村の水車番

水車小屋のおじさんは見た?  山村のくらしは、今日も快調!

悲劇の大川小学校

2016年10月29日 | Weblog
東日本大震災から5年経った・・
当時、悲劇の小学校としてテレビでも幾度となく取り上げられた、大川小学校の遺族の損害賠償を求めた訴訟が始まっている・・・
遠く離れている島根からは、実際に現場の状況を知ることも出来なかったが・・・
当時、地震から津波の到達まで、50分近くの時があり・・・しかも、ついそこに裏山のある地形から見て・・なぜ山への避難がなされなかったのかと疑問に思った・・・

山への避難は、子供たちに負担がかかり危なかったから・・・との理由だそうだが・・・
子供の潜在能力は、想像以上に高い・・・

いつぞやは・・置き去りにされた男の子が一週間近くも山の中で過ごしていた事件もあった・・・

他所者が断定はできないが・・・あの状況なら学校側の過失は認めざるを得ないだろうと思われる・・

判決では訴訟を起こした遺族側の勝訴だったそうだ・・・やはり・・・と思った、

今朝の新聞では、判決を不服として、石巻市は控訴する方針だそうだ・・・
津波被害が歴史的にも繰り返されていた石巻市の大川小学校で、津波を想定した避難訓練が行われていなかったことからも・・・石巻市の早い段階での控訴の方針は・・・意外である・・・

専門家の目より、素人の目が真実を見ていることが世の中には多々ある、



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大入り座布団 | トップ | 南無阿弥陀仏 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事