村の水車番

水車小屋のおじさんは見た?  山村のくらしは、今日も快調!

終の棲家

2017年07月11日 | Weblog
甥の計らいで広島の介護施設に入っている姉の面会に行ってきた・・・
姉が入っている施設は、数年前、大雨による大きな崩落災害の会った反対側の山裾に建っている・・・
民家の点在する、市街地でもない・・田舎でもない・・・ほど良い環境の中にある施設だ・・・

施設内も充実していて気持ちが良い・・・
近くに住んでいる孫たちとの交流も頻繁に出来る環境である・・・

少子高齢化社会では、老後の生活に関しては・・・
住み慣れた生活環境とか、ふるさとや、慣れ親しんだ友人、知人関係などを超越した考え方が求められる・・・

人間至る処、青山あり・・・だ・・・

終の棲家は、与えられた条件の中で柔軟に生きてゆく術を身に付けることである・・・

今まで、あまり故郷から出かけたことのなかった・・姉の・・・
施設内で見せる時偶の笑顔に・・・私はなぜかほっとした気分になった・・・
わたしもいつかは・・・他郷の施設が終の棲家になることがあるような気がしてきた・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 懐かしい 大鎌 | トップ | 髀肉之嘆 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL