村の水車番

水車小屋のおじさんは見た?  山村のくらしは、今日も快調!

防災訓練

2017年11月05日 | Weblog
地区の防災訓練があった・・・
集落役員として参加する・・・
戸数100戸余りの小さい地区だが、家々も、複数の谷間に分散しているので、いざ災害時の避難となると・・・高齢化率も50%を超える現状では相当な混乱が予想される・・・

なにとぞ・・避難を伴うような災害が起こらないことを祈るばかりだ・・・・

先日の地域の秋祭りは雨にたたられたが・・祭りの準備で雨の中での幟起こしなどの出夫で気が付いたことがある・・・
雨中の作業にいざ出掛けようと思うと・・・家中には満足な雨具が無い・・・
昔なら、雨合羽は農家の必需品だったが、近年、雨が降ると農作業もお休みにしていたので、ちゃんとした雨具の準備を怠っていた・・・
何とか古い雨具を探し出して、雨中の作業に出掛けたが・・・

災害時の避難には、雨具も必要だろう・・・普段から家内中の人数分の雨具も用意して置くのも・・
防災訓練の一つかもしれない・・・

まさか・・災害時に雨傘を差して避難するわけにも行かないだろう・・・

子供の頃には・・家中の人数分の防空頭巾(防寒頭巾も兼ねていた)雨カッパ、長靴、モンペ、作業ズボン、提灯、水筒、弁当箱などがどこの家庭でも揃えられていた・・・軒下には帆布製の水桶状のものも吊るしてあった・・・

今から思うと、田舎の各家庭の防災意識は現在よりも高かった様な気がする・・・
文明の進歩は、人間を怠惰にする、
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加