「龍のゆらゆらまよい道

記事への感想コメントは承認制となっております

2016年7月 マイベスト書作品前半13点

2016年09月21日 | 自分の書作品

















































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SL銀河青函DC号 みちのくを駆ける

2016年09月19日 | 文化祭 展覧会 イベント


青函デスティネーションキャンペーン

SL銀河青函DC号 弘前~青森間運行

弘前からの往路撮影に成功

まぁその場所探しと撮り鉄との内輪もめで
大変だったわぃ

その苦労の動画をどうぞ(ユーチューブ)

https://www.youtube.com/watch?v=M3dsy17TbXM&feature=youtu.be

まぁ自分としては90点はあげられる



























待ってる間の空の雲がじつにいい雲ではないか








白い天の川のようだ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SL銀河DC号車内見学

2016年09月19日 | 文化祭 展覧会 イベント
 青函デスティネーションキャンペーン

SL銀河青函DC号 弘前~青森間運行


9月17日と9月18日 1往復

往路 青森発(午前10:15~11:38分)
復路 弘前発(
午後15:35~17:00分)



実は10日ころから毎日のように試験走行をしていたので
何度か勇壮な走りをみていた


18日(日)青森駅3番ホームにてSL銀河の車内見学

これに出かけた 

子供のようにワクワク

なにせ小中学生の頃は朝な夕なに普通に見ていた蒸気機関車だった

まぁこの銀河DC号は岩手県の宮沢賢治の銀河鉄道をモチーフとして
JR東日本が作った夢の列車であろう



かっこいいねぇ
C-58かぁ






列車のほうは派手だのぅ キラキラに飾り付けている









==================================
ここからは社内の中だ
クリックして拡大しよう





















========================================

その宮沢賢治の写真や書籍などを走行中に自由に観閲覧できるらしい


















外では子供たちが記念写真を撮っている


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楽しい 面白い 素晴らしい 美しい雲シリーズ

2016年08月08日 | 空・雲・夕日・朝日
私の今はまってるのは

空  いや空に浮かぶ雲でしょうか

千変万化

一度として同じ形はない

一期一会  

でもどこかでみたような雲がないでしょうか?




長く白い線がのびてなんとも素敵な雲です
筋雲のながいもの?




















我が家の近くの空で「く」に見えた














境関温泉の駐車場から




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年5月マイ書作品

2016年08月08日 | 自分の書作品



人は人によって磨かれる














神爽



薫風

































正念場










紅花栄



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新緑の八甲田を散策

2016年08月02日 | 風景 気候 
八甲田 城ヶ倉大橋 谷地温泉



































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩木山周辺温泉 一人散歩

2016年07月26日 | 温泉
ちょっと遠くへ

といっても車で一時間前後

青森は便利だねぇ

今回狙ったのはまだ行ったことのない

北小苑と小松野温泉


(北小苑温泉)



あらら 写真の順番が狂ってしまったなぁ
これは露天ですが、お湯がはられてないんだ




到着したとたん 猫が七匹迎えてくれた 親猫のほかはすべて子猫
写真をとろうと近づいたら何匹か逃げてしまう









ここは最初別の建物のほうに行き 風呂の料金を払って
すこし戻ったところに温泉場がある

それを守らないと罰金とか書いてあったぞ





日曜はまぁまぁ人はくるが平日はほとんど客がいない
これで経営していけるのだろか?







こういうヒノキの古めかしい感じ いいなぁ湯もなかなかいい
炭酸水素泉だという

青森市の極楽湯のヒノキ湯を炭酸高濃度泉にしたが、あれほどじゃないが
うっすらと泡がすいつく











============================

「小松野温泉」

ついたときここが温泉?っておもうほどただの民家じゃねえか

でも田舎の一杯飲み屋ってかんじもする

「だんなはん ここお風呂あるんですかい?」
「はいありますよ~」






薄暗いお店(食堂らしき)の中の奥に案内された 
普通の家庭のお風呂場のような感じだ

これはマイナーな温泉だねぇ
おいらは気にしないけど





湯は薄茶色の塩化物泉だが鉄分があるのかキシキシ感あり

扉があるので露店でもあるのかと思って開けてみたら

広い庭の坪である その上のほうに岩木山が見える



風呂からあがってからところてんを頂いた

おなかがすいてたら蕎麦もあるというので次の機会にしよう






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青森高校文化祭 書道パフォーマンス

2016年07月17日 | 文化祭 展覧会 イベント
青森高校文化祭教え子がことしは3人在籍
そのうち二名がまだわが教室に通っている
しかし書道部ではない




三階の窓から書道パフォーマンスを望む
動画を撮るにはいい場所だ



完成だ 今年のレベルはそう高くない なにせメインの大筆を書いた子が魂が入ってないなぁ
もうすこしなんとかならんものか








美術部の作品 高校生になればうまいもんだ




教え子が車両の誘導員をしていた

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 4月のマイ書作品

2016年07月17日 | 災害 事件






























































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年3月のマイ書作品

2016年05月17日 | 自分の書作品








酒上不埒 春色 三寒四温 絆 真風











北海道新幹線 春うらら 綬 陽を吸ふ 恕 唯子雪




新宿情話
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目に余る態度の白鵬は追放だ

2016年05月17日 | 世の中のつぶやき

https://www.youtube.com/watch?v=wDyF8F5ejB0

まずこれを見よ!

2016年5月夏場所 九日目

白鵬ー勢戦で拙者はぶちぎれた

以前の照の富士戦、逸ノ城戦もそうだった




>これが双葉山や大鵬の記録を破った


偉大である横綱の態度か!















かつてあまりのヒールぶりで各界を首になった朝青龍となんら
変わらない


そしてあの懸賞金をもらったあとの「どうだ!」と

言わんばかりのガッツポーズ









モンゴル人はダメという恥さらしになってしまう

なぜ横綱審議委員会や相撲協会は黙認するのか?

相撲はたしかに格闘技ではあるが、

ボクシングや空手の格闘技はたしかに相手を殴る

しかしそこにも厳しいルールがある

ましてや日本古来の伝統の相撲だ

塩をまいて土俵を清め 横綱を絞めて神様に奉納土俵入りをする

心技体の精神 

白鵬にはそれがわからない


相撲は勝てば何をしてもいいのではない

よこづなというものは 模範にならなければならない

立ち合いでよけたり、張り手をしたり 猫だましをしたりせずに

堂々と胸を出して受け止めるのだ 大鵬の立ち合いを学ぶべきだ

勝ったあとも相手を土俵下に突き落としたり、ダメ出し(ダメ押し)をしたり

ある時は土俵に落下した力士の下になった審判部の親方がケガをしている

きつい処分もなかった

土俵の改革を訴えるなら理事長さんよ

こういうことから徹底して直さないと日本の相撲は品のない格闘技に
なり下がります

いま相撲はまた面白くなってきました

しかし伝統が崩れていくのを真に心配する人たちがいることを忘れてはならない

礼に始まって礼に終わる

今更いうのもおかしな話だが、千代の富士も貴乃花もみな

心技体に則していて立派だった

引退した豊真将の態度は品格は力士の模範として永久に

語り継がれてよい






青森出身の舞の海しかり、近年引退した高見盛でさえ懸賞の受ける態度は感心するほど
丁寧だった

だれぞ「白鵬に鉄槌を」

くらわす人はいないものだろうか
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年2月のマイ作品

2016年04月28日 | 自分の書作品
ことしの2月のマイ書作品










葉牡丹や わが想ふ顔 みな笑もふ




六花





楽しい









珈琲 墨じゃなくコーヒーに筆を染込ませ書いてみたら
面白い色になった





花簪 かなかんざし





富士山





島々に灯をともしけり 春の海 正岡子規



太陽




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

数年ぶりに弘前公園の桜をみた

2016年04月28日 | 風景 気候 
弘前の桜は本当に素晴らしい

百聞は一見に如かず




外堀 青森ねぷた村のほうから入園

満開から二部散りくらいでも まだ素晴らしい26日の桜
花いかだが美しい





たくさんの方が橋からお堀の写真を撮っている



拙者も撮ってみた 歩きたくなるほど
これがすべて散ったらもっと積もるんだねぇ






何年ぶりだろう 写真にはないがバスから降りてガイドさんのあとをゾロゾロ歩く観光客はほとんどが中国人のようだ

すごいね 国際的になったものだ




天守閣のある本丸に向かう石垣と階段

歴史の重みを感じます





赤い橋とピンクの桜がいいですねぇ




石垣の回収工事のために 80mくらい移動した
天守閣 しだれ桜に囲まれてご機嫌




ここが天守閣のあった場所




移動した天守閣を眺めるために設置したやぐら




おぉ岩木山が背景に見えるではないか

岩木とお城かぁ







ず~っと拡大 おぉ~!




別の場所から 岩木山を展望 
もう少し晴れてたらなぁ 花曇り?



さよならお城よ なごりおしい




ここの一角だけ認められた花見の宴会? すこし寒い大丈夫?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年1月マイ作品 後半

2016年04月28日 | 自分の書作品


光陰矢の如し




北風小僧の寒太郎




苦しい峠も必ず下り坂になる




清懐如蘭香















街をゆき 子供の傍を通るとき 
蜜柑の香せり冬がまた来る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青森市にもきた春の王者「桜」満開~

2016年04月22日 | 風景 気候 
4月22日 桜川満開

弘前と同時か

お天気も上々

一年で一番華やかな季節かもしれない


まず桜川団地の 「第三公園」

むかしはここでラジオ体操をした

拙者がまだ20代後半のころから40代初めまでお世話になった
公園である












第二公園(白百合幼稚園となり)










つぎに第1公園(別名 やま遊園地)今は山がなくなってしまった)










次はメインの中央通り


桜並木が500mくらいは続いているでしょう













毎年大通りのラグノウささきがあったあたりが中心に

筒井小の吹奏楽演奏を皮切りに 通りにはズラ~ッと出店が並ぶ

この出店は外部ではなく、町内の方だけで運営されています

昔は商店街で買ったポイントで抽選券を発行し、長蛇の列に並んだものであった

今年は見事に桜まつり(23日土曜日)が満開となったが、散ってしまっての祭りだったり
まだつぼみの時や、三~五分咲きが多い

ひどいときはせっかく咲いたのに雨で震えるほどの寒い日もあった

そうそう満開の日に春の湿った雪が降り、桜に雪が覆いかぶさることもあった

長い歴史がある桜川の祭りである





コメント
この記事をはてなブックマークに追加