れた土地に対する愛着か?今まで比較したことのない事柄だからか?・・・・
あきらめ・・・からか?・・・・・・

これが・・・一般的な行政上での不公平なら・・・
筵旗ぐらいの騒ぎになるだろう・・・・・?

人は・・・神、仏に対してはやはり寛大である、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

忘年会

2010年12月29日 | Weblog
入間水車の会の忘年会は、湯村温泉の清嵐荘へ行った。
何時もなら、自前の料理で集会所などでの忘年会だが、日頃から出夫賃も払わないで活動してもらっているので、忘年会は盛大にと,会長、副会長の意見を入れての忘年会である、

30数名の会員だが、今日は17名の出席だった・・・・
年末も押し詰まっているので、なかなか全員の会員の都合のいい日が整わない・・・・

湯村温泉は、近郷でも唯一のかけ流し温泉である・・・
湯質も良い・・・
露天風呂に浸かっていると、折りからの牡丹雪がひらひらと降りかかるところは、なかなかの風情である・・・・

よい温泉だ・・・・そしてよい忘年会だった・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お粗末なしめ飾り

2010年12月28日 | Weblog
年末も押し迫ってきた、
我が家では、父の代では正月といえどもあまり玄関に輪飾りなどを飾る習慣は無かったが、私の子供が小学生のころに、年末を迎えると老人会さん等と一緒にしめ縄造りが定番行事になった・・・
せっかく作ったものだからと飾ってはいたが・・・・私はあまりしめ縄を飾る風習などに積極的では無かった・・・・・

ところが・・・・・
毎年飾っていると、飾らない年にはなぜか不安になる・・・
何が不安と言うわけでもないが・・・・・
その年に少しでもよからぬ出来事があると・・・正月の輪飾りの為ではないかと?
どこか・・・心の隅に引っかかるものがある・・・・・

別に正月の輪飾りと運勢とは何の因果関係もないことは、理性ではわかっていても無理やり関係づけてしまう・・・

人間の心とは弱いものである・・・・ 
こんな人間の心にあやしげな新興宗教は忍び込んでくるのだろう?・・・・

今日は、我が家の新わらで玄関のしめ飾りを作ってかけた・・・
わら叩きが面倒なのでそのまま作ったが・・・這って逃げるようなしめ飾りである・・
これなら、あまりのお粗末さに貧乏神も玄関に入りかねるだろう?


コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

神の仕業

2010年12月27日 | Weblog
日本のTPP参加の問題がかまびすしい、
昨日の常会でも、JA関連の話題になっていた・・・・
TPPに限らず、いろいろな分野で国境を限りなくなくす方向での取り組みは、もはや避けて通れないことかもしれない?

領土だ、国益だ、と自国の利益だけを考えていても最早地球上の全ての国は交易なくしては生活できなくなっている・・・

JAや農業県の議会は、いち早く絶対反対の態度を示している・・・
根拠となる数字は・・・・・素人目で見るところ・・あくまでも想像値?の域を出ない気がする・・・

食料自給と言っても、日本農場はすでに石油に頼らなければ成り立たなくなっている・・・
畜産でもしかりだ・・・・
私の住む田舎でも・・・牧草から、稲藁までが輸入に頼らなければならない・・・
しかも・・・・
専業農家は立派に自立しているが・・・・・成り立たないと主張する農家の大半は、すでに主となる収入は農業外がほとんどである・・・

鳥インフルエンザの発生は・・・地球上の構成員一人一人に、国境をなくして仲良く生活しなさい・・・・?との警告だったかもしれない・・・

我が家を時たま訪れる、エホバの信者の夫婦に私は愚痴ったことがある・・・
地球上の人々が、言語の違う国に分かれていがみ合うのは、バベルの塔を作った事に怒った「神」の仕業だと聖書に書いてあるではないですか・・・?
平和を願う神なら・・・元どうりに地球上のすべての人が、同じ環境で生活できるようにして欲しいものです・・・・・

まだ答えは無いが・・・・TPP参加も一つの答えかもしれない?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノーベル平和賞もの

2010年12月26日 | Weblog
集落の忘年会も無事終わった・・・・
寄贈していただいたカラオケセットも最初は使い方を知っているA君が不在だったので上手く動かなかったが、部屋が暖まってきてから動き出してなんとか面目を保った、

カラオケは日本人の発明らしいが、手ごろな娯楽として近年海外でも盛んな様である、
隣国の北朝鮮でもカラオケは大人気らしい?

思えば日本人は、いろいろなところで国際貢献をしている・・・
ドジで、間抜けな国だと・・・自虐的な論調の評論家は多い・・・

だが・・・・
平和で知的で清潔で、勤勉、温厚な日本人は・・・やはり世界の中では飛びぬけた存在だと思う・・・・
カラオケの発明は・・・・世界の平和に大きな影響を与えている・・・・
発明者はノーベル平和賞ものである・・・

私は・・・いくら唄っても一向に上手くならないが・・・


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

未体験ゾーン

2010年12月25日 | Weblog
明日は集落の常会を兼ねた忘年会である・・・私は当番が当たっている・・・

初秋に集落の共有檻で獲れたイノシシで、焼き肉、ボタン鍋の料理の予定である・・・
ブロックで冷凍にしてある肉を、解凍してこまぎれにしておかなければならない・・

昼から、NさんとYさんと3人で作業に掛かった・・・
20キロからのイノシシ肉は・・・結構ある・・・

明日の忘年会を待つまでもなく・・・もう・・・お腹と胸がいっぱいになってきた・・・

食べるものは、いくらおいしいものでも何時でも口に入れる事の出来る状態で目の前にあると・・・・お腹が膨らんだ感覚になるらしい・・?

ロミオとジュリエットの例を見ても納得できるが、男女間の恋情でも二人を結び付けることに障害があればある程激しく燃えるが・・・・
何の障害も無く結ばれることが分かっていると…兄妹の様な感情に陥る様である・・・
激しい欲情が起こらなくなる・・・・

肉の塊の中で作業をしていたら・・・食べたい気持ちがすっかり窄んでしまった・・・

ただし・・・お金に執着する人は、いくら使いきれないお金の中に居ても欲望は無くならないらしい・?
私にとっては未体験ゾーンだが・・・一度は経験して見たい・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

国民的行事

2010年12月24日 | Weblog
クリスマスイブ・・・である・・・
近頃は、どこを覗いてもちゃんとツリーが飾られている・・・

保育所から始まって、商店も街頭でもどこでも、ツリーが見当たらないところは無い・・
テレビでも、ラジオでも・・・新聞でも子供向け、女性向け、に限らず、雑誌でも、ポスターでも・・・・クリスマスに関する事に事欠かない・・・・

日本は何時からキリスト教国家になったのかと思うぐらいである・・・・・
仏教国日本と思っていたが、お釈迦様に関しての事はお寺にでも行かなければお目にかかれなくなった・・・・

近頃の保育園では、クリスマスどころか、ハローウィンと言った、カトリック教会の宗教行事?でさえも定番行事になっているらしい?

幼児の頃から、プレゼントと、ケーキと、赤い衣装のサンタの演出で夢を与えているので、墨染の衣と甘茶ぐらいでは仏教界ははなから負けている・・・・

対抗して4月8日の花まつりには、保育士さんに七色の袈裟でも架けさせて白象にまたがらせ、、子どもたちにはプレゼント攻勢とケーキとで夢のある演出を考えることである・・・・・・・
せめて、お釈迦様の生誕の日ぐらい、国民的行事にして欲しい・・・・

日本では、こうした宗教的な行事でさえ既存の習慣を駆逐してでも受け入れてしまうところは・・・・国民性?・・・国民的合意事項?・・・
自給率40%の食料事情を嘆く事は無い・・・TPPの問題で騒ぐこともない・・・?



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

悪魔が来たりてホラを吹く

2010年12月23日 | Weblog
私は、読みさしの雑誌はトイレに置く事にしている・・・
数カ月たってから読む雑誌はには、新たな世相が分かることがある・・・・

菅総理が、小沢一兵卒に衆院政治倫理審査会出席を促すための会談におよんだが、あえなく拒否されたニュースが流れている・・・

近頃は一兵卒といえども強くなった・・・
強くなったものは、学校における生徒達も強くなった、・・・この頃の先生は、昔と違って子どもに接する態度が、どことなく腰が引けている・・・・
女も強くなった・・・・昔・・・弱者と思われていたものが全てに強くなった・・・・

文芸春秋10月号に、「小沢一郎、悪魔が来たりてホラを吹く」と題しての一文が載っている
著者は野中広務、元内閣官房長官である・・・・

小沢氏は、これまで権力の中枢に位置することが多かったので相当の政治家?・・・と思っていたが・・・野中氏の弁によると、とんだ食わせ物らしい?
 まあー誰が正しいかわからないが・・・

この頃の小沢氏の態度を見る限りでは、野中氏の説が正しいように思えて来た・・・

そう言えば小沢氏の国家観などはあまり国民には伝わってこない・・・?

作っては壊して渡り歩いた新党の、政党助成金の着服疑惑の話か、湾岸戦争当時の日本の拠出金のピンはね横領疑惑の話か・・・北朝鮮の金将軍様の様な秘密めいた行動でカリスマ性を演出する姑息な手段の独裁者の話・・・芸者に金を握らせて我がものにする成り金親父の様な人物像・・・
気に入らないと恫喝するやくざの様な政治手法・・・?
と・・・良いところは書かれていない・・・・

小沢氏に限らず・・・世界中には同じような政治屋は・・・一杯いる・・・
悪魔の様なおとこでも、分け前をいただける事なら尻尾を振って追随する支持者たち、チルドレンと言われる紅衛兵の様な子分たち、おいしい汁を一緒に舐め合う側近たち・・・・

隣国、北朝鮮の金一家を見ているようである・・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お騒がせ

2010年12月22日 | Weblog
昨夜は、病院のベッドだった・・・
駆け付けた家内は・・・
「いつもながらに貴方はお騒がせ人間なのね・・・!」
別に、世間を騒がせようと思っている訳ではない! 真面目に生活していると・・・・
時として思いがけない事故にあうこともある・・・

昨日は、水車の会の炭窯の立て込み作業を4人でしていた、
9時から作業に掛かり、昼食後の休憩中に事件は起こった・・・

一緒に居たYさんが、気分が悪いと外に出られたが・・・帰ってくるなり・・・
「ガスを吸っていないか?」・・・・
その時には、副会長Fさんが机の上に頭を臥せられているのが目に入った・・・
私は・・・・「一酸化炭素ガス中毒・・・?」と一瞬のうちに悟った・・・・
飛び上がる様にして外に出て深呼吸をしてから・・・部屋の戸から窓から開け放した・・・が・・・・・すでに、私もめまい、嘔吐感があった・・・・

炭はお手の物である・・・水車の会の暖房は、特製の大火鉢にふんだんに炭を焚いている・・・

それからが・・・お騒がせになった・・・
高齢のFさんYさんYさんを気遣って119番通報をした・・・一応はガス中毒の相談?のように通報したが・・・

4人のガス中毒事故?と言うことで、救急車三台、工作車一台、パトカーまで駆けつけていただいたものだから・・・・山間の我が地区はサイレンの音から人のざわめき、赤色灯の点滅・・・とテレビの事件簿のような騒ぎになった・・・

幸いと、昨夜のうちに全員帰宅出来た・・・・・が・・・・・・・・・
重症?のFさんたちと、軽症?の私たちは雲南と飯南それぞれの病院へ搬送された・・・
軽症の飯南病院組は丁寧な検査と酸素吸入の処置を夜遅くまで受けていたのに・・・
重症組のFさんたちは、簡単な問診程度の治療で帰された様だった・・・・
その証拠に、私たちが治療を受けている飯南病院へ、重症組が見舞いに来られた、・・・・正直、驚いた、

治療対応でも・経営感覚?でも雲南と飯南病院の違いが大きい、
丁寧に検査等の治療をすれば、それだけ収入にもなろうと思うのだが・・・?

我が・・市立雲南病院?は大丈夫だろうか?

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加