我楽多(がらくた)日記

レトロ好き
水曜どうでしょう藩士の書く
へっぽこブログ

江戸から東京へ

2016年09月15日 22時26分11秒 | 行って来たよ

江戸東京博物館 へ行って来ました。

最寄り駅は 両国

 

お相撲さんが いっぱい歩いてました。
どすこーーい!



江戸東京たてもの園 には
2回行ったけど
1回目  2回目
江戸東京博物館は初めてです。

一度は 行かなきゃ! と思ってた博物館。

なぜなら。
1962年頃の ひばりが丘団地
部屋が復元されているからです。

昭和のレトロ団地好きなら
そりゃ 行かなきゃ! ってもんでしょ。





チケットを買うと、まずは6階へと向かいます。
6階が入口なんですね~。

入るとすぐに、デデーーン!
日本橋がお出むかえ。
それを渡ると・・・

  

江戸の様子を、こんなジオラマ模型で展示。
楽しいね~
最初から足止め。 じっくり見ちゃう。



が。



いやいや、私のこの博物館での一番の目的は
これじゃあないはず!

そう! 団地だ 団地だ 
先ずは団地を見よう
団地はどこだ
なに? 5階? よし下りるぞ!

と江戸時代をワープして
いきなり昭和時代へ。



あったあった。団地だーー



ん・・・? これ?


ちっせぇぇぇーーーー!


どんなにか立派な再現団地かと思ったら。
こりゃ  松戸市立博物館 にある
団地の方がはるかにイイぞ。

かなりテンション下がったな~ 



ま、一応 写真は撮ってみた。





   

中に入れない ってのが残念だね。
ま、雰囲気だけわかれば・・・って感じ。

気を取り直して。






長屋の暮らしの様子も再現。



んん~・・・
これも上野の 下町風俗資料館
の方が、いろいろあって面白いぞ。
( 「・・・風俗・・・」 ったって、
ヤラシイ展示は一切ないぞ! )




団地好きが愛する 同潤会アパート
の様子も模型で展示。



こんな感じの所に





同潤会アパートは立てられました。






昭和の家を移築された建物も。

    


   
ハリが立派ですねー。


   

山小屋風で素敵な住まいですね。


   

天井も凝ってます。


気がつけば
なにやら 建物 の写真しか撮ってない

これはほんの一部の写真です。
もっともっと いろーんな資料品が
あるからね~。


今回は、常設展しか見てませんが
なにしろ広いもんだから
じっくり見ようと思ったら
何時間でもかかっちゃう!

江戸の歴史や文化、生活にふれ
近代では文明開化から現代までの
東京の移り変わりが見られる博物館。

日本の歴史・東京の歴史に
興味がある人は どストライク
博物館かもね。




で、見学した後7階レストランで食事。
ついでにと入った同じフロアの図書館が
意外にも私の どストライク でした

江戸東京の歴史文化の専門図書館
なのです。
こんな事書くと、難しそうですが
何の事ない レトロ家電の本があったり
昭和の風景写真があったり、
(もちろん難しそうな本もたくさんあるが)
なにしろ私が好きそうな本が
ゴロゴロあるのだ!

この図書館なら何時間いてもイイぞ
と思っちゃいましたね。
意外な穴場図書館でした


 


 


   







  
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今度は駄菓子だ | トップ | 両さん祭り! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

行って来たよ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。