村の水車番

水車小屋のおじさんは見た?  山村のくらしは、今日も快調!

恋のつり橋

2017年05月05日 | Weblog
連休真中のこどもの日である・・・
「昼食は蕎麦食べに行こうか・・」

蕎麦と言えば・・仁多方面が有名である・・

何時も行列ができている評判のお店に今日は11時の開店に間に合うように出かけたが・・・
開店と同時に満員になった・・それでも・・・次の客の入れ替えの先頭に並ぶことが出来たので結局は・・40分ばかり並んでどうにかそばにありついた・・・

駐車場に並んでいる車のナンバーを見ると・・・県外がほとんどである・・・
どうしてこんなに人気なのだろう・・・?
蕎麦ぐらい、食通の多い食べ物は無いそうだ・・・

蕎麦通では無いが・・・山村の農家では、昔から自家製の蕎麦を食べていたので幾らかはそばの味がわかる気がしている・・・
本当は、そばの味がよくわかる「ざる」を頼みたかったが・・・ガイドブックでお勧めの釜揚げ蕎麦を注文した・・・

期待して食べたそばの味は・・・あまり旨いとは思えない・・・
コネが甘い・・?
茹で具合が悪い・・・? 伸びている・・・? 山菜がごちゃごちゃと入っていて味に締まりがない・・?

自家製そばの味に慣れた舌では・・評判の蕎麦の味がよくわからなかった・・・
これだけのお客さんに受ける味ならきっと「美味いそば」なのだろう・・・・
行列のできるお店とは・・・自分の舌に自信のない、都会人の選ぶ基準値らしい・・・

帰路・・
前々から一度渡ってみたいと思っていた、鬼の舌震いに掛かっている「恋つり橋」を体験した・・・
ここにもまた、たくさんのお客さんである・・・
「恋つり橋」は・・・・  
高齢者になって、よほどのことには驚くことも無かろうと思っていた自分が信じられなくなるほど・・・

「恐い! 」

下を見ると足が震える、真正面を向いて足早に渡り切らなければ竦みそうである・・・
こんな橋でおたおたしていては男の沽券にかかわる・・と思たが・・・
恋どころか笑い顔さえ出来ないぐらいに恐かった・・・

食事時の行列と、恋のつり橋は・・・もういらない!






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミサイル発射実験 | トップ | 海老根 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事