村の水車番

水車小屋のおじさんは見た?  山村のくらしは、今日も快調!

亭主の不作は・・?

2017年10月16日 | Weblog
背戸の畑の縁に柚子の木がある・・・
昨年は、採り切れないほどの柚子が成ったが・・・

今年は柚子らしき実は全然見当たらない・・・
本当なら・・今頃になるとほのかに色づいた柚子が葉陰から顔を出しているはずだが・・・?

見当たらない !

昨年、成り過ぎたからだろうか・・?

今は荒れ放題になっている山の畑の縁にも一本の柚子の木がある・・・
そこの柚子なら成っているかもしれない・・・と・・・藪を掻き分けて行って見た・・・
近年、山の畑の周辺の栗の木に熊が登っていたとの目撃情報があったので・・
腰には鉈と熊鈴を付けての偵察行である・・・

荒れ放題にあれた山の畑は、孟宗竹の林になっていた・・・目当ての柚子の木も孟宗竹に押し負けしている・・
肝心の柚子も見当たらない・・・

今年は柚子が不作らしい・・・

桃栗3年 柿8年 柚子の大バカ18年  
父が植えた我が家の柚子の木は、18年過ぎたころ?から毎年沢山の実を付けていたのに・・・
こんな年もあるのだろう・・・?

柚子の不作につけて・・・・

女房の不作は60年・・・亭主の不作は・・これまた一生・・・と言うのがあるらしい・・

私の不作は一生続くようだ・・自戒・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 島根の自慢カレンダー | トップ | わが家の乳酸菌 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
柚子は隔年 (掛合の田舎っぺ)
2017-10-16 19:41:36
ネットで調べると柚子は隔年の常緑樹とのことです。いわゆる表年と裏年になりやすいようですが、御宅の柚子のように殆ど毎年実ができるのは珍しいとのこと。手前の柚子は栗と同じで毎年結実はしますが、量的にはハッキリと隔年です。聞きかじりの話で御免なさい。
目下、憂慮していること。22日(日)は台風が日本へ到来するとのこと。投票率が低くなることが予想されますが、であるならば小さくとも特定の組織を有する党や候補者が断然有利になりますね。僅かに期待していた希望の党も、所詮は自民党の補完勢力となれば、改憲の勢いが加速することを危惧します。第三次世界大戦も決してあり得ないことだと誰が断言できましょうか。恐ろしいことです。
重症の隔年結果 (水車番)
2017-10-22 16:37:26
掛合の田舎っぺさん

柚子は隔年結果とのことで納得しました・・
一個も生らないとは・・重症の隔年結果ですね、

憲法9条は・・風前の灯です、

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL